日常の中で、作る楽しさ・うれしさを無理なく増やしていけるように、「身近な材料で、誰でもおいしく作れるレシピ」を追求し続けています。今回のドーナツレシピが、みなさんの中の「作りやすくておいしい、お気に入りレシピ」になれたらうれしいです♪

index目次

ドーナツといえば…

ドーナツといえば!ミスタードーナツ、クリスピークリームドーナツ、はらドーナツ、フロレスタ…など、おいしいドーナツ屋さんがいっぱいです。

でも…、知っていましたか?自宅で作るドーナツのおいしさを!材料も作り方も、とってもシンプルでありながら、おいしい。

わが家では、私がドーナツを作るようになってから、娘も夫もお店のドーナツを欲しがらなくなりました。「だって、ママのドーナツの方がおいしいもん!」だそうです!なんて褒め上手なわが家族(笑)。

やっぱり、お店のドーナツはおいしいです。でも、自宅で作るドーナツも引けをとらないくらいおいしいのです。今日はだまされたと思って、私と一緒に自家製ドーナツを作ってみませんか?

作り方は意外と簡単(うれしいポイントですよね)!そして、揚げたてのドーナツは絶品なのです(大事なところです)。

バレンタインデーやホワイトデーのプレゼントにも

おいしくできたら、誰かとおいしさを分かち合いたい!と私は思います。レシピと一緒に、簡単なラッピングやデコレーションアイデアもお届けしますね。これから迎えるバレンタインデーや、ホワイトデーのプレゼントにいかがですか?

自家製ドーナツレシピ

わが家のおやつの定番、自家製ドーナツは、さっくり&ふんわり、そしてやさしい甘さの、ほっこり懐かしい味のドーナツです。

材料 約30個分
バター
30g
1個
牛乳
約25ml
薄力粉
150g
コーンスターチ
30g
ベーキングパウダー
小さじ2
きび砂糖(または上白糖)
60g
2g
作り方
STEP1
バターは湯せんで溶かしておく。卵を割りほぐし、牛乳と合わせて80mlになるようにしておく
STEP2
ボウルに残りの材料をすべてふるい入れ、全体が混ざるように、泡だて器でかき混ぜる
STEP3
12に加え、粉っぽさがなくなるまで、よく混ぜあわせる
STEP4
打ち粉をしたラップの上に3をのせ、表面にも打ち粉をして包み、冷蔵庫で1時間ほど生地を休ませる

  

STEP5
打ち粉をした作業台に4をのせ、表面にも打ち粉をして、麺棒で約1.5cmの厚さに伸ばし、直径3cmの丸形で型抜きする※抜き型はドーナツ型など、好きな型を使ってください。型がない場合は、手で丸めてもOK
STEP6
170℃の揚げ油で、両面がこんがりきつね色になるまで揚げる

おめかしドーナツ

揚げたてをそのままシンプルに食べるのが、私は一番好きです。でも、ときにはチョコやナッツ、ベリーを使って、ちょっぴりおめかしドーナツも作りたくなります。

  • 白いトッピング・・・ホワイトチョコを湯せんで溶かしたもの。上にはドライクランベリーをのせています
  • 緑のトッピング・・・湯せんで溶かしたホワイトチョコに抹茶パウダーを混ぜたもの(ホワイトチョコ10gに対して、小さじ1/4の抹茶パウダーを使用)
  • ピンクのトッピング・・・湯せんで溶かしたホワイトチョコに、イチゴパウダーを混ぜたもの(ホワイトチョコ10gに対して、小さじ1/4のイチゴパウダーを使用)。上にフリーズドライのイチゴをのせています
  • 茶色のトッピング・・・ミルクチョコレートを湯せんで溶かしたもの。上にアーモンドやアラザンをのせています

トッピングは、好きなものを好きなだけのせる!が一番素敵だと思います。みんな好みはそれぞれですしね。

湯せんで溶かしたチョコやチョコシロップ、アラザン、ナッツなどを用意しておけば、子どもたちはきっと大喜びするはずです(娘と娘のお友達はいつも大興奮です)。

子どもたちが大好きな、キラキラのアラザンや抹茶パウダーなどは、100円ショップで購入可能
フリーズドライのイチゴパウダーやクランベリーパウダーは、「富澤商店」で購入可能で、ネットでも注文できます

さりげなく、でも、心を込めたラッピングを

子どもの頃からお菓子作りが好きで、お菓子を作ると友達に配り歩いていました(実は迷惑がられていたかも!?笑)。ちょっとプレゼントしたいときに、そのまま渡すのは何だか味気ない感じ。かと言って、ゴテゴテ飾り立てるのは苦手な私。

そんな私がラッピングに使う材料は、家にあるものや100円ショップで手軽に買えるシンプルなもの、お気に入りのお菓子の空き箱などです。簡単なラッピングアイデアをいくつか紹介します!みなさんの参考になるものがあるとうれしいです。

100円ショップで購入できる紙コップや、透明のプラカップをよく使います
紙コップを使った、お手軽スタイル。持ち寄りパーティーやピクニックにも◎
少し大きめのプラカップを使うと、雰囲気が変わります
この缶もセリアで見つけました。中身が一緒でも、見せ方で雰囲気がガラッと変わるので、おもしろいですね
気に入ったチョコレートや、お菓子の空き箱たちを使ったラッピングも意外とイケます

気張ったラッピングをする必要はないけれど、贈り物はやっぱり心を込めて包みたいです。ほんのひと工夫と、一緒に気持ちを包む感じで。

※作り方やラッピングに関する質問など、気軽にコメント欄にご記入ください。可能な限り、お応えさせていただきたいと思っております

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
ぷっちょさん

専門分野である『食』に関する記事、生活の中に植物を取り入れた心豊かな暮らしのご提案に関する記事をお届けします。皆さまの小さな幸せ配達人になれますように!

ぷっちょさんの記事一覧 v-right