こんにちは。ひいろあいこです。

中世ヨーロッパの小さな村?メルヘンなおとぎの国?とにかくかわいくて癒しの空間が広がる浜名湖「ぬくもりの森」。そこはカフェや雑貨店などお店が集まった、どこを切り取っても写真映えする素敵な森。

時間を忘れて過ごしたい「ぬくもりの森」をご紹介します。

浜名湖「ぬくもりの森」について

静岡県浜松市にある「ぬくもりの森」は、独自の建築スタイルを追求する建築家 佐々木茂良さんがコツコツと自分の理想の場所を作り上げてきた癒しのスポット。

中世ヨーロッパの小さな村をイメージして作られたその森は、カフェやレストラン、雑貨店など小さなお店が点在します。

1歩足を踏み入れればまるでおとぎの国に迷い込んでしまったような体験ができます。

「ぬくもりの森」に入るには入場料がかかります。入り口のチケットブースで購入してから入りましょう。

車で行く場合は駐車場にも券売機があります。駐車場からぬくもりの森までは徒歩で5分ほどかかります。ベビーカーも入れますが、少し坂になっているので気をつけてくださいね。

【入場料】
中学生以上 400円
小学生以下無料
※駐車場無料

森の中はフォトスポットだらけ!

ぬくもりの森の中はフォトスポットだらけです。入り口にある看板だってこんなにかわいい。

「レストラン・ドゥスール」が入る建物の前にあるベンチ。セルフフォトスタンドがあるのでセルフでの撮影も可能です。

ジブリの世界に出てきそうなバス停。「幸せ行き」ですって。待ってたらどんなバスが来るのかな。

こちらは「空飛ぶガーデンハウス」。ぬくもりの森工房でひとつひとつ作られた可愛らしい小さなおうち。子どもを写り込ませて撮ったらかわいさ倍増です。

かわいくて美味しいカフェ

ぬくもりの森にはコース料理が食べられるレストランやアフタヌーンティーが楽しめるカフェなど飲食店もあります。

その中からぬくもりの森らしい、「森のチーズケーキやさん」と「ジェラテリア ピッコロ ピッキオ」をご紹介。

■ 森のチーズケーキやさん

店内工房で一つづつ作られた瓶詰めのチーズケーキ。防腐剤や合成着色料も使われていないので、子どもにも安心して食べさせることができます。

静岡を代表する三ヶ日みかんや苺など種類もたくさんあって迷ってしまうほどです。

■ ジェラテリア ピッコロ ピッキオ

ぬくもりの森入り口にあるジェラート職人の作るジェラテリア。

驚きなのは、その種類。なんと36種類もあるんです!

地元静岡産の高級玉露を使ったジェラートや浜松特産の舘山寺いちごなど地元食材を使ったジェラートも多くありました。

ほうじ茶やゴルゴンゾーラなど、大人も気になる種類もたくさん!全部制覇してみたい♪

まるで秘密基地!キッズスペースもある「ガレリア」

2018年に一般公開が始まった「ぬくもりガレリア」。入場料が別途かかりますが、子連れならぜひ立ち寄ってほしいスポット。中庭を望むテラス席でのアフタヌーンティーなど優雅な時を過ごせます。

子連れにおすすめな理由は、靴を脱いで上がることのできるキッズスペース。可愛らしい屋根裏部屋のような作りでたくさんの絵本が置いてあります。

子どもが座って絵本を読むのにもぴったり。

はしごで上れるロフトもあったりとそこはまるで秘密基地。

このキッズスペースの横にはカフェスペースもあるので、子どもは読書、大人はゆっくりカフェなんて楽しみ方もできちゃいます。

ぬくもりの森で迷子になろう

ぬくもりの森は地図もありますが、まずは気の向くままにお散歩してみるのがおすすめ。色々な発見がありますよ!

散策して疲れたらカフェタイム。そんなに広くはない敷地ですが、せっかくならばゆっくりと時を過ごしてみてくださいね。

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ひいろあいこさん

9歳と6歳、1歳の3児のママです。フルタイムで働きバタバタの毎日を送っていましたが、現在産休中。趣味は旅。今まで20カ国ほど旅してきました。育休を利用して旅行業務取扱管理者資格を取得。

ひいろあいこさんの記事一覧 v-right