寒くなると食べたくなる「ロールキャベツ」。子どもも大好きなメニューですが、家で作ろうとすると、やることが多くて大変!そんなロールキャベツを、全工程20分以内で作れる、小ワザを駆使したレシピを紹介します。

index目次

20分ロールキャベツの工程

  • START
    キャベツの下処理

    はがし方がポイント!芯だって無駄にしません

  • 10分後
    楽しく巻き巻き

    はみ出ても気にしない!

  • 15分後
    圧力鍋で加熱!

    煮込み中にトマトソースを作りましょう

  • 20分後
    フィニッシュ!切り分けて完成

    チーズがとろ~り、おいしそう!

ロールキャベツ作りの“できない”ポイントと解決策

キャベツの葉をキレイにはがせない

キャベツを1枚ずつはがそうとすると、こんな経験ありませんか?

思わぬところからビリビリに…

解決策は、はがす方向にあり

ロールキャベツ作りには欠かせない「やぶれていない葉」。実はスタートの場所を変えるだけで、わりとキレイにはがせるのです。

包丁を芯の根元に刺す
そのまま包丁ではがすだけ

キャベツの葉をキレイに巻けない

キレイにはがせたキャベツ。具をのせて巻こうとしても、「バキバキ」っと。かたい葉がやぶけます…(悲)

解決策は、レンジアップのひと手間にあり

ラップをしてレンジで2分

やわらかくなり過ぎず、でも崩れずに巻けるかたさになります。

具を作るのが面倒。ひき肉生地を巻くのも大変

ロールキャベツといったら、中身のハンバーグも子どもに人気!…ですが、ハンバーグ生地を作るのもひと苦労。それをさらにキャベツで巻いて煮込む…なんて、よっぽどの料理好きでないとできないと思います(ちなみに私はやりたくない派)。

解決策は、新たに作らない具にシフト!

それならば、「作らなくていい」具材でOK。そのまま巻けるウインナーや薄切り肉がベストです。とろけるチーズもアクセントに。

ひき肉生地と違って巻きやすく、はみ出ても問題なし

煮込む時間が取れない

通常のロールキャベツだと、味を染みこませようなんて考えたら、煮込み時間は30分以上!? そんなの考えられない。

解決策は、圧力鍋で時短

煮込み時間の短縮なら「圧力鍋」!今回のレシピの場合、加圧2分でしっかりと味が染みこみますよ。

味付けが不安

ここまで頑張って作ったので、味付けで失敗したくありません。

うま味がぎゅっと詰まった煮汁 or 手作りトマトソースでばっちり!

今回のレシピでは、ウインナーやチーズのうま味も煮汁に染み出しています。煮汁をかけるだけでも満足ですが、手作りのトマトソースをかけても、また違った味に。

では、作ってみましょう!

材料 10個分
キャベツ
約10枚
ウインナー
5本
豚薄切り肉
5枚
とろけるチーズ
5枚分
A
200cc
コンソメ
1個
小さじ1/4
B
タマネギ
1/8個
カットトマト缶
1/2缶
小さじ1/4
白こしょう
少々
ハーブミックス
あれば
パセリ粉
少々
作り方
所要時間20
STEP1
キャベツの葉は1枚ずつ、約10枚分はがします(上記の要領で。もし途中でやぶれても気にしない!)
STEP2
巻くときに邪魔になるので、芯をそぎ落とす
STEP3
2を耐熱皿にのせてラップをかけ、レンジで2分加熱する
STEP4
3を広げ、半分量にスライスチーズの上にウインナーをのせて巻き、残りの半分量に豚薄切り肉の上に、とろけるチーズをのせて巻く
STEP5
巻き終わったら、圧力鍋に重ならないように並べて、Aを入れて加熱。圧がかかったら、低圧で2分加圧する
STEP6
加圧中に2でそぎ落とした芯と、Bのタマネギをみじん切りにする
STEP7
フライパンに油を熱し、6の野菜を炒め、Bの残りで調味してトマトソースを作る
STEP8
ロールキャベツを鍋から取り出して切り分け、煮込んだ汁もしくは7のトマトソースをかけ、パセリ粉を散らして完成!

ママも子どももうれしい&おいしいレシピ

見た目は「ちゃんと」ロールキャベツ!でも、いろいろと「手抜き」して仕上げているので、予想外に簡単に作れます。ウインナーやチーズのうま味が、複雑な味を生み出してくれるので失敗知らず。このレシピなら、野菜嫌いな娘たちも、パクパク食べてくれます。

わぁ~!ロールキャベツだ~!おいしい~♪

と家族に言わせてみましょう!

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
みつかママさん

長女出産後に2年働きました。今は3人の子どもを育てる専業主婦です。家にいても時間がない!家事は朝終え、日中は子ども優先!管理栄養士資格有り。

みつかママさんの記事一覧 v-right