いよいよ夏本番!夏大好きの血が騒ぐ...

こんにちはKyokoです。幼稚園や学校はもう夏休み、息子はこども園に通っていますが、毎日プールに夏野菜の収穫、夏モード真っ盛りです。暑さに弱い私も、子どもを通して夏を感じることができ、出産してからは夏が大好きな季節になりました。

思い返してみると、夏休みって特別でしたよね。子どものころを思い返すと、7月の終わりが一番大好きでした。なんでって、8月が楽しすぎるから(笑)。

楽しいイベントが盛りだくさんな8月を楽しみに待つ7月、しかも学校休み!そんな特別な数日間のうきうきを久しぶりに思い出しました。そんななか、ふとわいてきた疑問が...。

今の子どもたちが喜ぶことってなんだろう?

コロナ禍ということもあるかもしれませんが、遠出もせず、自然と触れ合うこともなく令和の子どもたちって何をしたら喜ぶんだろう?疑問に思って、わが子をじっくり観察してみました。

結果は...

自分が子どものころと変わらない!

もう季節が夏だ、というだけで楽しくて仕方がない息子。そういえば私も夏休みになると、旅行もイベントも何もなくてもすべてが特別に見えたなぁ、と思い出しました。

遊びその1:家でしかできない食べ方でいただきます!

「ねえねえ、それがぶってしたい!」。そうだよね、特別だよね。

大きいスイカを4等分してガブリ!私も子どものころあこがれていましたわ。この食べ方。給食やお店のスイカはきれいにカットしてあるけれど、ガブリと食べるスイカもまた格別ですね!

しかし息子、君が独り占めしているその真ん中の部分は一番甘くておいしいところよ...。

遊びその2:扇風機をつけたらやることは1つ!

夏はやっぱりこれに限りますよね。扇風機に向かって叫べ!息子も誰に教えられたわけでもないのに四六時中叫んでおります。

私が子どものころは「あー」と叫んではうるさい!と怒られていましたが、息子は叫ぶ言葉が「ヤッホー」なので、高原にいるかのような清涼感を一瞬ですがもたらしてくれます。

遊びその3:怖いけれど大好き!お化けだぞー!

子どもって本当にお化けが大好きですよね。私も大好きでした。昼間にお化けネタでさんざん遊んでおいて、夜怖くなって眠れない、というお決まりルーティーンを毎夜キメておりました。

息子もやっぱりお化けが大好き。お化けの絵本に手作りのお化けのお面。母はこれを付けてごはんの支度をさせられております。そして夜は「おふとんお化け、いないよね…?」。なんというDNA!

なんてことない毎日が宝物!今年しかない2歳児との夏を目いっぱい楽しみたいです!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
kyokoさん

夫と3歳男児の3人家族。ロンドンでヨガインストラクター、アロマセラピストとして活動していましたが、現在は日本で会社員の傍らヨガ、ときどきアロマ。日々の気づきやヨガ、アロマのことを綴ります。

kyokoさんの記事一覧 v-right