こんにちは、看護師ママのきりぬきです。夏といえば保育園でや家庭での水遊びやプールですよね。でも、毎日の水遊びやプールがマンネリ化してきてイマイチ盛り上がらない…なんてことはありませんか。

今回はそんなときに無料で遊べるイチオシ子連れスポット”東京都水の科学館”で遊んだ半日の体験談をブログにしたいと思います。りんかい線国際展示場駅から武蔵野大学方面へ徒歩8分なので、多少暑い日でも熱中症対策をすれば徒歩で行けちゃいますよ。

1階入口奥のアクア・パークで水遊び

入口を入ってすぐ目の前に大きな水流を作る遊具があります。置いてあるおもちゃや水道の蛇口のような装置の下に入って遊ぶことができ、子ども達に人気のエリアです。

遊具の位置がやや高くその中におもちゃが置いてあるのですが、踏み台の貸し出しはないので、年少さんや小柄な子どもひとりではちょっと遊びにくそうでした。ただ、保護者が少し手を貸してあげると十分楽しむことができるので、見守りも兼ねて親子で楽しめるエリアだと思います。

流れる水の中に手を入れてみたり、普段見ることのない水の動きを観察するだけでも楽しそうでした。中でも大人気だった大型水鉄砲!狙いを定めてカラフルな的を狙います。一台しかないので、年少さん~小学校低学年くらいまでの子どもたちが並んで列が絶えないおもちゃでした。

水に入らずに水の流れを使って遊びを考えたり体験したりできるのが新鮮で楽しかったようで、「もう一回!もう一回!」と、うちの娘達も色々なおもちゃで1時間以上は遊んでいました。

ちなみに、写真の蛇口の装置の下(丸いガラスの中)は洞窟のようになっていて、2歳と3歳の娘には少し怖かったようです(;^ω^)年長さんより大きい子ははしゃぎながら出入りしていました。

この遊具なら全身を使って入っていくプールより体力の消耗も少ないでしょうし、きちんと保護者が付き添っていれば、皆が触った水を飲み込んだり目に入ってしまう程激しく遊ぶようなことは避けられるので、感染症をお土産にもらったり、疲れ果てて週末夜に体調を崩す心配も少なくて済みそうです。

都の水道局の施設ということもあり、遊具を流れる水質の管理もバッチリで、大勢で遊んでいてもゴミや髪の毛が浮いている様子はなく、遊具や施設に清潔感があったところも好印象でした(o^―^o)

ただ、水の中に入らなくても子どもが夢中になって遊ぶと服が濡れてしまうので、夏でも着替えのTシャツ1枚くらいは持って行った方が無難だったなと思いました。

シャボン玉の中に入って不思議体験

2階に上がるとアクア・ラボラトリーという水に関する不思議体験ができるゾーンがあります。ここで娘達が釘付けになったのがシャボン玉の中に入ることのできる装置。これ、ママが中学生の頃の修学旅行でも遊んだ写真が残っていました(笑)。それくらい長く愛されている人気の実験なのですね。

装置の枠の中に入ってパパがゆっくり枠を引き上げると、フワフワのシャボン玉の壁が現れて不思議そうな表情で見つめる娘達。きっとシャボン玉の中に入って飛んでいるような気分なのでしょうね。これもハマってしまい、何度も順番に並びました。

また、小学生くらいの子どもが食いついていた霧を作ることができる装置にも娘たちは興味を持ったようで「パパやって!」とのリクエストがありました。装置の凹凸を押すと(押すのに少し力がいります)ドーナツの形をした霧がポンっポンっと出てくるのが面白かったようで、「きゃ~もっとやって~」と娘達からおねだりされ、パパはひいひい言いながら霧を出し続けていました。

他にも、浄水場できれいな水ができる仕組みが描かれた体験型の展示や映像を使ったゲーム、スタッフの方が目の前で実験を披露してくれるコーナー等もあり、そちらも小学校低学年くらいのお兄さんお姉さんは楽しんでいるようでしたよ。娘達は遊びメインでしたが、夏休みの自由研究のネタ探しに良さそうなフロアでした。

