/ 2024.07.08

梅雨の時期、なかなか外で遊べなかったので、おうち遊びが充実していました。なかでも「鉄道将棋」にハマっていたので、今回はその話をしようと思います。

将棋はハードルが高い…

なんとなく親子で将棋をやりたいなーと思っていました。将棋は4、5歳あたりから始められると、ネット記事などを見ていました。ですが、子ども向けの将棋といっても堅苦しいものが多い…。ルールは理解できても、すぐ飽きてしまいそう。そんな感じで、将棋への高いハードルを感じていました。

鉄道将棋に出会う

話を聞くと、保育園では「どうぶつしょうぎ」というものがあるらしく、息子はなんとなくルールを知っている様子でした。ならばと思い、いろいろ調べてみると「鉄道将棋」を見つけたので、早速遊んでみることにしました。

商品名:るるぶ 鉄道将棋
金額:1500円
公式サイト:「鉄道車両」×「将棋」の新感覚知育ゲーム!

鉄道将棋の良いところ

その名の通り駒が鉄道になっているので、鉄道好きにはたまらない様子。駒は5つあります。大雑把に将棋で例えると、「歩2つ」「金」「銀」「王将」の5つのイメージです。駒が少なく盤も小さいので、1回10分程度でプレイすることができます。

遊んでみた感想

まずはオーソドックスな将棋で遊びました。最初に感じたことは、「駒が5つしかないのに奥が深い…」ことでした。大人も真剣になって白熱しました。

はやぶさなどの人気の鉄道は、駒が成ること(相手の陣地まで進むと駒を裏返しにできること)で使えるようになります。なので、息子としては「はやぶさを使えるようにするためには…?」といろいろと戦術を考えながら遊んでいるようでした。

さいごに

今回は、鉄道将棋を親子で遊んでいる話をしました。子ども向けとはいえ、奥が深いので大人も楽しめます。また、子どもがじっくり考える姿を珍しくみることもできました。いつも大きい声で走り回っていますからね。

最後までお読みいただきありがとうございました。将棋への関心を持ってもらえたら嬉しいです。そして、将棋仲間が増えるといいなあと思います。

リンク一覧

crown weekly ranking

この記事を書いたブロガー

ブロガー一覧 arrow-right
まるさん ポジティブに楽しく暮らすシングルファーザー

4歳の長男と楽しく暮らすシングルファーザーです。父親目線での保育園のことや育児、家事について発信していきます。ひとり親家庭や父親に寄り添った情報を増やしたい、という思いで活動を始めました。趣味は読書、スポーツ観戦、晩酌。成長した息子とビール片手にスポーツ観戦することが、小さな夢です。

まるさんの記事一覧 v-right