/ 2022.01.18

余った頂き物をどうしようかと考えて

皆さん毎日お疲れさまです。まさ太です。今年が始まり既に半月です。毎日が光の速さで過ぎ去っていきます。…特にオチはございません。ところで、年末年始は色々な物を食べる機会があったと思います。

でも、残念ながら食べ切れず捨ててしまったり、腐らせてしまい食べられなくなってしまった、そんな経験がある人も多いのではないでしょうか。わが家も頂き物(そういうのに限って割と大量)をダメにしたことが何度かあります。

mottainai…

そして今回、大量の柚子を頂いたのですが、僕の引き出しでは冬至でお風呂に投入するぐらいしか思いつかず(実際にやった)、残り約1kgの柚子をどうするか悩みました。

no more mottainai…

レシピを調べてみたらほぼ一択でジャムでした

柚子を使ったレシピはたくさんあったのですが、

1.子どもたちがおいしく食べられる
2.シンプルで一緒に作れるのが良い

これらを満たす条件で探すとほぼ一択でジャムでした。材料は、ジャムにする素材と砂糖があれば良いし、日持ちするので助かります。しかも、作業工程がシンプルなのでお姉ちゃん(6歳)と一緒に作るところから楽しめる!

そんなこんなで、『大量の柚子救済作戦』を決行することになりました。

作業中の父と娘

まず、大量の柚子をひたすら真っ二つして、そこから搾り汁、薄皮、タネと分ける作業を2人で黙々とこなしていきました。お互い作業に集中しすぎてほぼ会話なし。職人みたいな空気を出す2人。なんかもっとキャッキャしながら作るはずだったのに思ってたのと違う…。

それでも果肉をすり潰したりする機会はなかなかないので、楽しそうにやっていました。良き良き。

完成!そして実食へ…

全体での調理時間が1時間越えと思っていたよりかかってしまいましたが無事に完成!しかもおいしい!果汁を絞ったり、中身をくり抜いたりと小さい子でも安全にできる作業が多かったので、親子で楽しみながらジャム作りができました。

おまけ

目を離した隙にここぞとサボる6歳児。お疲れさまでした!


【豪華プレゼントが当たる!】
ただいまぎゅってでは、高級ドライヤーや豪華なお肉セットが当たる、メール会員限定プレゼントキャンペーン実施中♪
詳細はこちらをチェック

子どもと一緒に楽しめるジャム作りオススメです!ぜひお試しあれ!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
まさ太さん 色々な現実とガッツリ取っ組み合う3人の子供の父親です。

6歳(女)、2歳(男)、0歳(女)。自分の感じた育児や家事での使えそうなあれこれ(失敗、反省談も…)をパパ目線でゆるく共有していきたいと思っています。何も特別なことはない普通の父親の普通の(はずの)育児ですが、少しでも役に立てれば嬉しいです!

まさ太さんの記事一覧 v-right