/ 2021.05.17

子どもに薬を飲ませるのに一苦労

子どもが薬を飲みたがらない…という悩みは、誰もが経験あるのではないでしょうか。このゴールデンウィーク中、ウイルス性胃腸炎からRSウイルスと、下の子は体調不良のオンパレードで薬をずっと飲ませています。

うちの場合、3歳の上の子は薬大好きで、粉薬もシロップもそのまま飲んでくれるのですが、1歳の下の子が薬嫌い。粉はもちろん、甘いシロップ薬でさえ飲んでくれません。

これまで、牛乳、100%りんごジュース、ヨーグルト、ゼリーなど色々なものに混ぜてきました。

体重の増加とともに薬の量も増え、また記憶力も良くなり、ジュースや牛乳に混ぜた薬は飲んでくれなくなりました。

定番の最終兵器、粉薬はアイスクリームに混ぜる!

下の子は、アイスクリームが大好き!

特に苦くて飲ませにくい抗生物質は、チョコレートアイスに混ぜると飲みやすい、と言いますよね。チョコレートはまだほとんど食べさせていないので、バニラやイチゴでトライしてみることに。

粉薬をアイスに混ぜると、すんなりと食べてくれました。

とここで今度はシロップ薬をアイスに混ぜ込むのに苦戦。ジュースのように溶けてしまい、苦くて食べてくれません。

シロップ薬を冷凍してみた!

前置きが長くなりましたが、目からウロコの方法とはシロップ薬を冷凍する方法です。一回分のシロップ薬をアイスの上にかけ、ふたをして再度冷凍庫へ(あふれないよう、アイスは少し食べました)。

しばらくすると、シロップ薬は凍って2層のアイスのようになりました。

これを少しずつアイスとシャーベットを混ぜながら子どもにあげると、おいしそうに食べるではありませんか!

何なら、アイスの上にかけずとも、シロップ薬のシャーベットだけでも食べてくれそうな勢いです。

ほとんどのシロップ薬は冷凍しても良い!?

気になって調べてみたところ、全日本民医連という団体のホームページに、薬をシャーベット状にして与える方法が紹介されていました。

うれしいことに、ほとんどのシロップ薬は冷凍しても成分が変わらないとのこと。

※ただし、さまざまなアレルギーを持つお子さんや、薬によっては冷凍を推奨していないもの、混ぜると性質が変わるものもあるため、冷凍して服用する場合は薬剤師さんに必ずご相談ください※

詳しくは下記のリンクをご覧ください。

少しでも嫌がらずに薬を飲んでもらえますように!

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
スマイルさん

東京都在住。年少の息子と2歳差の娘を持つ会社員ワーママです。
食べ歩きと旅行が好きで、第2子妊娠中にフィリピンへ1か月間の親子留学もしました。最近ハマっているのはホットクック(電気調理鍋)の作り置きです。

スマイルさんの記事一覧 v-right