お店に並ぶサツマイモが丸々大きくなって、まさに今が旬!800gほどある、大きなサツマイモが130円で売られていました!「安くて甘くておいしい」サツマイモはみんな大好き♪食欲の秋にパクパク食べてしまっても許せるレシピを紹介します!

index目次

揚げてかけるだけ!「芋けんぴ」

材料 小1本分
サツマイモ
小1本(約150g)
揚げ油
適量
A
グラニュー糖
小さじ1
B
シナモンシュガー
小さじ1
C
抹茶
小さじ1/2
グラニュー糖
小さじ1
D
きな粉
小さじ1
食塩
ひとつまみ
作り方
所要時間10
STEP1
サツマイモはマッチ棒くらいの太さに切る
STEP2
たっぷりの水にさらしてアクを抜き、水気をよく拭き取る
STEP3
油で素揚げする
STEP4
キッチンペーパーなどにあげ、余分な油を落とす
STEP5
トッピングA~Dを好みでふりかけて、完成

味付けはなんでも

A:グラニュー糖は間違いなく合う!
C:抹茶+グラニュー糖は大人な甘さ
D:きな粉+塩はフライドポテトのよう

もちろん味付けしない状態でも、カリッとした食感と自然な甘さで、パクパク食べられます。甘党なら、黒砂糖やキャラメルソース、チョコソース、練乳などもいいですよ。辛いものが好きな人には、カレー味の調味料や七味なども合うかも!? 揚げてふりかけるだけの簡単おやつ。自分好みの味付けを探してみてください!

つぶして丸めるだけ!「サツマイモ茶巾」

材料 5つ分
サツマイモ
100g
砂糖
10g
食塩
ひとつまみ
抹茶
小さじ1~2
作り方
所要時間10
STEP1
サツマイモは皮をむき一口大に切り、やわらかくゆでる(レンジでやわらかくしてもよい)
STEP2
熱いうちに、砂糖と食塩を加えてつぶす
STEP3
2の半量には、さらに抹茶を混ぜる
STEP4
ラップに1/4~1/5ほど取り、きゅっと絞ってお皿に盛れば、完成 ※プレーンと抹茶入りのイモを半々ずつ、一緒に絞れば2色の茶巾になります

茶巾にフルーツを足して「フルーツきんとき」

材料 5つ分
サツマイモ
100g
砂糖
10g
食塩
ひとつまみ
みかん缶
5~6粒
リンゴ
1/8個
砂糖
小さじ1
クラッカー
お好みで
作り方
所要時間15
STEP1
茶巾を作る要領で、イモと砂糖、食塩を混ぜてつぶしておく
STEP2
リンゴは薄切りにし、砂糖小さじ1と混ぜてラップをし、レンジで1分~1分半加熱する
STEP3
つぶしたイモにみかん缶、リンゴを混ぜる
STEP4
好みでクラッカーの上にのせて、完成(クラッカーはなくてもよい)

アレンジ無限大

今回、フルーツはみかんとリンゴでしたが、パインでもぶどうでもキウイでも、何でも合います。また、リンゴは甘煮にしましたが、もちろん生でも大丈夫。生の方がシャキシャキ食感を楽しめます。クラッカーはなくてもいいのですが、その塩気がプラスされて、ますます食が進むスイーツになりますよ。

つるんと食べちゃう!「芋ようかん」

材料 10cm大1個分
サツマイモ
250g
粉寒天
小さじ1(2g)
150cc
砂糖
40g
A
サツマイモ(ゆでたもの)
60g~80g
砂糖
大さじ1
大さじ1
作り方
所要時間30
STEP1
サツマイモは皮をむき一口大に切り、ゆでてやわらかくする。Aの分を残し、熱いうちに裏ごしする
STEP2
Aでサツマイモトッピングを作っておく。ゆでたイモは、5mm~8mmほどの厚さに切る。砂糖と水を合わせて、レンジで溶かし、イモを漬けておく
STEP3
鍋に水と粉寒天、砂糖を入れ、煮溶かす
STEP4
裏ごしたサツマイモを加え、よく混ぜる
STEP5
10cm大の容器に、2で作ったトッピングを敷きつめる
STEP6
4で混ぜたものを流し入れ、粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やし固める
STEP7
型から取り出し、切り分けて完成

本当は栗を使いたいのだけれど…

本来なら栗の甘露煮をのせたいところですが、高価ですし常備している食材ではありません。そのため、今回は余っているサツマイモを利用して、ダブル使いをしてみました。多めにゆでるだけなので、楽チンですよ。

ようかんがつるっとしているのに、上のサツマイモがホクホク。不思議な食感を生み出したいので、上にのせるサツマイモは厚めに切るのがベスト!

