懸賞の女王、小島かつらさんを知っていますか?懸賞歴19年で当選総額は約2000万円相当(!)という懸賞業界では大変な有名人です。その小島さんから学んだ2つのコツを実践し、1日22件懸賞に応募してみました。さて何個当たったでしょう?

index目次

懸賞って、どんなものがある?

クローズド懸賞&ハガキ応募が狙い目!?

大きく2つに分けて、誰でも応募できる「オープン懸賞」と、商品を購入してシールやレシートを添付して応募する「クローズド懸賞」があります。懸賞の数としてはオープン懸賞の数が多いし気軽に応募できるので、私はオープン懸賞に応募することが多いです。

しかし、毎日のように食卓に上がるハムやソーセージは、定期的にキャンペーンを行っているので、バーコードは切り取って保存しておいて、キャンペーンスタートと同時に応募できるようにしています。

応募方法は「ハガキ」「インターネット」「SNS」があります。ネット・SNSは切手代がかからずに応募できるので、“数を打つ派”向き。一方、ハガキ応募は応募総数がケタ違いに少ないであろう事から、狙い目といえます。

最新の懸賞情報はここでチェック

  • 試写会CLUB
    試写会が、地域ごとに検索できて便利。上映日の1~2カ月前から試写会の募集がはじまるので、マメにサイトをチェックするのがコツです
  • Lucky Dip!
    いろんな企業の懸賞情報がまとめてチェックできます。難易度やおすすめもわかりやすく書いてあり、懸賞初心者さんにもおすすめのサイトです
  • モニプラファンブログ
    当選したものをSNSで紹介する「モニター懸賞」もおすすめ。私はに2年前に登録して、今まで427件当選しました

上記のような懸賞まとめサイトのほか、以下のような会員サイトも、個人情報を毎回入力する事なく応募できるので◎です。

当選のコツ

さて、ここで本題です。懸賞の女王・小島かつらさんから学んだ懸賞の極意は、以下2点です。

コメントはファンレターを書くように

地元スーパー・地元放送局・タウン誌など、地元系の媒体の懸賞は、応募数が少ない分、大手メーカーが全国規模で展開する懸賞より、一通一通ハガキに目を通してもらいやすいから、コメントは効果大。これらの懸賞は「貴重なご意見への謝礼」としてプレゼントするケースが多いんです。…ということは「欲しい!」「当てて!」などはNGワード。

出典:懸賞大好きホームページ「コメントはファンレターを書くように/小島かつら流!懸賞の極意」

クローズド懸賞はスタートダッシュがキモ

キャンペーン期間中、抽選が数回に渡るものについては、キャンペーン開始直後の応募が少ない時期に応募するのが当たりやすいのです。

出典:懸賞大好きホームページ「クローズド懸賞はスタートダッシュがキモ/小島かつら流!懸賞の極意」

この教えを受け、私が書いたコメントはこんなカンジです。

そして、キャンペーン開始後2日以内に応募ハガキが到着するようにしています。

いざ!応募

懸賞応募するのは、子どもが寝付いた後の30分間。貴重なひとり時間に好きな音楽聴きながら、無心で応募作業するのが気分転換にもなります。慣れると30分で22件応募できるようになっていました。

例えば、最近応募したものは以下です。

当選数は?

9月末に応募し、10月中旬時点で3つ当選しました!

~赤いきつね40周年記念~「あなたはどっち!?食べて比べて投票しよう!」キャンペーンは複数回応募期間があるため、早い段階で応募しました。

地元情報誌の企画で、ロボットプログラミング教室の体験2人分当選しました。

過去にはこんなものも当たったことがあります。

小学館・連合試写会「劇場版ポケットモンスターみんなの物語」
伊藤園・健康ミネラル麦茶1箱
ジェイコム・パーティー付でユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ招待!

子どもが大好きなアニメの試写会は、ひとつの映画に対し、ハガキを8~10枚応募します。外れる年もありますが、ほぼ当選しています。

打率8割!

懸賞応募は皆さんそれぞれのやり方がありますが、私は毎日夜30分限定で懸賞応募しているので、選り好みせず、淡々と事務作業のように無心で数打つのが自分に合っているんだと思います。こだわっているのは、コメント欄!書いても書かなくてもいいのですが、

子どもが大好きなアニメ映画。ぜひ喜ぶ笑顔を見たいです

週末の家族の団らんに、おいしいお菓子でワイワイ過ごしたいです!

とその商品に合ったコメントを、自分の中で数個用意しています。そうすれば、商品に合わせてキーワード変えるだけでOKです。コメントがどうしても思いつかない場合、今の時期なら

朝晩寒暖の差が、激しいのでご自愛ください

と、担当の方へのメッセージも◎ さまざまな懸賞サイトがあるので、いろいろ試して自分に合う所を見つけて、懸賞活動するのをおすすめします。

私は、モニター懸賞・オープン懸賞・クローズド懸賞などたくさん応募しているので、平均週3~5件は、何かしら当選品が届いています。あなたもきっと当たるはず!ぜひチャレンジしてください!

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
happydaimamaさん

元気な3人息子のママです♪USJと懸賞が大好きです。

happydaimamaさんの記事一覧 v-right