/ 2021.08.10

こんにちは。ひいろあいこです。今年も厳しい夏休みとなってしまいましたが、密を避けて楽しめるグランピングの紹介です。

食材の準備もなく快適に豪華アウトドアディナーを楽しみ、夜はテントの中のベッドで眠るという快適さ。今回紹介する「舞子グランピング」は今サイトを増設しているほどの人気ぶりなんです。

アクセス良好!快適にアウトドア気分!

舞子グランピングの魅力といえばまずは「アクセスの良さ」。関越自動車道の塩沢石打ICを降りて約2分という好立地にあります。山道をずっと行く…なんてこともないので酔いやすいお子さんも安心です。

フロントでチェックインを済ませたら早速グランピングサイトへ移動。

グランピングサイトの敷地内に車を停められるので、荷物の運び込みも楽々です。

絶景を望む!リビングスペースと快適な寝室

使用できる空間はテント+リビングスペース。この広々とした空間が1サイトです。1サイトがとても余裕のあるスペースなので、プライベート感も抜群!

開放的なリビングスペースは魚沼平野の絶景を望むことがきる絶好のロケーション。遮るものがなく、夕焼けや朝焼け、満天の星空を感じることができます。設置されているハンモックに寝転んで本でも読めたら最高だろうな〜(実際には子どもたちによって占領されておりました…)。

夜はテントの中でゆっくりと休むことができます。まだ小さい子連れだと、本格的なテントでの宿泊は不安ですよね。

舞子グランピングのテントの中は、ベッドとソファがあり、ホテルと変わらぬ快適さ!アウトドア気分を楽しみつつ、夜はホテルの快適さって最高じゃないですか?

手ぶらで豪華アウトドアディナー

ディナーは、食材をテントサイトまで届けてくれます。カット済みなので、後は焼くだけといういいとこ取り。

リビングスペースにはグリルの他、ウォータージャグやポットなども充実しています。

魚沼産雪ひかりポークのソーセージ、新潟和牛のローストビーフなど、新潟県産の食材をたくさん使った豪華アウトドアディナー。
好きなものを好きなタイミングで焼いて楽しめます。

米所新潟ならではの南魚沼産コシヒカリで作ったツヤピカおにぎりも絶品でした。

手軽にアウトドアディナーを楽しみ、辺りが暗くなってきたら焚き火を囲んでスモアタイム。至れり尽くせりとはまさにこのこと!家族で贅沢な時間を過ごせます。

温泉や朝食はホテルを利用!

グランピング宿泊者はなんと敷地内の舞子高原ホテルの設備まで使えちゃうんです。ホテル1階にある「舞子温泉 飯士の湯」の入浴料(タオル付き)が料金に含まれています。

弱アルカリ性の単純温泉なので子どもでも安心。大浴場には椅子やベビーソープ、脱衣所にはベビーベッドやサークルがあり、子連れでの入浴にも困りませんでした。

翌朝の朝食はホテルのメインダイニングの朝食ビュッフェを。朝からバタバタすることもなく、優雅に朝食を食べ、チェックアウトまでゆっくり過ごすことができました。

敷地内で遊べる!充実のアクティビティ

最後にご紹介する魅力は敷地内にある充実のアクティビティ。ディスクゴルフやフライングディスクなど子どもと一緒に楽しめるアクティビティが揃っています。しかもグランピング利用者は各1回、無料でプレイできるというありがたさ。

広い敷地内の散策を楽しむと、ツリーハウスとハイジのブランコにも出合うことができます。

News!ドーム型テントが登場!

密を避けて楽しめるグランピング。手ぶらで豪華アウトドアディナーが楽しめ、夜はホテルクオリティのベッドで眠る。温泉や朝食もホテルのものが利用可能といういいとこ取りの「舞子グランピング」。

なんと新しく冷暖房完備のドーム型テントも完成したようですよ!こちらは8月10日から宿泊可能!気になった方は早めにチェックしてみてくださいね。

至れり尽くせりの「舞子グランピング」ご予約はお早めに!

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ひいろあいこさん

9歳と6歳、1歳の3児のママです。フルタイムで働きバタバタの毎日を送っていましたが、現在産休中。趣味は旅。今まで20カ国ほど旅してきました。育休を利用して旅行業務取扱管理者資格を取得。

ひいろあいこさんの記事一覧 v-right