コロナで自宅療養(全員感染)

最近私の知り合いで家庭内感染で全員コロナにかかってしまい自宅療養をした家族がいました。

色々と話を聞いて体験者にしかわからないこれだけは用意すべき事、やっておく事があったので是非シェアをしたいと思い本人達の許可を得て記事にする事にしました。

ルートや症状など

知り合いは4人家族です。幼稚園に通う長男が最初に感染。陽性の判定をもらった次の日、残りの3人は何も症状が現れませんでした。判定から2日後、時間差で残り3人がダウン。隔離はしてたものの家庭内感染は防げず。

現れた症状は倦怠感(ワクチン接種でダウンした時よりも酷い)、全身関節痛が酷すぎて動けない、悪寒、少し頭痛、咳、激しい喉の痛みとの事。

最初に感染した長男は感覚過敏などでマスクを付けられないため一緒に病院に連れて行く事ができません。1人残すわけにいかないので次にお父さんが1人で検査、遅れてお母さんと長女が検査という形で全員陽性の判定を受けました。

やっておいた方がいいこと

自宅療養した事でこれをしておけばよかったと思う事が沢山あったそう。

まずは今回医療機関がひっ迫している時に感染した為、予約がなかなか取れなかったそうです。初診は発熱外来を受け付けない所、小児は受け付けていない所などが多くあったのでPCRを実施している病院はいくつかピックアップしておいた方がいいとの事。

また、誰が普段どこの病院にかかっているかの一覧は書いておいた方が良さそうです。誰がいつダウンするかわからないからその時のために誰かが代わりに電話をかけてあげたりできるので必要との事。

保険は(もしかしたら会社によって違うかもしれませんが)陽性判定日から解除日までになるので早めに受けて判定をもらわないと保険料が少なくなるそうです。

ストックしてあると便利なもの

とにかく沢山消毒、洗濯をしたそうでアルコール除菌、洗剤関係は沢山ストックしておいた方がよかったとの事(洗濯洗剤、食器洗剤、シャンプーなど)手洗いは何度も何度もするのでストック重要!

食器系に関しては使い捨てのお皿、割り箸、紙コップなどを使用すればいいかも。

大人は素直に隔離できますが子供は難しいです。とにかく暇!暇!という感じだそうでずっとTVに頼るのもあまり良くないなという事で、近くに住んでる親族にお願いして夏休みという事もあるので、100均に売ってる実験グッズや組み立てる遊び(工作)、知育菓子など大量に買ってきてもらったそう。

症状は人それぞれですが喉の激痛が半端なかったとのことで喉への刺激が少ないウィダーインゼリー、普通のカップに入ったゼリーは食べやすかったそう。また食欲のない時にもウィダーインゼリーは良かったそうです。

体調も悪いしご飯もなるべく作りたくないのでレトルトや簡単に作れるそうめんは便利だったそうです。またそうめんは喉の痛い時にも食べやすかったとのこと。

熱は40度とかなり高くなってしまったので脱水症状を起こさないように経口飲料やスポーツドリンクが必要で保冷枕も役立ったそうです。

小児科でもらってた座薬は取っておいたので役立ったそうですが市販でも小児用バファリンは3歳から使えて水なしのチュアブルタイプなのでこれはストックしておいた方が良さそうです。

今回話を聞いてみて体験した人でないとわからない事が沢山ありました。絶対に感染はしたくありませんがなった時のために慌てないために色々参考になれば嬉しいです。

今からそうめん買いに行ってきます!!

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
きなこ先生さん

お出かけ・面白い事・くだらない事が大好き!好きな言葉は「SALE」細かい事は気にしないポジティブママです。育児は頑張るではなく楽しむをモットーに毎日過ごしてます☆

きなこ先生さんの記事一覧 v-right