/ 2022.01.18

皆様こんにちは!チョビベリーです。途上国の子どもたちにクリスマスプレゼントやお年玉を贈る方法をご存知ですか?私が毎年続けている、公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパンの寄付について紹介します。

「Gift of Hope~ギフト・オブ・ホープ~」とは?

ギフト・オブ・ホープとは、途上国の子どもたちの日常を支えるギフトカタログ。少数民族の幼稚園が学ぶための教材や文房具、自分たちで給食を作るためのかまどや菜園キットなど複数のギフトから選べます。

費用も1600円(現在おこなわれている寄付)からあり、確定申告で寄附金控除を受けることも可能です。

自分の子どもが産まれてから、より寄付を意識するようになった

私は子どもが産まれる前からプラン・インターナショナル・ジャパンの寄付を始めていましたが、子どもが産まれてからは我が子はもちろんのこと、自分以外の子どもの笑顔や存在をより意識するようになりました。

途上国は日本に比べて貨幣価値に差があるため、たとえ1000円、2000円でも大きな額となってたくさんの子どもを支えることができます。自分の寄付が途上国の子どもも笑顔にしていると思うと、気持ちになんとなくゆとりが持てる気がします。

メルカリで売れた分、今回は多めに寄付!

私の場合、昨年はメルカリの調子がよかったので、今回はギフトを複数選んで普段よりも多めに寄付しました。

わが子の存在が1番なのは変わりませんが、その何百分の一でも途上国をはじめとした支援が必要な子どもに対して、これからも無理せず寄付を続けていければと思います。

【豪華プレゼントが当たる!】
ただいまぎゅってでは、高級ドライヤーや豪華なお肉セットが当たる、メール会員限定プレゼントキャンペーン実施中♪
詳細はこちらをチェック

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
チョビベリーさん

1982年生まれ。柔道初段、極真空手2級、ボクシング歴6年の普通のOL。本業は編集で4歳と1歳の娘のママ。趣味は空手と読書とテレビ観賞。特技は速読とダメ出し。Instagramで連絡帳の絵日記を更新中。

チョビベリーさんの記事一覧 v-right