/ 2022.09.27

5歳のわが娘。来年の4月に小学生になります。小学校に向けて、少しでも学習の習慣作りができたらいいなぁと思い、話題の『頭がよくなる! 寝るまえ1分おんどく366日』を購入してみました。

この本は、脳科学の視点から、音読とその効果を捉え「読めば読むほど、ぐんぐん頭が良くなる!」とメディアで取り上げられています。脳の中は、働きごとに8つの『脳番地』に分類されるそうです。

子どもは、脳番地どうしのネットワークが、まだまだ弱い状態で、特に「見たもの」「聴いたもの」を同時に理解することが苦手なようです。

音読で「目で見て」「声に出し」「耳で聴く」という作業を繰り返していくと、だんだんと脳番地同士が繋がり、脳番地が繋がる=脳の発達が促進されていくとのこと!たしかに音読って色々な神経を使いますし「読む力はすべての学習の基盤!」と言われるのも納得です。

「1分おんどく」を始めて1カ月弱たちました

1分おんどくを始めて1カ月弱ですが、今のところ娘は毎日楽しそうに読んでいます。娘の知っている歌や物語もあれば、古典やことわざなど色々なジャンルの言葉に触れられるので、子どもも大人も飽きずに楽しめています。

源氏物語や宮沢賢治などの国語教科書掲載の作品もあるので、私自身も懐かしい気持ちになり、一緒に音読することもあります。何度も繰り返すことで更に理解も深まると思うので、長く楽しめる1冊となりそうです。購入して良かったです!

音読には心と身体を整える効果もあるのだそう!

リンク一覧

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
れもんママさん

夫と5歳娘、1歳息子との4人家族です。
お出掛け・育児・美容など、日々の生活が少しでも楽しくなるような情報を発信したいです。

れもんママさんの記事一覧 v-right