/ 2022.11.05

みなさま、お疲れさまです。うちの息子は休日になると「バッタつかまえに行く!」とはりきります。このバッタ取り、いつまで続くのだろうと思う今日この頃です。みなさまのおうちでは今どんなことがはやっていますか?

※虫の写真があります※苦手な人は下記注意ください※




















※虫が苦手な人はごめんなさい

ぜ〜んぶ緑色のはバッタです。葉っぱでかさ増ししておりません。大人になって、バッタを見ることもなかったのですが、こんなにも大量のバッタを毎週目の前にすることになるとは。

5歳息子の手がバッタにとってちょうどつかまえやすいサイズなのか?毎週つかまえるために息子の腕が上がったからなのか?私は息子ほどバッタに興味がない。今後もきっとそうだろう。でも大きくなったらこんな風に息子が2人で出かけてくれないんだろうなぁ…。

そんなこんなで私自身はボーっとしていると、夢中になってバッタを虫取り網に入れていた、その虫取り網の中がこんなにも大量のバッタに埋め尽くされた。

息子曰く、おんぶバッタを見つけるのが楽しいとのこと(これはもはや大量すぎておんぶばったどころじゃない)。草木が生い茂っていてボーボーのところだとショウリョウバッタの大きさもどデカいのね…。

YouTubeなどで長時間目を酷使するより外でバッタをつかまえてもらってるほうが健康にはいいのかなと思うことも。家に居ると、動画を観たがり困りものです。

バッタをつかまえると、「1匹だけ持って帰りたい、お菓子はもう食べないからいいでしょ?動画の時間守るからいい?」などと交渉もしてくるように。「虫をつかまえるっていうのは家に持って帰ることをつかまえるって言うんだよ。」と謎の5歳息子の持論が展開される。

バッタたち、今日も緑の自然に返してあげよう、そう息子に何度も告げる私でありました。

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ゆうまりさん

5歳息子は認可外の小規模保育園卒園後に幼稚園へ。幼稚園は退園し現在は保育園児。夫とは別居中。ヘアアレンジとオシャレ、時短&節約ワザの情報収集が好き。結婚前は半年に1回、大好きな西表島に逢いに。大自然の中でのアクティビティを親子で楽しむのが夢。

ゆうまりさんの記事一覧 v-right