日常の中で、作る楽しさ・うれしさを無理なく増やしていけるように、「身近な材料で、誰でもおいしく作れるレシピ」を追求し続けています。今回お届けするレシピは、手軽に購入できる「油揚げ」を使ったレシピです。簡単でおいしい!を実感してください。

index目次

魅力たっぷり、愛しの油揚げ

安くて、手軽に手に入り、栄養満点、そして何よりおいしい!油揚げは家計をやりくりする、ママの強い味方です。

そして、ほんのひと手間かけるだけで、おかずにおつまみにデザートにまで変身しちゃいます。まさに、キツネが化ける!です(笑)。

みそ汁に入れたり、煮物にしたりも良いですが、今日はパリッと焼くことで、香ばしさと食感も楽しめるレシピをいくつかお届けします。

油揚げのぱりぱり焼き、大根おろし添え

ポイントは、油揚げにしっかり味をつけておくこと。お酒のアテにもぴったりで、パパたちからも支持されている、しみじみおいしいレシピです。写真では伝わりきらないおいしさが、ぎゅっと詰まっているので、ぜひ試してほしい一品です。

材料
油揚げ
2枚
大根おろし
5cm分
しょうが(すりおろし)
10g
しょうゆ
大さじ1
砂糖
大さじ1/2
作り方
STEP1
大根おろしをざるに入れて、軽く汁気を切り、しょうがと混ぜておく
STEP2
フライパンに油揚げを並べて火にかけ、こんがりと焼き色がついて、パリパリになるまで焼く
STEP3
ボウルにしょうゆと砂糖を入れてよく混ぜ、食べやすく切った2の油揚げを加えて、よく絡める
STEP4
器に盛って、1の大根おろしをたっぷりのせる

好きな具材をのせて焼くだけ!きつねピザ

トマトやしらす、キノコのマリネ、残り物のカレー、缶詰のサバのみそ煮やネギ、そぼろ…などの好きな具材を油揚げにのせて、チーズを散らして焼く。たったこれだけで、何ともおいしいのです。

トースターを使って、ふんわり・サクッと香ばしく焼けるのも、うれしいポイント。トースターにきつねピザをお任せしている間に、他の作業ができるのも、またうれしいですね。

油揚げは、100%大豆からできているので、小麦粉アレルギーでピザが食べられない子どもも一緒に食べることができ、またまたうれしい♪

キノコとトマトの油揚げピザ

材料
油揚げ
1枚
キノコのマリネ(後出のレシピ参照)
好きなだけ
ミニトマト(スライス)
2個分くらい
ピザ用チーズ
好きなだけ
作り方
STEP1
油揚げに、後述するレシピで作ったキノコのマリネ、スライスしたミニトマトを並べて、チーズを散らす
STEP2
トースター入れ、チーズが溶けて、焼き色がつくまで10~15分焼く ※トースターの機種によって、焼き時間を調整してください
STEP3
焼けたら、食べやすい大きさにカットして、器に盛る

しらすと大葉のピザ

材料
油揚げ
1枚
しらす
大さじ2
大葉
好きなだけ
白いりごま
大さじ1/2
ピザ用チーズ
好きなだけ
作り方
STEP1
油揚げにしらすとごま、大葉をのせ、チーズを散らす
STEP2
トースターに入れ、チーズが溶けて、焼き色がつくまで10~15分焼く ※トースターの機種によって、焼き時間を調整してください
STEP3
焼けたら、食べやすい大きさにカットして、器に盛る

冷蔵庫の常連、キノコのマリネ

キノコを切って火にかけるだけの、簡単・うま味の宝庫レシピ。わが家の冷蔵庫の常連です(笑)。いろいろな種類のキノコを混ぜて作ることで、味わい深さやうま味が増しますよ。

今回は上記の「きつねピザ」に使いましたが、オイルもおいしいので、バケットやパンにつけて食べるのも最高です。パスタと和えたり、サラダのトッピングにしたり、冷ややっこにのせたりして食べても◎。

※冷蔵庫で1週間~10日ほど保存できます。長い間冷蔵庫に入れていると、オリーブオイルが固まってくることがあります。その際は、再度軽く火を通し直してください

材料
マイタケ(小房に分ける)
1パック
エノキ(長さを半分にカット)
1袋
シメジ(小房に分ける)
1パック
シイタケ(スライス)
4個
エリンギ
1パック
ニンニク(みじん切り)
2片
大さじ1/2
トウガラシ
2本
オリーブオイル
1カップ
作り方
STEP1
エリンギは長さを半分に切って、縦3~4つに切る
STEP2
鍋またはフライパンに、オリーブオイルとニンニク、トウガラシを入れて弱火にかける。ニンニクの香りが立ち、薄く色づいたら、塩とキノコ類をすべて加える
STEP3
中火にして、2~3回全体を大きく混ぜ、オイルで煮るようにして加熱する
STEP4
キノコ類に火が通ったら、火から下ろし、冷めたら保存容器に移す

おまけのデザート

油揚げをフライパンで、パリッと焼いているのを見た娘が、ポツリと一言。「このお揚げさんって、パリパリしてて、パイみたいやなぁ~」

確かに!そう言われてみれば、パリパリしているところは、パイに似ているかもしれません。ならば、「デザートにもなるのでは!」と作ったみたレシピです。

見事、娘のお気に入りデザートに仲間入りしました(やった!)。子どもの視点や発想って、いつも「なるほど~」と学びになります。

材料
油揚げ
好きなだけ
バニラアイス
好きなだけ
はちみつ
適量
クルミ(軽くローストしたもの)
好きなだけ
作り方
STEP1
油揚げを食べやすい大きさに切り、フライパンでカリっと焼く
STEP2
器に盛り、はちみつをかける。好みでクルミをトッピングして、アイスを添える

良いものを、少し知っておく。持っておく

最後のデザートレシピの中で使ったはちみつは、山口県産の「百花蜜(写真右)」です。2~10種類の花から集めた蜜の百花蜜は、その年ごとに風味が違う、というのが醍醐味のはちみつでもあります。

今回のはちみつはまろやかでコクがあり、油揚げのデザートにもぴったりでした。トーストやヨーグルトにかけたり、ドリンクに使ったりも良さそうです!

写真左の「あかしあ蜂蜜」はクセがなく、やさしい甘さと香り、味わいが魅力のはちみつです。素材の味を邪魔しないので、砂糖の代わりに料理に使うのも素敵ですよ。

私は普段、料理に高級食材を使いませんが、特別な調味料や良い食材を知っていたり、少し持っていたりすると、「料理すること・味わうこと」の楽しさだけではなく、心も豊かに過ごせる気がするのです。

ちなみに、写真のはちみつはどっちも、大好きな山口と大阪の友達からのプレゼントです。思いやりにあふれた人たちは、プレゼント選びのセンスも抜群!とても勉強になります。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
ぷっちょさん
プラチナライター

専門分野である『食』に関する記事、生活の中に植物を取り入れた心豊かな暮らしのご提案に関する記事をお届けします。皆さまの小さな幸せ配達人になれますように!

ぷっちょさんの記事一覧 v-right