「肌のたるみってどういうの?」そう思っていた10代の頃。今ではたるみどころかくすみもわかるようになりました。ダイソーで販売されているリフトアップテープはそんな私たちの救世主となるのか!?ビフォーアフターでその効果をご覧あれ!

index目次

「フェイスリフトアップテープ」とはこれだ!

今回「ちょっとこれ、検証してみて!」と、友達にこの商品を教えてもらいました。

ダイソー「フェイスリフトアップテープ(15テープ入り)」108円

こめかみや耳まわりにテープを貼り、まるでモノマネ芸人さんのごとく、たるみをぐぐっと物理的に引き上げる、という力ずくの若返り商品です。

「メイクの上からしっかり貼れる」「貼ったまま外出もOK」と、うたうこの商品はぶっちゃけ、怪しさ満点です。

使い方は?簡単にできる?

テープはこのように、1枚1枚がひょうたん型になっています。台紙から外すと、テープの半分だけ剥離紙(はくりし)が、勝手に剥がれるようになっています。

これのおかげで、不器用でも粘着部分に手を触れることなく貼れる、という仕組み。108円でありながら、細かい配慮です!貼り方も裏面に載っていますよ。

コツは貼る部分の肌の水分や、油分をティッシュオフすること。長持ちさせるためにも、この一手間が大事です!一度、貼り損ねたテープはもう使えないので、まさに一球入魂。

ちなみに、欲張ってめちゃめちゃ引き上げようとすると、こんな風に漫画の怒りマークのようになっちゃいますので、ご注意を。

ムカムカ笹木

1枚でガッツリ引き上げようとするよりは、ほんの少しずつ複数枚で持ち上げるのが良いようです。下の写真は、こめかみに2枚貼っているので、意外と目立ちません。わかりますでしょうか?

Before&After

こめかみともみあげ付近、耳の後ろに計12枚、ガッツリ貼ってみた結果です。わかりやすいように、髪の毛を縛ってみました。

Before

私は30代前半なので、次の写真でみなさんが「あら!20代に見えるわ!」と思ってくれれば、このテープは買いだと言えるでしょう。では、いきますよ。

3、2、1、だだーん!!

after

んーっと、えーっと、なんつーか…

思ってたのと違う(笑)

わかりやすいように、並べてみました。

なんかリフトアップというか…、人相変わってないか?これ。この顔で正解なのか、ちょっと危ぶまれるところなんですが…。

つり目になったことだけは、明確にわかる。でも、逆に言ったら、これくらいしっかり持ち上がります。フェイスラインとか、シュッとしてませんか!? してる気がする。肌とか全体的にピッとしてる気がする!

薄々なんとなく気づいてたんだけど、ちょっと12枚は貼りすぎだったかも(笑)

どれくらい持つ?

驚きなのは持ちの良さです。このつり目状態で5時間過ごしてみたところ、剥がれてくることもなく、ほぼこのままです。

「メイクの上からでもOK」は本当か?

メイクの上から貼るのと、素肌に貼るのとでは、持ちに違いがあるか調べてみたところ、特に違いはなかったように感じます。

むしろ、テープの上から化粧をすると、テープのフチにファンデーションがどうしても溜まってしまったり、テープの部分だけムラになってしまったり…と、余計にテープが目立ってしまうような気がしました。なので、「メイクの上からでもOK」は本当だと思います。

おすすめ度は?

ずばり、★★★(星3つ)!

持ちがいい、薄い、引き上げ効果もある。しかも、日本製皮膚用テープ。初めに疑っていた商品説明にも、ほぼ嘘はなかった!これが108円とは、驚いていいレベルだと思います。

ですが、やっぱりバレないように上手く貼るのには、練習と研究が必要だな、という点で星3つにしました。すぐに上手く使えるような代物ではない気がしました。気になる人は練習用に、少し多めに買った方が良いかもしれません。

また、5時間貼っていた後に剥がしてみたら、肌が強めの私でも肌が少し赤くなっていたので、肌の弱い人にはどうなのかな、という点で少し心配です。

バレるのが怖い人は、記念写真や特別なイベントのときにだけ使用する、そんな使い方もアリかもしれません。髪の毛を下ろすのは必須です!

【おまけ】子どもに聞いてみた!

効果を確かめるために、やはり忖度なし純度100%の子どもに、とりあえず聞いてみることにしました。

ママの顔、いつもと何が違うと思う?どう!? わかる!?

そう聞いてみると…、

ママ、そんなことよりさ…、顔にセロテープついてるよ(ニコッ)

やはり目立たないと言えど、このテープを隠すのが至難の技、一番の難関となりそうです…。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
笹木眞江さん
プラチナライター

頑張らないがモットーの「ママ友いない系」ブロガー。子どもは小1(女)と年中(男)。ママ達の張りつめた気持ちをゆるめる和み系ブログ執筆中。

笹木眞江さんの記事一覧 v-right