「おだしをとるって、ちょっと荷が重いな、毎回はしんどいな」というママ&パパに。ささっとふりかけるだけで、おだしの風味を楽しむことができる「無添加おだしカクテル」を紹介します。完全無添加なので、赤ちゃんから使えます。

index目次

わが家のおだし事情

娘が生まれ、人生初めての離乳食作りが始まりました。育児書やネットでいろいろと調べてみると、「赤ちゃんの味覚を育てるにも“おだし”が良い」と、離乳食でおだしを使うことの大切さや、メリットが書かれていました。

よし!“おだし”で育てるぞ!

と意気込んだ私。昆布でおだしをとったり、鰹節の削り器まで購入したりして、おだしを積極的に取り入れた離乳食作りを開始しました!

しかし、始めは順調でルンルンだったのですが、娘の食べムラや眠れない日々が続く中で、だんだん「おだしをとること」自体を大変だと感じるように。

そんなとき、買い物帰りにフラッと立ち寄った、あるお店で出会ったのが「無添加おだしカクテル」です。

「無添加おだしカクテル」とは?

「無添加おだしカクテル」486円~

無添加おだしカクテルは、おだしをそのまま粉末状にしたもの。調味料や加工補助剤などの添加物が、一切入っていません。つまり、原材料は昆布なら昆布のみ、鰹なら鰹のみと、驚くほどシンプル。

種類は、全部で8種類と豊富。それぞれ、どのようなメニューに使えるか、公式サイトに一例が記載されています。どれも幅広い料理に使えますよ。

  • こんぶ…カルパッチョ、昆布塩、昆布茶
  • かつお…お吸い物、土瓶蒸し、和風ドレッシング
  • いわし…焼きそば、おでん、キムチ
  • さば・ムロアジ…カレーライス、野菜炒め、お好み焼き
  • あご…だし巻き卵、茶碗蒸し、煮びたし
  • 椎茸…餃子、炊き込みご飯、ハンバーグ
  • 玉葱…肉じゃが、ラタトゥユ、チャーハン
  • 人参…野菜スープ、人参ポタージュ、ドレッシング

公式サイトによると、

厳選した原材料を粉砕せず、丁寧に丁寧に、優しく挽いてできた天然無添加の削り粉です。旨み風味をそのまま生かす水冷臼式製法で仕上げているので芳醇で身体にやさしいお味です。

出典:「無添加おだしカクテル」公式サイト

ラベルの「原材料名」を見ると、原材料のみ!

世界にまだ知られていない、日本が誇るべき優れた地方商品に贈られる「The Wonder 500」認定商品にも、なんと2年連続で選ばれています。

「無添加おだしカクテル」の使い方

【1】お椀に数回ふって、おだしのきいた汁物に

お椀に数回ふり、好みの具と味噌をお湯で溶くだけで、おいしい味噌汁のできあがり。

【2】パスタ・納豆などに、だしの旨味を追加

ご飯やパスタ、納豆、おひたしなどに振りかけるだけで、だしの旨味が加わって、おいしさアップ!わが家では、よくご飯に直接パラパラ。

納豆に直接パラパラ。

これだけで、娘の食欲スイッチがONになります(笑)

【3】自由自在にブレンド!

複数の種類のおだしカクテルを、あなた好みにブレンドすることも。料理の幅も広がり、楽しくなるかもしれませんね。

おだしカクテルの中には、「高機能無機炭」と呼ばれる炭が入っており、おだしの風味や旨味を保ってくれています。おだしカクテルを使いきった後は、この炭を水やお茶に入れて、楽しむこともできます。

贈り物にも最適◎

離乳食中の赤ちゃんから大人までの老若男女、楽しめるおだしカクテルは、贈答用としても使えます。私は、ママ友や職場の子ども持ちの同僚にプレゼントしました。

いろんな種類のセットも選べます。素敵な包装で、贈り物にもぴったり♪

まとめ

心に余裕があるときは、自分でおだしをとる工程も、とっても楽しい!でも、そんな余裕がないときは、おだしカクテルに頼っても良いかもしれません。食べムラがあった娘も、これをかけると不思議と食べてくれました。

娘が離乳食を食べていた頃にはありませんでしたが、昆布と鰹節のみで作られた、天然100%のおだし「はじめてのお出汁」という商品もあり、離乳食にはぴったりかもしれません。

また、ふるさと納税の返礼品としても販売されているようなので、活用してみるのもいいと思いますよ。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
αさん

6歳年上の夫と、夫と瓜二つの娘と3人暮らし。ちょっとおっちょこちょいな働くママです。育児も家事も仕事も楽しく☆1日1回は大笑いしたい(笑)

αさんの記事一覧 v-right