脂肪はいらんから金が欲しい

こんにちは!5歳と3歳の兄妹育児に日々翻弄されている限界ワーママ、おきらいすです。ライザップが作ったコンビニジム【chocozap(ちょこざっぷ)】が最近かなり気になっているのですが、調べてみたところ近所に店舗が全然ないので終了しました。田舎はつらいよ。

避けては通れない《教育費》の話

突然ですがみなさん、稼いでますか?(本当に突然すぎる)

このご時世に「ウッハウハに稼いでるよ〜〜〜〜!」という家庭の方が少ないかもしれませんが、わが家もだいぶ“お金ない”寄りの世帯です。赤裸々にぶっちゃけますと、二人合わせて毎月の手取りが40万弱。常に懐の寂しいnotパワーカップルです。

そんなわが家ですが先日、長男の大学進学費用を貯めきりました。うちの長男は現在保育園の年長さん。おそらく教育費を工面するのは“早い方”ではないかなと思います。

そこで今回は、わが家がなぜこんなに早く進学費用を貯めきることができたのか?どういう将来設計にしているのか?をお伝えしたいと思います。参考になれば幸いです。

進学にかかる費用は“学費”だけじゃない

まずはじめにお伝えしておくと、貯めきった“大学進学費”と言うのは大学の学費そのもののことではありません。というのも、わが家では学費自体は《学資保険》と《子ども手当》で賄うことにしています。

学資保険は毎月自動引き落とし。子ども手当は一切手をつけず、子ども名義の口座に貯金。

上記の二本柱で、中学卒業時点までに子ども一人あたり500万円ほど貯められる計算です。もし薬学部に行きたいとか言われたら……それはその時考えます(想定できてないやんけ)。

しかしわが家の場合、家庭の方針として「高校を卒業したら一人暮らしさせたい」と考えています。となると問題は“一人暮らしさせるための資金”。子どもに全額負担させるのは現実的に難しいため、毎月の仕送りはマストでしょう。

今回テーマにしているのは、その“毎月の仕送りのためのお金”です。

STEP1|必要な金額を明確化する

一口に仕送りと言っても、4年分×2人分となればかなりの金額です。わが家では、「最低でも家賃は全額払ってあげたいよね」と言う考えのもと、MAXで月10万円の仕送りを想定しています。すると年間120万円。4年で480万円になります。ざっくり1人500万円と計算して、2人分なので1000万円。

つまり、学費とは別に1000万円を準備しなければいけません。これは……大変なことですよ………………。

STEP2|貯金の期限を設定する

金額がある程度確定したら、次は“いつまで”に貯めるかを考えます。

今は子どもが小さいので、お金がかかると言ってもせいぜい保育園料やオムツ代程度。しかし大きくになるにつれて食費もバカにならなくなるでしょうし、お小遣い・携帯代・塾代といった必要経費もどんどん膨らんでいくはず。

FPさんのアドバイス記事などを読んでいても、「“貯めどき”は子どもが小学校の間まで!」と書かれていることがほとんどです。というわけで、わが家は「上の子が小学校を卒業するまで」を貯金の期限としました。

STEP3|毎月の貯金計画を決定する

さて、貯金の目標額といつまでに貯めたいかが決まると、自動的に“月々いくら貯めていかなければいけないか”が確定します。この時点で上の子は3歳前でしたので、残り9年。年間100万ペースで貯めていけばなんとかなりそうです。

年間100万と聞くと多く感じますが、月で割ると8万ちょっと。ボーナスをしっかり貯められる家庭なら、毎月4〜5万程度残せば大丈夫です。こう書き出すと、なんとか貯められそうだと思いませんか?

冒頭でもお伝えした通り、わが家の毎月の手取りは二人合わせて40万弱。そのため、月30万でやりくりすることを当面の目標としました。

ちょっと早めに第一目標達成!

毎月の目標金額が決まれば、あとはその目標に向けて貯めていくのみです。まあ、もちろんここが一番大変なんですけどね……。しかし目標額とゴールを明確にしている分、精神的にはかなり楽でした。

闇雲に“とにかくひたすら節約!1円でも多く貯める!”というわけではなく、「先月多めに貯められたから今月はちょっと緩めても大丈夫だな」などとメリハリをつけて頑張ることができます。

わが家も“お金ない世帯”なりに日々のやりくりをなんとかかんとか続けてきた結果、3年で第一目標である「貯金500万円(子ども一人分)」を達成しました!ちょっとペースが早いのは、夫が途中で転職し、前職場の退職金が多少入ったおかげです。

まずは《貯金計画》を立てるところから!

ちなみにわが家のリアル家計簿はこんな感じ。今は11月なのになぜ1月分のやつをお見せしているのかというと、現在家計簿付けを10カ月滞納してしまっているからです。怠惰すぎる。

しかしこんなズボラ母が家計を握るわが家でも、とりあえず一人分の進学費用は貯められました。元の計画に基づけば、妹の分は6年で貯めればオッケー。いい感じです。とはいえこれに安心しすぎず、残り半分も気を引き締めて貯金していきます。

みなさんも、まずは《貯金の目標》を具体的に明確化するところから始めてみてはいかがでしょうか。一緒に頑張りましょう!

本当は1ミリも頑張りたくないので、不労所得が月5億入ってきてほしい

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
おきらいすさん

とにかく楽して褒められたい系ママ。根っからの大阪人です!賑やかすぎる2歳差兄妹と天然な夫との、笑ってばかりの4人暮らし。口癖は「ま、そういうこともあるよね~」料理も掃除も家計管理も「なんとなく、それっぽく見えたらOK♪」毎日ハナマルです◎

おきらいすさんの記事一覧 v-right