/ 2022.11.06

学園祭 第2弾は日本大学藝術学部の日芸祭へ

11月3日の文化の日。武蔵野音楽大学の学園祭に引き続き、第2弾として足を運んだのは、日本大学藝術学部の日芸祭。こちらも事前にウェブにて来場予約を行いました。

昨年は在校生のみ入場できる形での開催で、戦隊ヒーローに囲まれた写真は2018年のもの。今年はヒーローショー見られるかな!?

アイドルのお姉さんとゲームを楽しむブース

写真、映画、美術、文芸、演劇、放送、デザイン、音楽の8学科あるということで、キャンパス内が迷路のように複雑!とりあえず入ったブースはアイドルのお姉さん方がお出迎え。

お姉さんとゲームをして勝てばお菓子+100円引きでお姉さんと写真が撮れるチケットがもらえるというもの。負けてもお菓子がもらえました。子どもたちも優しいお姉さん達とジャンケンゲームなどして楽しかったようです。

日芸のマスコット ゲーサイヌのフォトスポットも

2018年の日芸祭にも見かけた日芸のマスコット 『ゲーサイヌ』のフォトスポットコーナーもあり、記念に撮影。ゲーサイヌ本人とはご対面できたものの子どもたちが恥ずかしがり、写真は撮りませんでした。

日芸8学科スタンプラリーも開催

広い構内をスタンプ用紙片手に探しまくる子どもたち。8個のスタンプを集めるのはかなりハードでしたが、一番夢中になっていたのは小学校2年生の次女。スタンプ用紙にカラフルなスタンプが集まっていくのが嬉しくて仕方ない様子で、全スタンプをコンプリート!抽選で豪華賞品がゲットできるかも!?と期待しましたが、飴ちゃんでした。

屋台も出ていました

豚汁や焼きそば、コーヒーなど屋台も出ていました。わたあめ+ジュースという映えるドリンク!?を注文。案の定、わたあめは髪の毛も顔中もベッタベタになりましたが、子どもたちとっても楽しそうだったので、よしとしよう。

やっぱりあった!ヒーローショー

大人気のヒーローショーもありました。遠くからでしたが、子どもたちも楽しんでいました。

キャンパス内を見渡すと芸術的な作品があちらこちらに楽しめます。それぞれのブースには写真や絵が展示されており、その中には子どもたちも実際に大きな紙に絵を描けるコーナーもありました。学生の方が作ったハンドメイドの作品が販売されていたり、ステージやホールでは映像、音楽、ダンス等も観賞できます。とにかく半日では全部は回りきれないほど充実している学園祭です。

なかなか一度にたくさんの芸術に触れる機会はないので、無料で親子で楽しめるこの日芸の学園祭は機会があったら、ぜひ訪れてみてくださいね。

一度にたくさんの芸術に触れられる日芸の学園祭はオススメ

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
ゆずミン♪さん 『3姉妹あるある』なら、おまかせ!自身も3姉妹の3姉妹ママ

11歳(女)、7歳(女)、5歳(女)。
癌サバイバーを経た3姉妹の長女が3姉妹の母となり、気がつけばワーキングマザー歴10年。現在は夫婦それぞれ習い事等で自分磨きに勤しむ余裕!?も。
ワクワクするようなライフハック情報をお届け出来たら嬉しいです。

ゆずミン♪さんの記事一覧 v-right