東南アジアで店舗増!

おなじみの「スシロー」が最近東南アジアでも店舗を増やしています。日本人なので海外に住んでいても回転寿司店に行きたくなることがよくあるので、気軽にスシローに行けるのはうれしいです♪

子どもが2歳になり、生もの以外は食べられるものが増えたこと、子どもが絵本や雑誌を通してお寿司を認識し始めたこともあり、今週は2回も訪問しちゃいました。

4カ国語対応のタッチパネル♪

バンコクのスシローではタッチパネルは4か国語対応しています(日本語、英語、タイ語、中国語)。ボタンひとつであっという間に切り替わります。タッチパネルから子ども用のお皿やスプーンなどもオーダーできます(もちろん無料です)。

子連れにやさしい♪

子連れのお客さんも多く、椅子にセットするベビーチェアーも貸していただけて、ベビーカーを置かせていただけるスペースもあります。子どもにはプラスチックコップにお水を入れてださったり、キッズ用のお皿やスプーンなどもあります。店員さんも子どもにとってもフレンドリー♪♪

店内もとても賑やかで子連れのお客さんもかなり多いので、子どもの声など私は気になりませんでした。

豊富なサイドメニュー♪

サイドメニューも豊富でデザートの種類の多さにびっくり!!2歳の子どもが食べられるものもたくさんありましたよ☆お寿司自体もすべて、わさび抜き(必要な人は自分でのせる方式)です。

お値段は日本のスシローに比べたら少しだけお値段が高い印象がありますが、海外で日本の回転寿司のクオリティを堪能でき、子連れにもやさしいというのはかなりポイントが高いです。日本と変わらないサービスの良さにもほっこりします♪

海外スシローも子どもにやさしい♪

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
sakitokuさん

夫の海外駐在に帯同し東南アジアで子育てに奮闘中です!!
UNIQLO,西松屋、無印良品などのプチプラコーデが大好きです。異国の地ならではの子育て情報も発信していきます!

sakitokuさんの記事一覧 v-right