絵本大好き2歳女子

皆さん、寝かしつけどうやってされてますか?絵本を読み聞かせている、というご家庭も多いですよね。

かくいう我が家も、絵本大好きな娘にせがまれて、毎日10冊以上(!)の本を母はせっせと読んでおります。

超絶パパっ子の娘ですが(この件はまた後日書きますね)なぜか寝かしつけだけは母でないとダメ。

寝室にパパを入れることも許さず、寝かしつけの時間は母子の大切なスキンシップの時間になっています。

とはいえ早く寝てくれ…

これが本音です。

2歳を超えて体力が付いてきたからか、最近は22時を過ぎても寝ないこともしばしば…成長にも影響するのでは、と母は救世主にすがることにしました。

それが、タイトルにもある『おやすみ、ロジャー』

ネットのレビューを見ると
「催眠術のよう」
「効果ありました!」など
多くの嬉しい報告があるので、自ずと期待は高まります。

まさかの、読ませてもらえず

結果から言うと、うちの娘にはまっったくハマりませんでした。

そもそも、絵本が好きすぎて、その時読みたい気分の本でないと「イヤ!」となる娘。

絵もしっかり見ているので、文字が多くて絵が少ない『おやすみ、ロジャー』は見どころが少なくてつまらない、と感じたようです。

母が読んでいても、独り言をぶつぶつ言っていたり、次に何を読もうかと他の絵本を物色したり、まったく集中してくれません。

一度も最後まで読むことなく、図書館に返却してきました(笑)

まずは図書館で借りて試そうと思い、購入しなくてよかったです。

年齢が高いほど効果大?

色々なサイトを見返してみると、

「小学生には効果がありました」
「未就学児にはイヤがられました」
「子どもより旦那の方が先に寝ます(笑)」などなど…、
年齢が高いほど効果があるようですね。

うちの子は2歳とまだ幼いので効果が発揮しにくいのかもしれません。

もっと大きくなってから、試してみたい一冊です。

絵本、どうやって読んでる?

ただ、『おやすみ、ロジャー』を読むにあたって困ることが一点。

絵本にしては文字が小さく、薄暗い寝室では読みにくくて仕方ないこと。

皆さんどうやって読んでるんだろう。

少なくとも豆電の部屋で寝転んで…は無理だったので起き上がると、娘に「ママ、ねんね」と引き戻され、四苦八苦しました(笑)

【豪華プレゼントが当たる!】
ただいまぎゅってでは、高級ドライヤーや豪華なお肉セットが当たる、メール会員限定プレゼントキャンペーン実施中♪
詳細はこちらをチェック

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
チームこっちゃんサブリーダーさん

超絶パパっ子の2歳イヤイヤ娘に日々振り回されています。メンタル弱めな夫と内弁慶な娘との3人家族。ほぼ在宅ワークの会社員ライターをしながら、名古屋でのんびり暮らしています。

チームこっちゃんサブリーダーさんの記事一覧 v-right