実りの秋です。秋の味覚がおいしいのはもちろん、スポーツや芸術鑑賞、読書、アウトドアなど…心身の充実にもいい季節ですね。今回はハロウィーンにちなんで、カボチャを丸ごと食べられる、グラタンのレシピをお届けします。

ハロウィーン

今年もハロウィーンの季節がやってきましたね!日本では「仮装して、お菓子をもらうパーティー」のようになっていますが、元々は秋の収穫を祝い、悪霊を払う西洋の行事。

11月1日の万聖節(All Hallows)の前夜「All Hallows’Eve」を短縮して、「ハロウィーン」と呼ばれるようになったそうです。

そんなハロウィーンにちなんだ料理を…ということで、今回はカボチャを贅沢に使った「カボチャグラタンレシピ」をお届けいたします。ほくほくで、皮までおいしいグラタンです。

カボチャグラタンレシピ

材料2~4人分
カボチャ
1/2カット
ベーコン(短冊切りにする)
40g
タマネギ(スライスする)
1/2個
パプリカ(1cm角にカット)
1/2個
小麦粉
大さじ1.5
バター
15g
牛乳
150cc
少々
こしょう
少々
コンソメ顆粒
小さじ1弱
ピザ用チーズ
好きなだけ

※坊ちゃんカボチャが手に入れば、坊ちゃんカボチャを1つ丸ごと使っても作れます
※ベーコンの代わりに、ハムやソーセージを使ってもOK
※パプリカの代わりに、コーンやキノコ類や冷蔵庫にある野菜でもOK

作り方
STEP1
カボチャを水洗いしてスプーンで種をくり抜き、カボチャが立つように底の皮の部分を少しだけカットする。水気を残したままラップに包んで、600Wの電子レンジに4分半かける
STEP2
ベーコン、タマネギ、パプリカに小麦粉をまぶしておく
STEP3
フライパンにバターを溶かし、2を炒め、しんなりしてきたら牛乳、塩、こしょう、コンソメを加え、とろみがつくまで混ぜる
STEP4
1のカボチャに3の具材を詰めて、ピザ用チーズをのせ、250℃に予熱したオーブンで、こんがり焼き色がつくまで約10分焼く(焼き時間はオーブンの機種によって異なりますので、様子を見ながら調整してください)
完成!

「こうしなきゃ!」を捨てる

私のレシピは「きっちり」ではなく、かなり「ざっくり」したものが多いです。分量に「適量」とか「好きなだけ」をよく使ってしまいます。(笑)でも、それでいいと思うのです。味の濃さや好みは人それぞれ。ですので、食べる人の好みに合わせて、分量を変えればいいと思うのです。

例えば、今回のレシピの中の「ピザ用チーズ」の欄にも、「好きなだけ」が登場します。私はチーズたっぷり派ですが、友人はチーズ少な目派です。

使う具材も自由でよいと思うのです。レシピの注釈にも入れましたが、好きな具材を好きな組み合わせで入れて作った方が絶対においしいに決まっています(「そもそもパプリカなんて家には存在しない」と、ある友人から言われました)。

「ああしなきゃ」「こうしなきゃ」と考えながら料理をするのって、肩が凝ります。料理はもっと自由でワクワクするものです。

「なんや!こんなに簡単やったんや!」「料理って意外と楽しいやん!」「自分で作るっておいしいなぁ。うれしいなぁ。」今まで気付かなかった気持ちに、気付くヒントをこれからもお届けできれば、うれしいです。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
ぷっちょさん

専門分野である『食』に関する記事、生活の中に植物を取り入れた心豊かな暮らしのご提案に関する記事をお届けします。皆さまの小さな幸せ配達人になれますように!

ぷっちょさんの記事一覧 v-right