/ 2022.02.18

みなさまご機嫌よう★アツアゲのヘッポコブログへようこそ★

先日の2月14日はバレンタインデー兼私達夫婦の8回目の結婚記念日でした★★★

私が22歳で旦那くんが27歳のときに知り合って何の発展も無いまま1年が過ぎ。ひょんなことから1年後お付き合いに発展し、まさかの3カ月で婚約と言うハイパースピードコース!笑

23歳の誕生日にグアムでプロポーズを受けました★★★いや〜〜〜若かった〜〜〜そのときはお互いに若かったし、仕事も乗ってたし無敵でした!笑

多い年は年に3回ほど海外にも遊びに行っておりました♪

結婚3年目に妊活スタート★

そして周りの友達もお母さんになって来た辺り。私達も妊活をスタートさせました。学生時代の授業では避妊さえしなければ妊娠すると叩き込まれていたので(あの時代の性教育って本当に極端で傲慢だったよね。誤報ばっかり!)。

妊活歴6カ月が過ぎた頃、やっと念願の妊娠検査薬で2本線を見ることができました!妊娠=出産って思ってしまって家族、友達、会社関係にすぐに報告していました。今考えたら、本当に無知って怖いなぁと思います。

悪阻の気持ち悪さを抱えながらも、仕事もプライベートも控える事なく全力で取り組んでいました。私なら大丈夫って謎の自信があったんですよね。

そして迎えた9週目の検診

その日は私の誕生日の次の日で、検診が終わったらステーキを食べに行く予定でした。

いつも通り先生に赤ちゃんを見てもらっていたら『心拍が止まっています』この言葉の意味が分かりませんでした。

分からな過ぎて、心拍が止まってしまったらどうやったら動き出すんだろう?この子はハンデを持った子なのかな?だとしたら私がサポートして行かないと!と思っていました。

受け入れられなかったんだろうなと思います。人間、自分のキャパオーバーになったら急に自己防衛力が働いて変な理解になるんだなと。

検索魔だった日々

ネットで心拍停止、誤診、心拍止まったけど動き出した、手術当日に心拍あった、などのワードを永遠と巡っていました。どうか動いてほしい、このままお別れなんて嫌だ嫌だ嫌だと藁にもすがるような思いでした。

手術当日

やっぱり心拍は止まったままで、そのまま手術でした。稽留流産でした。麻酔を打たれながら、看護師さんに『私みたいに手術する人ってどれくらいいるんですか…?』と質問したのを覚えています。看護師さんは困ったように笑って私の意識は遠のきました。

術後の経過

仕事は10日間のお休みを頂き、主人もずっと側に居てくれました、私だけが取り残された様な気持ちで。今このブログを書いていても、やっぱり涙が出て来ちゃって、あの時の気持ちは上手く書けません。笑

それから不妊治療の3年間。色んな気持ちの波を乗り越えながらの日々でした。仕事と不妊治療って本当に両立できない。クリニックは平気で明日も明後日も明明後日も来てくださいって言う。こっちの都合も知らないで!!!と心の中で叫んでいました。

実際は私の気持ちが無理で、行かない日もありましたが…。

ある日突然その日はやってくる

2020年、世界にコロナが広まりかけた頃。私達は毎年恒例の気持ち切り替えの海外旅行の準備真っただ中でした。1週間後にフライト予定。そしたら旅行会社からの連絡、渡航禁止令が出ました。料金を前額返金致します。とのことでした。

初めての事態。漠然と不安にかられたのを覚えています。そして気づけば生理が来ない。不妊治療を始めてから毎月ピッタリに来ていた生理。まさかね…と思いつつ真実を知るのが怖くて検査薬も病院も行きませんでした。仕事もいつも通りこなしていました。

2週間後クリニックへ

色んな気持ちを抱えながら久々のクリニックへ。ここまで来て陰性だったら、またスケジュール管理が面倒くさいなと思いながら番を待っていました。名前がアナウンスされ別室へ移りました。そこでハッキリと2本線の出た妊娠検査薬を見るのは3年以上ぶりでした。

今振り返るあのときの気持ち

私のマタニティライフは昔の自分が思い描いたものではありませんでした。とにかく妊娠を隠し、生活全てに制限を掛け、慎重にひっそり生活していました。だって妊娠出産は奇跡の繋ぎ合いだと思い知らされたから、次何かあったら立ち直れないから。

それから月日は流れ、人生最大の喜び。2020年10月8日、帝王切開でわが子を抱きしめることができました。産声を聞いた途端に涙が溢れてきて母性と言うものが全身に漲る感覚を感じました。辛い時期もたくさんあったけれど、今こうして幸せな生活を送れるのは、改めて『旦那くん』のお陰なのです。

彼が居なければ今の私は居ないし。大切なわが子も居ない。出会ったときからわがままで意地っ張りな私だけど、いつも笑って側に居て肯定し続けてくれる。たくさんの試練を乗り越えて今のステージに立てているのも間違い無く彼が居てくれたからだと思っています。

このブログ、彼には見せないけど改めて結婚8周年おめでとう★
これからも喧嘩も多いけど死ぬまで宜しくね★
ちなみに死んでもあの世で見つけてね★
方向音痴だからお手数お掛けすると思いますが、君なら絶対見つけ出してくれると思う!
では★長くなりましたが読んで下さった方ありがとうございました★
こんな感じでこれからも、あつあげファミリーを宜しくお願い致します♪♪

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
あつあげさん ズボラ母ちゃんだけど毎日楽しい

1歳(女の子)。ど几帳面パパと子どもの3人暮らし+猫。13年間ファッション業界で奮闘、2020年妊娠を期に育児中心にシフトチェンジ。現在は事務と着用モデルのバイトを掛け持ち中
海外旅行、ファッション、ズボラ大好きです。漫画も趣味で描きます

あつあげさんの記事一覧 v-right