/ 2021.06.07

ワーママのファッションは難しい。ハイヒールのパンプス、牛革のバッグ、タイトなスカート、繊細なトップス……。出産前に好んで身に着けていた通勤服は私のクローゼットからすっかり姿を消してしまいました。

悲しむ前に何とかせねばと、日々の服に悩みながらも取捨選択を繰り返し、気がつくと手元に残ったアイテムは通勤と保育園送迎が両立できるものばかり。

とくに「靴」と「バッグ」は、ワーママになり選ぶ基準がガラリと変わっていました。

バッグ1|トートバッグは革からナイロン製へ

使い込むほど味がでる革製のバッグは素敵です。大好き。

ですが10キロの子を抱っこして、保育園の荷物を肩から引っさげて、さらに重いバッグは持てません。ワーママになり、バッグ選びの第一条件は「軽い」になりました。

私は、ロンシャンのナイロン製トートバッグ(ル・プリアージュ ネオ)を愛用しています。軽く、汚れに強く、最強のワーママバッグでした。肩掛けできるところも良い!

バッグ2|パソコン持ち運びにビジネスリュック

ところが在宅勤務の増え、最近は持ち帰る荷物が多くなりました。ノートパソコンや周辺機器がトートバッグに入ると重い……。ついにビジネスリュックを買うことに。

両手が空くリュックは子育て世代にぴったりなバッグです。保育園のパパママもリュック率は高い。ですが、私は普段スーツを着ないので「ビジネスリュック」だとちょっと服に合わないかな、と購入をずっとためらってきました。

でもまぁ、「重さ」にはもう勝てない。ワーママ通勤服に合うリュックを探しまして、目を惹かれたのがこちら。Marimekko(マリメッコ)のKortteli Cityです。コンパクトながらA4パソコンもすっぽり入りました。コロンとしたフォルムがお気に入り。

靴1|保育園登園はローヒール一択

子どもが保育園児の間はローヒール一択でした。抱っこ紐の時期はもちろん、子どもが歩き(走り?)回るようになると、本気ダッシュで追いかける場面もあり、とてもじゃないけどハイヒールは無理。

いずれまた…と靴箱に眠ったままのハイヒールは一つ減り二つ減り。今ではセレモニー用一足を除いてすべてローヒールのパンプスに変わりました。

最近のお気に入りはジーユーのマシュマロパンプスです。黒いパンプスにメタリックなヒールが気に入って毎日履いています。半年ほどでくたくたになりますが、ジーユーの価格帯ならそれでも大満足!

靴2|雨の日はスニーカーで出勤

というわけで 大好きなジーユーのマシュマロパンプスは2足同じものを持っています。一足は会社のデスク下に置いており、スニーカーで出勤した日に履き替えています(ちなみにスニーカーを履くのは、おもに雨の日や子どもの機嫌が悪く送迎に苦戦する日)。

黒のシンプルなスニーカーは通勤服にも似合う気がしています。

最後に

子どもたちが全員小学生になる数年後、また通勤服に好きなものが着られると思います。ハイヒールにくたっとした革製のバッグ、スカートやワンピースもまた着たい。ファッションの妄想が広がります。

ですが一方で、ワーママ歴7年で覚えた「軽いバッグ」や「疲れない靴」はもう多分手放せない。今ではすっかり大好きなアイテムになっていたのでした。

ワーママ目線で選んだ「靴」と「バッグ」、どれもお気に入りのアイテムです!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ヨリさん

6歳、4歳、1歳と、30代夫婦の5人暮らし。核家族の共働き育児生活に合わせて、2LDKマンションを最適化中。読書と整理整頓がすき。たまに現実逃避します。

ヨリさんの記事一覧 v-right