コロナでライフスタイルががらりと変化して、一年半あまり。久しぶりに家計簿とじっくり向かいあい、お金の使い方がコロナ前後でどう変わったのか確かめてみました。

コロナ禍で変わったこと

わが家の場合、コロナ禍でライフスタイルは以下のように変わりました。

【パパが完全在宅に】
まず、パパが完全に在宅勤務になりました。2019年の3月くらいから、もう1年以上出社していません。

ちなみに、私はコロナ以前から在宅勤務に憧れ、2度目の育休復帰で正社員の仕事に挫折してからは、在宅で細々ーと働いています。つまり、夫婦そろって完全在宅です。

パパが外で飲食することはなく、出歩かないからと、ふたりとも全く服を買わなくなりました(もともと身だしなみに頓着がなくファッションにお金をかけないタチですが、さらに悪化)。

【レジャーはかなり縮小】
2019年の2月、コロナが少し騒がれはじめたころに駆け込みで旅行して以来、旅行はおろかほとんどレジャーにでかけていません。

パパも私も、そして小学生の娘も心配症。人混みを極力避けて、滝を見に行ったり、海を見に行ったりした程度。レジャーに全くお金を使わなくなりました。

【外食】
今までは、月に2〜3回はしていた外食。
コロナが本格化する前に駆け込みで行った旅行を最後に、外食もしていません。極力人との接触を避けるべく、テイクアウトもしばらくのあいだ控えていました。

最近は月に1回くらいはテイクアウトやスーパーのお総菜を食べるようになりましたが、基本は私が作るごはんがメインです。

家計簿でコロナ前後を比較した結果は?

外出が極端に減り、遊びに使うお金も減ったことを考えると、コロナによるライフスタイルの変化で支出がさぞや減っているのだろうと予想していました。

うちの家計簿は年末締めにしているので、2019年と2020年の年間支出を比較。

すると。「アレ…あんまり変わってないかも!? 」

年に一回の旅行や大物の買い物など、臨時出費を毎月の家計簿に入れると毎月の支出の比較がしにくくなるため、わが家では臨時出費やボーナスなどの臨時収入は別管理にしています。

そのため、旅行費が計上されていませんが、それでも毎月の外食やちょっとしたレジャーにお金を使わなくなったので、それなりに毎月の支出額にも差が出ていると予想していました。

しかし、結果はほぼ変わらず。費目ごとの内訳を見ると、納得がいきました。

コロナ前後で支出の変化がなかった原因は「食費」

画像は、2019年と2020年の6月の家計簿を比較したものです。食費が約5万円から8万円に激増していることが分かります。

年間で見ると、外食費+レジャー費は、2019年が15万円だったのに対し、2020年は3万円(テイクアウトは外食として計上しました)。

また、パパのお小遣いは飲み会もなくなって全く使わないので、2020年は途中で減額し年額マイナス10万円。

でも、食費は2019年がトータル55万円なのに対し、2020年は79万円と、年間24万円も増加していました!(月平均2万円増!!!)

食費激増の原因は?

コロナ以降のライフスタイルで食費があがってしまった原因は3つ考えられます。

【食費激増の原因1:安いスーパーで買い物ができない】
今まで、わが家では週に一回安いスーパーでまとめ買いをして食費をおさえてきました。

しかし、コロナ以降は生協の宅配がメインに。私が車が運転できず、スーパーでまとめ買いしようとすると家族総出で買い物に行かなくてはなりません。

また、安いスーパーは人が多く混んでいることや、買い物に出かける回数を極力減らしたいという思いもあって、生協の宅配を利用しはじめたのです。

生協の宅配で買うと、安いスーパーよりひとつひとつが高め。決してぜいたくしたつもりはないのに、食費が高くついてしまっていました。

もちろん、パパが在宅になって3食ごはんを家で食べるのも食費増につながったと思います。

【食費激増の原因2:引きこもりストレス】
また、家に閉じこもる生活のなか、パパは唯一の楽しみとして毎週末日本酒を飲むように。今までは2週に1本くらいだったのが、ちょっと増えました。

もともと子どもとの時間を大切にする人なので、子どもが生まれてからはほとんど飲みに行っていなかったので酒代が増える結果となりました。

また、休日出かけられないと楽しみは食べることになりがと。お菓子やデザートの量もちょっと増えた気がします。

それほど贅沢した意識がないのに、こんなに食費がかかっていて、遊びまわっていたころと支出が変わっていないのがショックでした。

大きな出費も実は増加していた

アプリで管理している毎月の支出には計上していない旅行費などの臨時出費。臨時出費に関しても、コロナ後の方が増えていました。

旅行にこそ行かなかったものの、外に遊びに行けないなら庭でもっと遊びたいと、庭を芝生からタイル張りにして、目隠しを設置するという工事を決行。結果、旅行以上にお金がかかってしまいました。

満足感のいくお金の使い方をしたい!

庭の工事はともかく、食費に関してはそれほどぜいたくをした意識がなかったので、支出がほとんど減っていなかった(むしろ大きな出費も含めると増えていた)ことに驚きました。

やっぱり、ふだんの食費などはおさえて、レジャーなどにど~んと使って思いっきり楽しむのが一番幸せなお金の使い方ですね!

まだしばらく続きそうなコロナ禍のライフスタイル。満足いくお金の使い方を目指して家計を見直していきたいです。

あなたのおうちの家計はどうですか?

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
猫間まみさん

2度目の育休復帰に挫折。ウエスト症候群のムスコ(3歳)の成長を見守りつつ、夢だったWEBライターに挑戦中の2児の母(自画像ネコ)。特技(?)のズボラ家事で時短しつつ、しっかり者のムスメ(7歳)と会社員のパパ(画:ひつじ)とともにゆかいにくらしています。

猫間まみさんの記事一覧 v-right