市場にいるかのような活気にワクワク

先日「富士ガーデン」という東京・赤羽にあるスーパーに行ってきました。このスーパー何がすごいのかというと、魚・肉・野菜の専門店が集合していて都内・駅前という立地であるにもかかわらず、市場にいるかのような臨場感を味わえるのです!

中でも、角上魚類(かくじょうぎょるい)という大型魚専門スーパーは、対面販売コーナーがあり、氷の上には生きの良い丸魚が並んでいて、見ているだけでもワクワクしてしまいます。

ウィキペディアによると角上魚類は、新潟県長岡市寺泊と埼玉県さいたま市岩槻区に本社を置く角上魚類ホールディングス株式会社の傘下にある企業が展開する鮮魚専門チェーン店とのことです。

対面販売コーナーでさっそくどの魚にするか吟味!どれも新鮮なのにお値段も良心的なので迷ってしまいます。知識豊富なお店の方に相談して、10カ月の息子も食べられて、あら汁も楽しめる「黒鯛」をさばいてもらうことにしました。

魚の下処理を待っている間に、青果店や精肉店もプラプラ。旬の野菜はもちろんのこと、普段見かけないような野菜もあり、ついつい見入ってしまいます。

また、大きなガラスカウンターには、ずらりと様々な種類の肉が並べられています。お総菜コーナーもあるので、あっという間に時間が経ってしまいます。

帰ってから買ってきたもので、プチパーティーです。さばきたての黒鯛はお刺身で頂きましたが、こりこり歯ごたえがあってとてもおいしかったです。息子も鯛がゆをぺろりと平らげていました。あら汁まで堪能でき、満足な「富士ガーデン」デビューでした。

まだまだ食べたいものがたくさんあったので、頻繁に通ってしまいそうです。

買い物に行くというよりレジャー感覚で楽しめます!

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
れもんママさん

夫と5歳娘、1歳息子との4人家族です。
お出掛け・育児・美容など、日々の生活が少しでも楽しくなるような情報を発信したいです。

れもんママさんの記事一覧 v-right