時短の美容アイテム「ウォータートリートメント」とは

ウォータートリートメントは、まるで水のような質感。リキッドタイプのトリートメントは多いけれど、ウォータートリートメントはミネラルウォーターくらいにシャバシャバで本当に水のようです。

洗い流すタイプのトリートメントなので、シャンプーの後に使います。水状だから髪全体に広がりやすく、すぐに馴染みます。そのため、数分単位の放置時間が必要ないところがポイント。

またある程度使い続けないと効果を感じられないこれまでのトリートメントとは違い、1度の使用で指通りの改善を感じられる点が評判を呼び、人気の美容アイテムとなっています。バスタイムに時間をかけられない子育て世代にぴったりのアイテムです。

人気の2ブランド「ロレアルパリ」と「moremo」とで比べてみました

比べたのはウォータートリートメントの火付け役ともいえる韓国発のブランド、moremo(モレモ)と、世界最大の化粧品メーカーであるロレアルのウォータートリートメントです。商品情報は以下の通りです。

【moremo商品情報】
商品名:ウォータートリートメントミラクル10
モレモ日本公式サイト:https://moremojp.com/items/5f351b95791d025c19055f89
定価:200ml 2508円(税込)

【ロレアルパリ商品情報】
商品名:ウォータートリートメント
ロレアルパリ日本公式サイト:https://www.lorealparisjapan.jp/water-treatment/water-treatment
メーカー希望小売価格 :200ml 2200円(税込)

まずはmoremoを使ってみました

韓国コスメ好きの間で10秒おけば済む手軽さと、サラサラになる効果が話題になったmoremo。黒にピンクのラベルのボトルがかわいいです。シャンプーの後、髪を軽く余分な水気を切ったら、毛髪に塗布。ムスクのようなフローラルのような甘い香りを感じます。

10秒ほど揉みこむようにマッサージし洗い流します。ドライヤーで乾かすと指通りがサラサラです。うわさに聞いていた通り、1回でサラサラになりました。

さらに翌朝もこのサラサラが続きます。髪が絡まっていないから、手グシをしても引っかかりません。心なしか艶も増した感じがします。ただしっとりとして広がりが落ち着くという感じではありません。毛の表面の荒れが落ち着いてサラツヤ髪に近づいたという印象です。

キャッチコピーが「サラサラ美髪を叶えるトリートメント」なので、それは確かに、納得できる仕上がりでした。

次にロレアルパリを使ってみました

同じようにシャンプー後の髪の水気をきり、塗布。かけるとじわっと熱を感じます。急に熱くなってびっくりしましたが、これは水和反応。補修成分が水と合わさることで反応し均一な膜を髪表面に作ってくれます。

moremoも同様に温かさが生じるそうですが、私の実感があったのはロレアルパリだけでした。

塗布後、流しているとすでに指通りが良いと感じます。タオルドライ後にブラッシングをしたときにはクシ通りが違うと感じました。ドライヤーで乾かすと、サラサラです。

翌朝になってもサラサラ感は続き、寝ぐせや絡まりが気になりません。サラサラと共に髪にハリが出て1本1本がしっかりするから絡まないのではと感じられる質感です。

ただ、moremo同様にしっとり感・まとまり感はやや物足りない印象です。

ロレアルパリは瓜のような、キュウリのような野菜っぽい香りがしました。匂いの持続力は強く、次の日も髪をたなびかせると漂ってきます。こんなに香りの持ちが良いトリートメントを使ったことがないと感じました。

moremoとロレアルパリを比べてみたら

2品の違いを1.効果、2.機能性、3.価格、4.その他で比較します。あくまで個人の感想ですので、参考程度にお読みいただけるとうれしいです。

1.効果
moremoもロレアルパリも今まで使ったトリートメントの中で一番髪がサラサラになったのは間違いありません。しっとり感が弱いのも共通していました。ウォータートリートメントはしっとり重めにではなく、さらさらと軽やかな仕上がりを求める人に相応しいトリートメントなのだと思います。

2.機能性
放置時間はmoremoは10秒、ロレアルパリは8秒としています。本当に短い時間なので、塗布してすぐ流したという印象。それでもサラサラになるのだから、ちょっと感動しました。わざわざトリートメントをしたという感覚にならないので気軽に毎日でも使える便利さです。

水状のものを髪につけやすいようにボトルの出口はどちらも先が尖っています。狙ったところでボトルを押してシューッときちんとつけられます。

ただ、moremoはボトルが黒いため、使用量が判断しづらいです。一方、ロレアルパリは透明で残量がわかります。また、ボトルの横にメモリが付いていて使用量が把握しやすいです。

3.価格
moremoは200ml 2508円(税込)でロレアルパリ 2200円(税込)です。これだけ見るとロレアルパリがお得。

ただ、ロレアルパリは使用量の目安を定めていて、私はロングヘア―なので1度に3メモリ分を使うことになります。そうすると200mlは5回で使い切ることになります。moremoは髪全体にいきわたった、もしくは手触りの変化を感じる量で適当に使います。

その結果、moremoの方が長い期間使えました。コスパが良いと感じたのはmoremoでした。

4.その他
2つの違いとして大きく感じたのは香りです。moremoは甘い香り、ロレアルパリは青い香り。インバストリートメントなので、バス中に広がる香りが好みの香りだと、しっかりリラックスできますよね。好みの方の香りを選ばれると良いと思います。

ロレアルパリとmoremoを比べてみた結論

放置時間が必要ないウォータートリートメントは使ってみたら本当に時短でしたし、どちらもサラサラ。効果に差はありませんでした。重い仕上がりが嫌でサラサラ髪を目指したい人に、ウォータートリートメントをおすすめします。

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
綾弥sweetsさん スイーツ大好き!週末は都内を中心にカフェ巡り♪

4歳(男)。ケーキとコーヒーが大好きで都内をメインに食べ歩きをしています。好きが高じてスイーツに携わる職に付き、更に加速したスイーツ愛はブログに綴り続け10年以上。忙しい日々の休息となるようなスイーツやスポットをご紹介します。

綾弥sweetsさんの記事一覧 v-right