息子は生粋の喘息っ子です。生後1カ月半から喘息とずーっと戦っています。飲み薬、張り薬、塗り薬、吸入薬…と日々薬漬けです。どのように過ごしているか勝手に紹介します。

明け方、咳がひどくなります。だいたい日の出前後にもぞもぞ咳き込んで起き出します。とりあえず起きたら吸入薬で症状を落ち着かせます。

朝食の後は咳止めの薬を飲みます。鼻水が出ていればもう一種類薬を追加します(しょっちゅう風邪もひきます)。目ヤニが出ることも多いので、目薬をさすことも多々。

保育園に通っているので、昼食後に園で薬を飲んでいます。毎日薬を飲ませてもらうために「薬の連絡票」を書いて出すのですが、地味にめんどくさい!(全部手書きです)よっぽど調子が悪ければ早退して家で吸入します。在宅勤務でよかった!

夕食後に咳止めの薬と気管支を広げる薬を飲みます。

お風呂後に、アトピー予防のために塗り薬で全身保湿をします(喘息はアレルギーのため、アトピーも発症しやすいとかかりつけ医から処方されています)。さらに、気管支をひろげる貼り薬を貼り、吸入をします。また、体質で刺激ですぐに水ぶくれになって腫れるので、ステロイド系の薬も欠かせません。

総数MAXで10種類!

その日の症状に合わせて薬を増やしたり減らしたり。さらに組み合わせる薬の種類を変えたり据え置いたり。そんな毎日です。だんだん良くはなっているものの、完治にはまだまだ程遠いので、地道に頑張ります。

薬を飲ませることにかけてはプロになりました。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
さとうまいさん

夫(愛称:ダッダ、犬っぽい)と息子(1歳児、愛称:バブ、子熊っぽい、重度喘息持ち)と暮らす欧米かぶれのアラフォー(猫っぽい)。選択一人っ子です。
産後2ヶ月からフルタイム勤務復帰、平日ワンオペ。
息子をいい男に育てるための壮大な研究&実験中。

さとうまいさんの記事一覧 v-right