/ 2022.02.08

とうとう、自宅待機のお知らせが来てしまいました

ここ最近、感染者が増えていたので在宅勤務と自宅保育を増やしていたのですが、出勤した日に子どもが濃厚接触者となったようです。濃厚接触者となると兄弟も自宅待機となるため、待機が明けるまで保育園の状況は分からなくなります。

いつもはコメントが飛び交う保護者LINEが今回は違った

これまでにも何回か、保育園で感染者は出たのですが、自分の子どもが自宅待機となったことはありませんでした。そのときはクラスの保護者LINEでコメントが活発に飛び交っていました。

「自宅待機のお知らせ来てないよね?」「来てないです!」「さっき園に問い合わせたら明日から登園可能だそうです!」「よかったー」「でもいつなってもおかしく無いよね、我が家、自宅保育となったら有給取るしか無い…」

などなど。どこのクラスか探りたいのではなく、一刻も早く仕事の予定を立て直す必要のある方の焦りや、コロナに対する不安な気持ちを吐き出していました。

それが、今回は誰も一切のコメントがありませんでした。よく考えたらクラスのどなたかが「ごめんなさい、うちのせいで」と思ってしまうかも知れないし、お休み等で濃厚接触者にあたらず普通に登園できる人もいるかも知れないし、それぞれの立場が違うから難しいです。

子どもは今のところ元気で、夫婦ですぐに在宅勤務に切り替えられるわが家はラッキーなほうなので、のんきにコメントしてると思われるのもちょっと怖い。

でも誰のせいでもない

シーンとしたLINEの画面を見ると寂しいですが、感染した子が回復し、みんながまた元気に登園できるのを願います。

早くコロナ無くなれ〜

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
C.Kさん

父、母、娘(保育園年長)、息子(保育園2歳クラス)の4人家族です。デザイナーの母は手作り大好き!おもちゃや洋服など子どものグッズなど、楽しみながら作っています。元々インドア派だったけど現在はアクティブ派!スポーツやお出かけ情報も発信できたらいいなと思ってます。

C.Kさんの記事一覧 v-right