家で気軽においしいパイが楽しめる「冷凍パイシート」。それに切っただけの具材をのっけて、焼くだけの超簡単パイです。これにアイスを添えたら、間違いないおいしさ!食欲の秋はおいしいものがあふれててワクワクですね♪

index目次

定番アップルパイも切ってのせて焼くだけ!

材料 作りやすい量
リンゴ
1個
冷凍パイシート
1枚
グラニュー糖
大さじ2
シナモンパウダー(あれば)
少々

作り方
所要時間40
STEP1
冷凍パイシートを冷凍庫から出し、半解凍状態にする間に、リンゴを2~3mmの厚さに切る。オーブンは200℃に温めておく
STEP2
パイシートをオーブンシートの上にのせ、1.5倍くらいの大きさになるように、めん棒などで伸ばす。元々開いている穴がつぶれてしまうので、フォークなどで刺して、穴を開ける
STEP3
リンゴを並べ、その上からグラニュー糖とシナモンパウダーをかける
STEP4
200℃のオーブンで20分ほど焼き、色づいてきたら温度を180℃に下げて、さらに10分ほど焼く。フライ返しなどを使って、裏もしっかり火が通っているかを確認し、網などの上にのせて冷ます
STEP5
完成!

サツマイモも切ってのせて焼くだけ!

材料 作りやすい量
サツマイモ
やや小さめ1本
冷凍パイシート
1枚
オイル
適量
グラニュー糖
大さじ2
シナモンパウダー(あれば)
少々

※オイルは普段料理に使っているものでOKですが、オリーブオイルやごま油だと、甘いパイには不向きかもしれません。私は普段使っている菜種油を使っています。ココナッツオイルなどもおいしそうですね

作り方
所要時間45
STEP1
冷凍パイシートを冷凍庫から出し、半解凍状態にする間に、サツマイモを7~8mmの厚さに切り、変色を防ぐために5分ほど水にさらす。オーブンは200℃に温めておく
STEP2
パイシートをオーブンシートの上にのせ、1.5倍くらいの大きさになるように、めん棒などで伸ばす。元々開いている穴がつぶれてしまうので、フォークなどで刺して、穴を開ける
STEP3
水にさらしたサツマイモはザルにあげて水を切り、全体にまわるようオイルをまぶす(サツマイモの乾燥しすぎ予防のため)
STEP4
パイシートにサツマイモを並べ、その上からグラニュー糖とシナモンパウダーをかける
STEP5
200℃のオーブンで20分ほど焼き、色づいてきたら温度を180℃に下げて、さらに10分ほど焼く。裏もしっかり火が通っているようなら、網などの上にのせて冷ませば完成!

パイシートは伸ばさなくても使えます!さらに時短!

パイシートを伸ばさずに、そのままのせて焼くと高さが出ます。焼く時間もほぼ同じです。リンゴは1/2個分をのせています。

粗熱が取れたら、カットしてめしあがれ!

今回の器の話

確か10年以上前、岡山を訪れた際に、岡山市内の特産品を扱うお店で見つけた小皿です。和菓子だけではなく、洋菓子をのせてもかわいい。例によってかけていますが、ヘビロテの証拠です(笑)。

岡山といえば備前焼が有名ですが、その頃は備前焼にはそれほど興味がなく、こちらを選びました。でも、今度訪れるときは備前焼のお皿も見たいな~と思います!そろそろ備前焼の渋さに、魅力を感じる大人になってきたのかな?(笑)

おいしいものがあふれる秋。なんだかワクワクしますね!

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
すなみかずみさん
プラチナライター

小5男子、小1女子、年少男子のママ。家族みんなが食いしん坊!酵母でパンを焼いたり味噌を仕込んだり「食べもの作り」が好きです!

すなみかずみさんの記事一覧 v-right