幼稚園でメディアコントロールの話が出たので、おうちで意識し始めました。だいたい私が家事時間に頼ってしまう、NETFLIX。それに加え、面白さを知ってしまったYouTubeのリクエストも増えてきてしまい、どうにかお約束時間を守ってほしい。中毒になるのが怖いっ。

YouTubeは誘惑が多いので時間制が良い。時計の長針でルール決めをしてたのですがなかなか守れないときも。そんなとき、彼に決めさせるのはどうかな〜と試してみたら調子が良いのでお披露目します。

題して…

30分は君のもの。どう使う?

さぁ30分間、観てもいいよ。でも、その時間をどう使うかは自分で決めてね。5分だったら6回も観れる!10分だったら3回。5分を2回と10分を2回ってのもいいよ。30分ずっと観てもいいよ。でも1回だけ。1回。

30分ってどのぐらい?

1分はこのぐらいの長さ。一緒に数えてみよう。と、時計の秒針の動きを見ながら60秒カウント。数えると結構長く感じるんですよね。うん、いい感じ。

今の1分が30回もあるよ!じゃあ、やってみよう!
(ちなみにこちらの時計は回遊魚さんが紹介されてて購入したのでした。おすすめ)

セリアのホワイトボード。マグネット付き

初めは5分を2個と10分を2個でチェックボックスを作ってみました。すると、10分観る!と言ってたのに、5分経ったら今はやめておく。と!!

最後はすべてのチェックボックスを埋め、30分スケールも完了して満足気でした。

ゲーム感覚というのが良かったのかも。そして数字が大好きなので本人に合っているのかもしれません。

お手伝いしたら5分増やす、逆にお約束が守れなかったら5分減らす、など増減しても良いかもしれませんかね。でもとりあえずしばらくは、30分で行きたい。

てことで私の家事のレベルを上げなきゃ。メディアコントロールって実は親への試練だったりするんだなーっ。

続きますように。と願うばかりです。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
keiさん

オーストラリア人の夫と4歳の男の子&2歳の女の子と4人で暮らしています。仕事はボードゲームや玩具の輸入卸会社で、コミュニケーション・ディレクター。『遊びで笑顔の子育てを』をモットーに、日々、子どもと一緒に楽しめることにアンテナを張っています。
2021年3月、夫婦揃ってリモートワークになったことを機に東京から長野へ移住しました。

keiさんの記事一覧 v-right