子どもも大人も大好き「卵」。目玉焼きにだし巻、オムレツ…卵は日々、台所で大活躍です。今回は冷蔵庫で5日ほど保存ができ、そのまま食べる他に、お弁当に入れたりアレンジしたり、と大活躍する「煮卵」のレシピと、アレンジアイデアをいくつか紹介します。

index目次

シンプルな煮卵レシピ

普段、家庭で使う調味料と卵だけで作る、シンプルなレシピです。

材料 5個分
4~5個
A
水、酒
各125ml
みりん
50ml
しょう油
50ml
砂糖
小さじ1
作り方
STEP1
卵は常温に戻しておく。鍋にたっぷりのお湯を沸かし、沸騰したら卵をおたまなどでそっと入れ、7分ゆでたらすぐに卵を冷水で冷やし、殻をキレイにむく
STEP2
小鍋にAを入れ強火にかけ、沸騰してきたら中火にし、アルコールをとばす
STEP3
1の卵を2に入れ、冷めたら保存容器に移し、冷蔵庫で保存する

こだわりの煮卵レシピ

調味料に少しこだわって、味に変化と奥行きをプラス。クセになる味わいです。作り方は、上の「シンプルな煮卵」と同じです。

材料 5個分
4~5個
A
水、酒
各100ml
しょう油
大さじ2
砂糖
大さじ2
ナンプラー、オイスターソース
各大さじ1

まずは、そのままで

味がしっかり染み込んだ煮卵は、シンプルにそのまま食べておいしいです。

お弁当に詰めて

冷蔵庫に煮卵があれば、切ってそのままお弁当のおかずに。黄色い黄身の色で、お弁当が華やぎます。

いとしの、ばくだんおにぎり

おにぎりの真ん中に煮卵を詰めてにぎり、ぐるっとのりで包みます。食べごたえ満点のおにぎりです。ご飯に煮卵の煮汁を少し混ぜて、味をつけると◎。

実は…パンにも合う!

食パンを軽く焼いて、レタスとカリカリに焼いたベーコン、スライスした煮卵をのせます。忙しい朝でもリッチな気分に。

食事は毎日の事だから、味や見た目を工夫して、小さな発見を楽しみたい

と思っています。

料理は、単純にお腹を満たすだけではなく、心を満足させる「喜び」や「豊かさ」を備えています。食事は日々繰り返されるもので、家族のパワーの源です。だからこそ、新しい発見やちょっとした工夫で、一食一食を楽しみたいと思います。

この記事が、みなさまの「ちょっとした発見」のお役に立てたられたら、うれしいです。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
ぷっちょさん
プラチナライター

専門分野である『食』に関する記事、生活の中に植物を取り入れた心豊かな暮らしのご提案に関する記事をお届けします。皆さまの小さな幸せ配達人になれますように!

ぷっちょさんの記事一覧 v-right