ママとこどものおくすりやさんです。ぎゅってブロガー4年目となりました。ここまでやってこれたのも、ぎゅって編集部の皆さまと読者の方々のおかげです。いつもブログを読んでいただいてありがとうございます。今年も読者の方々に少しでもお役に立てる情報を発信していきたいと思います。よろしくお願いします!

さて、今回は今まさに話題の抗原検査キットのお話。つい、先月までは新型コロナウィルスの感染者も2桁となり、このまま収束か!? と思いきや年末から感染者の数が徐々に増えてきて、今やまた爆発的な人数となりつつあります。

そんな中、私の勤める薬局でも抗原検査やPCR検査を受けにくる人たちや抗原検査キットを購入する人たちが増えてきました。

そこで、今回は薬局で受けられる検査のお話ではなく、購入して自宅で検査、その場で判定することができる「抗原検査キット」についてのお話を書いてみようかと思います。これから購入してみようかなと思っている人にぜひお役に立てたら幸いです。

薬剤師から購入する抗原検査キットをオススメします

いざ、抗原検査キットを購入して自宅で検査しようとドラッグストアに行くと、数種類の抗原検査キットを見かけることがあります。

抗原検査キットには大まかに2種類あり、薬剤師からでないと購入できない体外診断用医薬品に分類される抗原検査キットと、薬剤師以外からでも購入できる抗原検査キットです。

違いはというと、薬剤師から購入できる体外診断医薬品の抗原検査キットは国から承認を受けており、感度が高くより正確。それに対して後者は国からの承認はなく感度にばらつきがあるようです。

厚生労働省は抗原検査キットは体外診断用医薬品を推奨していますので、購入の際には薬剤師に相談することをオススメします。

使用法について簡単に説明

体外診断用医薬品の抗原検査キットは数種類があり、それぞれ細かい箇所の使用法は異なりますが、流れはざっとこんな感じです。

1、綿球のついたスワブを鼻の入り口から2センチ程度、両鼻に入れてくるくると回して検体採取します

2、綿球を緩衝液へ検体を絞り出すように入れます

3、綿球を取り出し、フタをします

4、フタの出口からチェックシートに滴下します

5、滴下後、15〜30分以内に判定

操作中に気をつけたいこと

操作自体は難しくありませんが、いくつか注意点があるので思いつくまま書いてみます。

・判定は時間内にしっかり行う。私の勤める薬局のキットは15〜30分以内に判定するとなっています。これより前でも後でもダメなんです。しっかり決められた時間内に判定するようにしてください

・検体を鼻から採取する際に綿球を強く擦り付けたり奥にやりすぎると出血する場合があります。検体に血が混ざると正確に判定できません

・症状が出ているときに使うことが理想です。というのも、その場で判定のでる抗原検査キットはウィルス量が微量だと正しく判定できない場合があります、症状が出ているときはウィルス量も増えているので正しく判定できる可能性が高いです

判定結果が陽性の場合

さて、いよいよ判定ですが、陽性の場合、陰性の場合の対応法を説明します。

・陽性だった場合→直ちに発熱外来へ受診または自治体が運営する相談窓口に相談してください

・陰性だった場合→偽陰性の場合もあるので、引き続き感染対策を行って、症状が出ているのであれば再度検査または受診をしてください

抗原検査キット購入の際には薬剤師にご相談ください!

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ママとこどものおくすりやさんさん

◆薬剤師ママ
◆私 主人5歳と2歳の娘 の4人家族
◆横浜市在住
調剤薬局併設のドラッグストアに勤務し、地域医療に貢献中!薬剤師の資格を活かした医療ネタや娘との日々の生活、クレイフラワーの習い事について書いていきたいと思います♪

ママとこどものおくすりやさんさんの記事一覧 v-right