/ 2017.07.24

気になるワード「ズパゲッティ」の正体とは?実は洋服の廃材をリサイクルして作られた欧州生まれのエコな極太糸だった!ハンドメイド業界ではエコ素材を使った小物作りが大人気。娘のリクエストに応えて手芸苦手ママが小物作りに挑戦した結果は?

index目次


こんにちは、全力ママの伊藤です。湿気や暑さが多い日が続き親子でバテバテなわが家は、ついつい食事も冷やしうどん・そば・そうめんやスパゲティなど、冷たい麺メニューばかりを作ってしまい、夏前なのに麺のレパートリーがなくなりつつあります。

そんな麺料理が好きな人にお聞きしたいのが「ズパゲッティ」という言葉。スパゲティではありませんよ、ズパゲッティです。SNSでも、徐々に人気が出ているこの検索ワード、聞いたことありませんか?

話題のズパゲッティってなに?作れるの?

まず初めに想像したのが、ズルズルとラーメンのように食べるスープたっぷりのスープパスタ全般。しかもスープがからみやすい平麺で、今の時期に人気の冷静トマトスープ系のさっぱりしたスープパスタなのではないかと妄想してしまいました。

しかし、残念ながら「ズパゲッティ」「専門店」などで検索しましても美味しいお店情報はなく、なぜか小物やバッグの画像ばかり。

ならば作って見よう!と思い某大手レシピサイトで「ズパゲッティ」で検索してもやっぱり出てこない。ちょっと待って、もしかして食べ物ではない?

ズパゲッティの正体はとってもエコな編み糸

なんとずっと食べ物だと思っていたズパゲッティとは、オランダの女性実業家によって開発された「Tシャツやカットソーなどの廃材から作られたコットン素材の糸」だったのです。

Hoooked社が、欧州のファッションメーカーやアパレル産業で大量に出る洋服の廃棄部分を、アップサイクル(リサイクルして生まれ変わらせたこと)によって生み出したのがHoooked Zpagetti(フックドゥズパゲッティ)。

裁断余分から作られているため、製造時期やトレンドにより糸につなぎ目や穴があったり、太さ・色・柄・濃淡も糸玉によって様々という個性とエコを兼ね備えた今時のハンドメイド素材でした。

Hoooked社のブランドストーリーも合わせてどうぞ。

娘の発言が手芸苦手ママの心を動かした

不器用で手芸が苦手の私がなぜこのズパゲッティの存在を知ったかと言うと、きっかけは、小学生の娘が「移動式ポケット」を欲しがったから。

「移動式ポケット」は市販されていたり、ハンドメイドの簡単な作り方も公開されているのですが、わが家にはミシンはおろか、帽子のゴム付け替えだけに購入した100均の針・糸以上のソーイングセットが1つ。

そして母の不器用さゆえ、布製は作れないと判断し、ならば針を使わない方法でポケットを作れないか?と素材を探していたところ、なにやらオシャレなクラッチバッグを発見。

このクラッチバッグとの出会いで、ズパゲッティという素材の存在を知ることになりました。そしてこの素材はネットでも購入できるのですが、どの手芸用品販売サイトも品薄状態!

なんとか実物を手にしたいと探したところ、新宿の東急ハンズで単色のみ販売していたので、ライトブルー(1800円・税別)とズパゲッティに適した10.0mmの編み棒(500円・税別)も一緒に購入して、さっそく「移動式ポケット」を編んでみることにしました。

1玉・約120m巻きなので大きい!そして重い!

上からのぞくとこんな感じ

糸はコットン製なので伸縮性があり、両端がクルクルしているのが特徴。

1枚のTシャツから作るので、糸の色合いが場所によって異なります。

ズボラで編み物初心者の私は、短いマフラーを編み、それを三つ折りにして、ポケット風にしようと完成品を想像し、子どもたちがテレビに夢中になっている間にTRY!

基本的な編み方の鍵編みしかでき無いので動画を参考に編み始めました。

ストロー並の太い鍵棒は初心者でも細かいことを気にせず編めます。

鍵編みは難しい技術不要な編み方なので、いつの間にか長くなっていました。

蓋の部分は色を変えるため他のカラーを入れてバイカラーに。

これを三つ折りにして端を閉じればポケットできるんじゃない?!

オリジナル移動式ポケットの反応は!?

編み始めて2時間。完成間近になったので娘を呼び、ちょっと試着させてみたところ。娘は…

ママ。これ大きすぎる。重くて学校に付ていけないから、(移動式ポケット)買おう

明らかに「ポケット」サイズではなく「ポーチ」サイズの存在感がある小物完成。ママ、張り切りすぎました。

糸が太いのでザクザク編めるので、仕上がりは結構しっかりとしたポーチになってしまいました。コットン100%素材の糸はミサンガ用の細い刺繍糸と比べると厚みが出て重い!

移動式ポケットは不採用となりましたが、娘はカラーがとても気に入ってくれたのでズパゲッティで編んだ紐を付、ミニタオルとキッズケータイが入る斜め掛けバッグになりましたとさ。

蓋の部分はヘアゴムをボタン代わりにして、紐を引っ掛けるタイプにしてみました。

ちなみにダイソーでも1玉108円で「Tシャツヤーン」という商品が販売されています。デニムからできた「デニムヤーン」も見た目のかわいに惹かれて購入して見ましたが、糸くずがすごい…。デニム生地は扱いに注意が必要です。

無地や柄物の「Tシャツヤーン」は糸くずもないので、これはコスパ良く編めそうです!

また、ズパゲッティで編む小物の動画はたくさん公開されています。超ド級初心者の私は以下の動画を参考にまずはブレスレットを作ってみることに。
https://www.youtube.com/watch?v=cvvFImRoBNA

5分で完成!指編みで出来るブレスレット

ちょっと待って。ナニナニ?簡単すぎる!指編みでこんなにかわいいブレスレットが作れるなんて。制作時間5分。指編みで編んだブレスレットにモチーフや穴が大きいビーズを付れば完成です。これは親子でハマります!

2連ブレスとしてもオシャレですし、布なのでプールやお風呂などに付て入っても濡れても大丈夫!台所家事が多い主婦にはうれしいですね!つけて行ったその日に保育園のママ友に、さっそくおソロが欲しいと頼まれました。

お花の名前みたいな帽子やバッグに適した素材も!

こちらはズパゲッティとは違いますが、「エコアンダリア」という再生繊維で、こちらも燃焼時に有害物質の発生がほとんどなく、植物繊維を元にしているため土にかえるエコ素材です。

カゴとしても帽子としても涼しげで、ざっくり編みができるので夏向け小物にはピッタリの素材ですね!不器用な私に編み物を教えてくれた友人が「エコアンダリア」でクラッチバッグを作ってくれました。

バイカラーにするとトレンド感満載でかわいい!

かごバッグや見た目が涼しい帽子は、夏のファッションに取り入れたい小物。でも、大きい割には柔軟性がなかったり、持っている財布やポーチのサイズに合わず入らなかったり。

季節のアイテムはプチプラで揃えたいのが本音!この夏、オシャレママはぜひ色も大きさも自分好みのハンドメイド小物作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
meguさん

大学事務員とグラフィックデザイナーの掛け持ちをしている4男3女の7児ワーママ。趣味はネイルとフラワーゼリー。子連れでも大規模な展示会や旅行へ行くアクティブ派。フラワーゼリー認定講師としても活動中。

meguさんの記事一覧 v-right