/ 2021.07.27

7歳2歳の歳の差兄弟育ててます、てんてんこです。息子たちには料理できる男子に育って欲しくて、時々一緒に料理をするのですが、できることを探したり準備やフォローしたりで余計時間がかかることが多くて、余裕がないとできていません…。

そんな私が偶然見つけたレシピで「あ、これ長男一人でも作れそう!」と試してみたものを紹介します。

きっかけ: 常備冷食に飽きた…

わが家の不動の常備冷食は数年前からずっと冷凍餃子で、時間や在庫や体力気力がないとき頻繁に登場します。一品で肉も野菜も炭水化物も採れる、お手軽最強商品ですよね!

当初普通に焼くだけでしたが、ママ友に聞いてからは餃子鍋も頻出。余っている野菜もまとめて入れて煮て、春雨や最後に麺を入れれば、焼く手間もあと一品もご飯炊きも不要で超楽ちん。

しかし頻出させ過ぎてさすがに飽きました…

冷凍餃子のアレンジは?

なのでアレンジレシピを検索して、普通と違う味付けで簡単にできるものをと探して見つけたのが「冷凍餃子のラザニア風ピザ」(記事最後尾にリンク)。

冷凍餃子に具材やソースやチーズをのせてオーブントースターで焼くだけの簡単さで、声をかけたら長男はりきって挑戦してくれました。

子どもでも簡単な工程ばかり

使った具材は、使いかけで余っていたズッキーニと、玉ねぎとピーマン。元レシピと少しだけ違いますが、常備野菜中心にある野菜適当に使えて◎

合う食材がちょうど柔らかく切りやすいので、子ども用包丁の練習にピッタリ。

玉ねぎは目が痛いけれど、ピーラー不要で手でむけて、これら下準備が適度に「ボク料理してる!」感に繋がったようです。

シュレッドチーズの上には、買ったもののあまり使えていなかったイタリアンエッセンスもかけてみました。具材の下にスライスチーズを敷くと、まんべんなくチーズ味たっぷりになって良いかも、次回試してみます。

あとはオーブントースターで焼くだけ!

完成!食べた反応は?

言われないと餃子とは気付かない、ラザニア風ピザ?になりました。兄弟ともにチーズ大好きなので、食いつき抜群。長男は明日も食べたい!ほど気に入り、普段は餃子をバラバラにするだけで残す次男も完食。

もっと簡単なレシピも

具材やソースは使わずレトルトミートソースを使う、より簡単な方法もあるようです。それなら包丁工程ないのでさらに時短で、より幼い子や経験少ない子でもできますね。

メリットまとめ

・簡単で危険の少ない手順
→子ども一人でも作れる
→地味な下準備手伝いよりやる気出るかも

・一食分になる、ウケ良い味
→家族の役に立ち喜ばれる

・材料が常備しやすい
→いつでも作れる

・最後に加熱
→子どもが衛生的に多少雑に扱っても安心

私隣で付きっきりで補助していましたが、長男に「超上手く作れた!母ちゃんも今度作ってみたら?簡単だよ」と言われた(笑)くらいには、自分一人で作った達成感を得られたようです。

この調子で何度か練習しておけば、私が体調不良や作る気がしないときでも、出来上がった熱い料理をトースターから出す程度やるだけで家族の食事が賄えそうです。

親子で料理→1人で料理への進展、冷食や家電活用でハードル下げればクリアできるかも

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
てんてんこさん

家事も育児も「手軽で最適」な解決法を探して楽しくがモットー。面倒くさがり&概ね合理主義&調査工夫は得意なアラフォーママです。小1&2歳息子と転勤族の夫がいます。

てんてんこさんの記事一覧 v-right