ホクホクとモチモチ!「サツマイモとリンゴのおやき」

材料 小さめ4つ分
サツマイモ
60~80g
リンゴ
1/8個
砂糖
小さじ1
シナモンシュガー
小さじ1/2~1
A
薄力粉
大さじ3
大さじ2
焼き油
適量
作り方
所要時間10
STEP1
サツマイモは厚めのいちょう切りにして、レンジで加熱する
STEP2
リンゴは薄切りにして、砂糖をまぶし、レンジで加熱する
STEP3
ボウルにAを入れて、混ぜ合わせる
STEP4
13と、シナモンシュガーを合わせる
STEP5
フライパンに油を熱し、4等分して、両面をこんがりと焼いたら完成

中のイモはホクホクなのに、生地はモチモチ、リンゴはシャキシャキ。4つ食べると、かなりの満足感があるので、おやつにピッタリ。このままでも素朴な甘さがありますが、物足りない人はグラニュー糖やハチミツを、後からかけてもいいですね。

小さくてかわいい「サツマイモのミニパン」

材料 10個分
サツマイモ
100g
薄力粉
75g
ベーキングパウダー
小1/2
A
砂糖
大さじ1
ハチミツ
大さじ1
サラダ油
大さじ1
食塩
少々
作り方
所要時間20
STEP1
サツマイモは皮をむいて一口大に切り、やわらかくゆでてつぶしておく
STEP2
つぶしたサツマイモに、Aを加えて混ぜる
STEP3
薄力粉とベーキングパウダーを合わせて、加える
STEP4
丸くまるめて、180℃に温めたオーブンで、15分焼いたら完成

これはパンです

サツマイモのマッシュが余ったので、「油と粉を足して焼いたら、クッキーになるのでは?」と思い、作ってみました。できあがりは…パンですね。ふわっとした食感と素朴な甘さは、赤ちゃんの頃に食べていた、あのパン。

薄く伸ばした2枚を重ね、三角に切って焼いたら、スコーンにもなりそう!このままでも食べられますが、甘みが足りない場合には、ハチミツやメープルシロップをたらしたり、ジャムを添えたりするとgood!

ハチミツとの相性抜群◎

丸々と大きなイモ、使いきれない!?

サツマイモが安い!こんな大きなイモが130円!後で計ったところ、800g近くもありました!「買おうか、でも買っても使い切れないし…」と葛藤したことのある人は多いのでは?

今回、私は一気にゆでて、形を残したものはサラダのトッピングやみそ汁に。マッシュしたものは、それぞれのスイーツに使いました。

実は、サツマイモは冷凍保存もできるのです。切った状態やゆでた状態、マッシュした状態でも大丈夫。保存袋に密封して冷凍します。冷凍すると、多少色が黒くなってしまいますが、料理などに混ぜれば気になりません。

自然解凍し、煮物やみそ汁、ケーキの具など簡単に調理できますよ!安く売っているなら、大きなものでも買いたいですね。

サツマイモをつぶすときは、熱いうちに!

サツマイモは冷めると固くなるので、マッシュするのもひと苦労…。コツはこれだけ!あとは簡単な作業で、親子でも楽しめるクッキング。食欲の秋に、ヘルシーなスイーツでお腹を満たしましょう♪

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
みつかママさん

長女出産後に2年働きました。今は3人の子どもを育てる専業主婦です。家にいても時間がない!家事は朝終え、日中は子ども優先!管理栄養士資格有り。

みつかママさんの記事一覧 v-right