/ 2022.01.18

どうも、ふぢゴリです。今日はとっておきのレシピを公開します

はい、オムライスです。

わが家の休日は大体オムライスで始まります。子ども達に何食べたいと聞いても休日の朝は大体「オムライス」と答えます。それくらいわが家では定番の簡単オムライス。

こちらのオムライス学生時代にバイトしていた洋食屋で教えてもらったレシピを少しアレンジして簡単に作れるようにしています。料理初心者の人でも簡単にできますので、料理したことのないパパでもできると思います。ぜひやってみてください。

まずは材料

・たまご3個
・ミックスベジタブル 2掴みくらい
・ウインナー5本
写真にはないけれどご飯が2合分くらいです。ちなみにこのミックスベジタブルは業務スーパーで買いました。1kgで300円程度。冷凍庫に常備しておくと楽ですよ。

調味料はケチャップとコンソメ、塩こしょうはお好みで。

では作っていきましょう

鉄プライパン(もちろんフッ素加工のプライパンでも)に油を入れてミックスベジタブルを解凍します。

スキレットでウインナーは茹で焼き

本当はウインナーも切って一緒に焼きたいんですが、わが家ではウインナーばっかり食べるやつがいるので、ウインナーは切らずに別盛りです。ダイソーのスキレットで人数分茹で焼きです。ウインナーの半分くらいの水に浸して、水がなくなるまで焼くとおいしいですよ。

解凍したらケチャップ投入

ここが一番目のポイントです。ご飯の前にケチャップ投入。ケチャップの水分を少し抜くイメージです。味付けは後々コンソメで行うので、ご飯の色が付くくらいのケチャップで十分です。

ご飯投入

その後ご飯を投入します。ホカホカのご飯でも冷や飯でも大丈夫です。あまり炒めるとフライパンにひっつくので慌てずなんなら火を止めても良いです。ご飯に色を付けるイメージで。このときにコンソメも一緒に入れてください。

コンソメ 大さじ1〜2 お好みで

ケチャップライス完成 お皿に盛ります

卵焼きを巻くタイプのオムライスは難易度が高い(ぶっちゃげ面倒)ので上からふわっとかけるタイプにします。なるべくフライパンのサイズに合うように盛りつけます。

卵焼きを作ります

こちらもフライパンで卵焼きを作ります。溶いた卵を熱したフライパンに入れるだけでどんどんできていきます(フッ素加工のフライパンの場合は卵を入れてから熱しましょう)。

外側の固まってきたものを箸で中央に寄せていく感じで作るとドレスドオムライスみたいになります。

ここでちょっとひと工夫

スライスチーズを卵とケチャップライスの間に入れておきます。これでチーズオムライスになりますね。

スライスチーズ2枚(とろけるタイプでも可能)

あとは卵焼きをのせるだけ

はい、これで簡単にオムライスの完成です。ケチャップで字を書くと子ども達は喜びます。

本当はウインナーではなく、鶏肉を一口大に切って初めのミックスベジタブル と一緒に炒めるとより深い味わいになります。なければベーコンでもハムでもなんならちくわでも大丈夫です。

ここでちょっとフライパンについて

わが家(と言うか私)は、鉄のフライパンを愛用しています。昔の鉄フライパンは使った後に水分を飛ばして油を塗る必要がありましたが、最近のは水分を飛ばす必要がないでの簡単です。しかも、どんどん油が馴染んでくるので、フッ素加工のに比べて長持ちします。なんなら卵焼きもつるっとお皿に盛ることができます。

ぜひ鉄フライパンを使ってみてください。

【豪華プレゼントが当たる!】
ただいまぎゅってでは、高級ドライヤーや豪華なお肉セットが当たる、メール会員限定プレゼントキャンペーン実施中♪
詳細はこちらをチェック

と、パパさんでも簡単にできるオムライス 本当簡単なのでぜひ作ってみてください。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ふぢゴリさん 自分でできるなら自分でやる!やりたがりのおっさんです

8歳(男)、5歳(男)、3歳(男)。40代のおっさんですが、家族といろいろ遊ぶのが好きです。最近はキャンプにハマり、キャンプギアの自作にもチャレンジしてます。そこからレザークラフトを覚え、いろいろ作るのが大好きです。休日は調理担当。なんでも作ります。キャンプ飯も作ります!

ふぢゴリさんの記事一覧 v-right