いよいよ卒園までのカウントダウンが開始。ここまでの歳月、たくさんの先生、友だち、ママ友にお世話になったのではないでしょうか?その感謝を込めて、わが家ではアイロンビーズの贈り物を続けています。その中のフォトフレームの作り方を紹介します!

index目次

わが家の歴代の贈り物

始まりは4年前。先輩ママ友の子どもへ

わが家のちょうど1学年上の子どもがいる、先輩ママ友へ贈ったのが始まりでした。学年が違うのに、グループに入れてもらい、親子共々お世話になった人たち。

男の子には、「ブシニャン(妖怪ウォッチより)」のキーホルダー。女の子には、リボンのブローチを制作

3年前の長女の卒園。友だちや先生に

特に仲良くしてくれた友だち、そして先生へ。アイロンビーズが大好きで、コツコツと作れる長女は、大きな作品を!

フォトフレーム。一緒に写っている写真を入れて贈りました

そして今年は…

次女の卒園。同じく先生たち、友だちへ贈ろうと思います!次女は、長女ほど集中してアイロンビーズを作らないので…(汗)、大きな作品は諦めて、小物入れを作りました。

アイロンビーズの魅力

なぜアイロンビーズなのか?それは、私も娘も好きだからです!そして、

幼稚園児でも作れる!

長女が年中のときに、アイロンビーズがわが家に来てからは絶えずに、いろいろな作品を作り続けてきました。ビーズをプレートに並べるだけ。

さまざまな形のプレートがあったり、インターネットで図案を公開している人が多かったりするので、その通りに作れば、それなりの仕上がりになります!難しい作業は必要なし、それが最大の魅力ではないでしょうか?

そして、

立体作品はとても驚かれますよ!!

小さな子どもがいると、小さなビーズに気をつけなくてはならなかったり、アイロンを出す手間などがあったりしますが、慣れればサクッと作れるのも、うれしいしいポイントです!

【作り方】思い出を添えた「フォトフレーム」

用意するもの

  • アイロンビーズ
  • 四角のプレート
  • プラスチック用のボンド(ポリプロピレン対応)
  • 硬質のカードケース(100均で入手可能、サイズはB7)
作り方
所要時間20
STEP1
写真の入るサイズに、フレームと足となる部分を作る

模様や色は好みでOK◎
STEP2
アイロンで固めたら、ボンドをつけて、カードケースを固定する(時間外:数十分置くと良い)
STEP3
足になる部分も、2枚1組になるようにボンドをつけ、2セット作る
STEP4
別に作った飾りがあれば、それもボンドでくっつける(時間外)
STEP5
写真を入れて、足になる部分を挿せば、完成

【ポイント】アイロンは強めに!

大きな作品なので、アイロンは強めにかけましょう。ビーズをしっかりとつぶしておかないと、後から折れやすくなります。また、フレームを太くしすぎると、それだけ写真と重なる部分が大きくなり、見えにくくなります。

いよいよ小学生に!

この春、小学生になる子どもたち、保護者のみなさん。

ご卒園おめでとうございます!

たくさんの期待と希望を胸に、子どもたちは力強く出発します!

新生活でも素敵な出会いがありますように♪

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
みつかママさん

長女出産後に2年働きました。今は3人の子どもを育てる専業主婦です。家にいても時間がない!家事は朝終え、日中は子ども優先!管理栄養士資格有り。

みつかママさんの記事一覧 v-right