/ 2021.11.10

こんにちは。ひいろあいこです。緊急事態宣言も明け、おでかけにもちょうどいい季節になりましたね。箱根に行くといつも訪れたくなる「彫刻の森美術館」に行ってきました。2021年4月にオープンした新エリア「ポケっと。」を中心に紹介します。

2021年4月オープン!新エリア「ポケっと。」

ここは「彫刻の森美術館」に2021年4月にオープンした新エリア「ポケっと。」。

入り口から行くにはこの看板が目印です。

高低差を利用した芝生にカラフルなソファが配置されています。空の青×自然の緑×カラフルとても映えますね。

さまざまな形のソファは座ったり寝転んだりと自由に休憩できます。好きな形のソファを見てぽけ~っと過ごすのもいいですね。

松原成夫《宇宙的色彩空間》

坂の下にはこんなにカラフルな作品があります。虹ようにきれいな12色の同じ大きさの正方形。カラフルな正方形の連続は、子どもだけじゃなく大人でも思わずくぐってみたくなります。

彫刻の森美術館は、このように触れて遊べる作品がたくさん。色彩感覚を養い、アートに触れながら遊ぶことができるなんて最高じゃないですか?

子連れならここ!「ネットの森」

子連れなら「ネットの森」は外せません。こんなにカラフルなネットの遊具に入って遊ぶことができます!小学生以下の子しか遊ぶことのできないこのエリア。ネットの上はどうなってるのかなぁなんて、大人もとっても気になります。

1歳の娘もネットの中に入ったり、乗り越えたりとお姉ちゃんお兄ちゃんたちに混ざって楽しそうに遊んでいました。

彫刻の森シールラリー「魔女ユーリーの森」も開催中

より作品の魅力に触れるためには「シールラリー」がおすすめ。彫刻の森美術館のマップに、作品のシールを貼っていくアクティビティです。

シールと同じ作品を見つけて「あったあった!」と大興奮な子どもたち。敷地内を巡ってマップを完成させましょう。楽しいのはもちらん、彫刻の森内の作品を覚えたり、運動にもなったりと一石二鳥です。

◾︎販売受付時間:9:00~15:30(最終報告時間:16:30)
◾︎販売価格 300円(税込)

最後にクイズに正解したら記念の缶バッチをもらうことができました。

「彫刻の森美術館」の楽しみ方は無限大

「美術館」というと、子連れでは行きづらいイメージですが、彫刻の森美術館はそんなことありません。子どもと思いっきり、動いて触って楽しんじゃいましょう。新エリア「ポケっと。」がオープンしてますます魅力的になった「彫刻の森美術館」、ぜひ遊びに行かれてみてくださいね。

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ひいろあいこさん

9歳と6歳、1歳の3児のママです。フルタイムで働きバタバタの毎日を送っていましたが、現在産休中。趣味は旅。今まで20カ国ほど旅してきました。育休を利用して旅行業務取扱管理者資格を取得。

ひいろあいこさんの記事一覧 v-right