/ 2021.08.16

ついにきた!!

高校生、中学生、年中(息子)を子育て中のaacoです。仕事後に息子の保育園にお迎えに行き、支度を待っていたら(コロナ対策で保護者が園内に入れません)、保護者がざわつきだして、一度帰って行った親子も戻って来たりと異様な空気感でスマホを見ると…。

ついに保育園からコロナ陽性者が2名出て、明日から休園のお知らせのメールが来てました。今まで知り合いの知り合いくらいしか陽性者がいなかったので、ついに間近に迫ってきた感じが一気にしました。

濃厚接触者と確定した園児には、明日以降連絡が来るとのことで帰宅しました。

濃厚接触者と断定される前に取った行動

帰宅後は、もしものときのためにインフルエンザやノロウイルスに感染したときにしていた行動をしました。なるべく隔離、アルコールスプレーを1部屋に1本以上置く、使い捨て手袋使用、家の中でもマスク、食事時間を時差、お手洗いも分ける。できるかぎりの思いつく対策をしました。

あと、意外と盲点なのが歯ブラシ!歯ブラシを新しいものに取り替え、他の家族とは別の場所で保管しました。

コップも体調不良用と通常用と分けています。この方法で、上の子達がインフルエンザになったり、ノロウイルスになっても私たち夫婦には感染は防げた経験があります。

コロナウイルスには、どれだけの効果があるかは不明でしたがとにかくやれることは全てやる勢い!

通知を受けた日、その後祖母の家に行く用事があったのですが、すぐに連絡を入れて自宅待機にすることに。

食料品などの買い出しもちょうどまとめ買いしていたこともあり、しばらくは家から出なくてもよさそうでした。これはタイミングがよかっただけなので、もし買い物前だったときの対策を模索中。

翌日

翌日の夕方、ついに保育園から連絡がありました。

結果…濃厚接触者になったようです。

約1年前に上の子の学校でも陽性者が出たときは、濃厚接触者が学校に行き、保健所の方などが学校に来て一斉にPCR検査でしたが、保育園ではPCRキットを保護者が受け取りにいきました。

時間差で受け取りだったのか、濃厚接触者の人数の10分の1もいないくらいの保護者たちが受け取りに来ていました。濃厚接触者は、12日間お休みで、保育園自体は2日間だけ休園です。

濃厚接触者と判明したことで、予定を変更やキャンセル、職場など各所に連絡しました。これには少し驚いたのですが、同封されていた保健所の手紙によると職場と相談で出勤してもいいそうです。地域によって違うのかは不明。

職場に相談したところ、念のため12日間お休みという判断になりました。その間も容態の変化、PCR検査結果が出たらこまめに連絡することに。

PCR検査キットと手紙

貰った封筒には、手紙とPCR検査キットが同封されていました。PCR検査をしたことなければ、話も聞かなかったので、てっきり保健所に行って鼻の奥を~と思っていました。

しかし、実際は太い試験管のようなプラスチック容器に唾液を赤い線まで溜めて2日後に提出でした。提出日の朝に唾液摂取します。

PCR検査に苦戦!

唾液なんて今まで出したことない息子にこれは難題!その日から当時まで唾液を出す練習をしました。捨てられるプラスチックのカップに夫が見本をみせて、息子が挑戦。初めは何がなんだか分からず全拒否!!

次第に夫もイライラをつのらせ、私も一緒にどうしてやらなければならないのかなど説明して、やっとしてくれる気になりました。

そうですよね、4歳でも理由がよくわからないのにしたことがないことをしたくないですもんね。完全に親の先走りすぎたので反省です。気持ちを入れ替え、再度夫と挑戦したら成功!

無事に当日の朝もでき、提出することができました。提出は保育園で回収でした。ちなみに、出来なかったら提出日に保健所で行うようでした。

結果…

保健所も混み合ってるとのことで、結果は提出日から2日後でした。2日間長いときを過ごしました。もし陽性なら保健所から電話。陰性なら保育園から電話があるとのこと。

保育園からの着信でした!無事にPCR検査した全員が陰性だったようです。ひとまず一安心でしたが、またこれから約1週間どう過ごせばいいのか戸惑いました。濃厚接触者の濃厚接触者の過ごし方は記載がありません。

不要不急の外出はもちろん、買い物にも行かず、部屋がぐちゃぐちゃになりながらもなんとか長い1週間を乗り切り、無事に登園することができました。

保育園でも対応が違う?

近隣の保育園でも、ちょうど同じタイミングで陽性者が出ていました。

しかし、対応が全員違う!その保育園は次の日のから14日間も休園!濃厚接触者じゃなくても、濃厚接触者でも14日間。

なぜ地域も保育園規模も陽性者数も判明日も同じで、ここまで違うのかは不明です。ちなみにそこの園もPCR検査した全員陰性だったようです。

コロナの本当の恐ろしさとありがたさ

今回、陽性にはなりませんでしたが、各所に連絡したことで今まで見えなかったことが赤裸々になることに。

息子の陰性を願ってくれる方、職場もみんなで協力してくれ、誹謗中傷などの言葉は一切なく、心配してくださる方がいる一方で、義母には驚かされました。

緊急事態宣言中でも帰省を控えるように呼びかけがかかる中でも、帰省するように言ってきたり、旅行していた義母。今回も義実家に行く予定があったので、息子が濃厚接触者になったことを言うと、言われたのはまず自分(義母)のことでした。

さすがに濃厚接触者になったら来なくていいとのことで一安心(色々な意味で)。しかし、未だに息子への言葉は一言もありません。

今回のことで感謝しかない温かい人達の言葉、知らなくていいこともたくさん知ってしまいました。私と同じような経験、コロナ禍になってから多いのではないでしょうか?

コロナ禍で学んだこと!知ったこと。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
aacoさん

高校生、中学生、年中男子を幅広く子育て中♪ お菓子作り、収納、100均が大好きです。 キャラケーキやアイシングクッキーを作ってイベントやお誕生日に楽しんでいます。 働きながら調理師免許、アイシングクッキーの資格を取得。

aacoさんの記事一覧 v-right