今が旬の牡蠣は、「海のミルク」と言われるほど栄養価が高く、濃厚でクリーミーです。今日は、ホテル時代に和食の料理長から教わった、旬の牡蠣をさらにおいしくいただく簡単裏ワザと、冷蔵庫で1週間ほど保存可能なレシピをお届けします。

index目次

牡蠣は今が旬!

牡蠣(真がき)は、産卵を終えた冬の11月頃からおいしくなり始め、最もおいしくなるのは産卵の準備に入る3~4月頃と言われています。5月から8月の産卵で、溜めていた栄養分を一気に産卵に使ってしまうため、この時期の牡蠣は身が細り、味が落ちてしまうそうです。

知っているのと知らないのとでは大違い。せっかくだから、旬のおいしい時期の牡蠣を味わいたいですね。

ほんのひと手間、たったこれだけでおいしさUP!

みなさんは牡蠣が好きですか?私は大好きです!でも、わたしのまわりには「牡蠣の生臭さが苦手」という人も結構います。そんな人に試していただきたい「牡蠣の下処理法」があります。

下処理と言っても難しいものではなく、ほんのひと手間で簡単にできます。方法はとてもシンプル!大根おろしで牡蠣を洗うのです。用意するものは、牡蠣と大根おろし(牡蠣の量によりますが、300gの牡蠣で大根10cm分くらい)です。

用意した牡蠣と大根おろしをボウルに入れ、手で軽くもみます。すると、大根おろしが黒っぽく色づいてきます。牡蠣に付着しているぬめりが、生臭さの原因と言われています。

大根おろしで牡蠣をやさしくもみ洗いすることで、大根に含まれる酵素が臭みの元となるたんぱく質を分解して、牡蠣のおいしさをより楽しめるようになります。

大根おろしで洗った後は、軽く塩水で洗うと、うまみが逃げにくくなります。

わが家の冬の定番レシピ「牡蠣のオイルマリネ」

牡蠣がおいしい時期に作りたい、うまみたっぷりのオイル漬けです。牡蠣料理の中でも作り続けている、お気に入りレシピです。

ワイン、ビールや日本酒、焼酎のおつまみはもちろん、ご飯のお供にも大活躍。カリッと焼いたバゲットにのせて、食べてもおいしいです。

材料
かき
400g
ニンニク
1~2かけ
白ワイン(料理酒でもOK)
大さじ2
A
小さじ1
赤唐辛子(種を取る)
1本
オリーブオイル
150ml
作り方
STEP1
上記の方法で大根おろしを使って牡蠣を洗い、ペーパータオルで水気を拭きとる。ニンニクは薄切りにする
STEP2
鍋に1の牡蠣を入れてから、炒って水分をとばす。白ワイン(なければ料理酒)、ニンニクを加え、牡蠣の身がぷっくりとするまで、蒸し煮にする
STEP3
容器に2の牡蠣とニンニクを蒸し汁ごと入れ、Aの材料をすべて加え、ふたをして冷蔵庫でひと晩以上漬ける※冷蔵庫で1週間~10日間保存可能です

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
ぷっちょさん
プラチナライター

専門分野である『食』に関する記事、生活の中に植物を取り入れた心豊かな暮らしのご提案に関する記事をお届けします。皆さまの小さな幸せ配達人になれますように!

ぷっちょさんの記事一覧 v-right