水のふるさとの森を探検

3階に上がるとアクア・フォレストという森のような展示フロアがあります。多摩川源流の水道水源林がモチーフだそうで、蛇口から出てくる水は森から流れてきている水と同じで、自然と共存しているんだよということを子どもに連想させるような内容でした。

都心から玉川に小さい子どもを連れて行く機会はなかなか無いので、3歳の娘は「じーじとばーばのおうちみたい!」と言っていました。じーじとばーばのおうちは滋賀県なので、びわ湖を囲む山や川の風景を思い出したのかもしれませんね。

川の近くに住む昆虫の標本があり、普段虫が嫌いなので怖がるかなと思いましたが「ちょうちょ動かないね。死んじゃったのかなあ?」と、珍しくじーっと観察していました。

また、川を泳ぐ魚の映像が足元に映っていることに気づき、川遊び感覚で「泳いでる~!」と映像の中に入って足踏み。魚の群れが来ると2歳の娘は何故か大興奮で、叫びながら川の映像に飛び込んでいました。

本物の川で足元に魚が来てくれることなんてないので、お友達になった気分だったのでしょうか。3歳の娘はそんな妹に引き気味で、「生き物には優しく接してあげようね…(;´Д`)」と心から願うパパとママでした。

ごろ寝ソファのシアタールームへ

3階にはアクア・トリップというシアタールームがあり、フカフカのごろ寝ソファで前方・左右・天井の迫力のある映像を楽しむことができます。ソファの数に限りがあり整理券が必要なので、入館時に受付でもらっておくとスムーズです。

少し暗めですが、ふたりとも既に遊び疲れて2歳の娘は寝る気満々のようでした(~_~;)10分程度の超ショートムービーなのですが、水の大循環を親子で楽しみながら学べる内容で、お疲れのふたりもガン見でした。

映像の内容をどの程度理解できたかは不明ですが、「映画面白かったぁ」と言ってすぐに、「もう一回水鉄砲やりたい」「お腹空いた」と娘達からの要望があり、1階に戻って少し遊んだ後お昼ごはんにすることにしました。

パパも「こんな立派なところで遊べて、全部無料ってすごいな~!」との感想だったので、是非整理券をもらってから館内を回って遊び尽くしてくださいね。

施設向かいのロハスカフェでランチ♪

武蔵野大学の学食としても運営されているロハスカフェARIAKEが水の科学館の向かいにあり、口コミで人気だったので利用することにしました。

キッズメニューはありませんが、キッズチェアやプラスチックのカラトリー(コップは蓋も付けられます)が用意されており、子どもでも食べられそうなメニューが豊富です。広々としたスペースも子連れには嬉しいポイントです。

その日のメニューは当日11時前にお店のInstagramにアップされるので、チェックしておくと券売機での購入がスムーズですよ。また、人気メニューは12時までに売り切れてしまうようなので、早めの注文をおすすめします。

わが家はチキン南蛮定食とキャベツと枝豆のジンジャーパスタ定食を頼んで子どもとシェアすることにしました。娘達はお腹が空いていたこともあり、「お肉もっとちょうだい!!」「ママのうどん(パスタ)も食べる~」ともりもりと食べてふたりともご機嫌でした。

学食ということもあり、おしゃれカフェみたいな内容なのに家族で2500円で収まるところにもパパとママは感動しました。

お腹いっぱいになり、食後の眠気がまだ遊びたい気持ちに勝ったようで、今回は半日遊んだところで帰ることにしました。3歳の娘は帰りに「もっと水鉄砲したかったぁ~」とグズグズ言っていたので、また連れてこようと思います。

読者の皆さんも保育園やご家庭でのプールや水遊びに飽きてきたら、少し足を延ばして”水の科学館”で遊んでみませんか。

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
きりぬきさん 年子姉妹ママと病院勤務ナースの二刀流☆

1歳(女)2歳(女)。おちび達の成長に合ったニーズを把握し、エビデンスに基づいた育児が実践できるよう日々格闘中。近い将来の夢は親子で女子会&恋バナを聞かせてもらうこと♪

きりぬきさんの記事一覧 v-right