/ 2021.10.29

国民的おやつの地瓜球

台湾の夜市や道端の屋台で売られている人気のさつまいもおやつといえば「地瓜球」。直訳すると、「さつまいもボール」ですが、一口サイズのボール型でもちもちして、とってもおいしいんです。今回はたった3つの材料で家でも簡単に作れる方法を紹介したいと思います。

■材料(一口サイズ24個分)

・さつまいも(皮むき後)  100g
・樹薯粉(キャッサバ粉) 70g
・砂糖          20g

■作り方

1.どんな方法でもいいのでさつまいもを蒸していきます。

今回は、皮ごと圧力鍋で蒸しましたが、皮むき後カットして、蒸しているレシピも多いです。

写真は、今回のレシピとは別用途の分のさつまいもも含まれています。

2.柔らかくなったさつまいもに砂糖を加えて、よく捏ねます。

※繊維が多めだったので、一度ザルで濾しました。この工程がとても面倒なので、繊維が気にならない程度なら必要ないです。

3.樹薯粉を加えて、さらによく混ぜます。

4.10gずつに分け、手でしっかりと丸めていきます。

5.130度前後の油で揚げていきます。くっつかないように、優しく混ぜます。

6.浮いてきたら、軽く押していきます。

こうすることによって、モチモチ感がアップします!

7.押してしばらくすると一回り大きくなるので、もう一度押していきます。

8.きつね色になったら(紫イモの場合は色の変化がわかりにくい…)、取り出していきます。

9.器にもりつけて完成です!

出来立ては、外がカリッ、中はモチッとして、とってもおいしいです!もちろん、さめてもおいしくいただけますし、食べきれない分は冷凍保存も可能です。かなりモチモチしているので小さな子どもに食べさせる場合は、小さいサイズにカットするなど、つまらないように気を付けてください。

ぜひ、おうちで台湾おやつを楽しんでみてください♪

参考にしたレシピ(どちらも中国語)はこちらです↓

リンク一覧

crown weekly ranking

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
nimo*さん

元食品メーカー勤務のフリーライター。7歳と4歳の姉妹の母。趣味は食品工場見学で国内外問わず、200か所以上足を運んでいる。夫の転勤のため、17年11月より台湾高雄にて5年間生活し、現在は千葉県在住。台湾での子育てライフをぎゅってWeb内“台湾あるある子育て絵日記”にて紹介中。

nimo*さんの記事一覧 v-right