今回は、思い立ったらすぐに作れるクッキー、わが家の定番おやつレシピをお届けします。3時のおやつはもちろん、ちょっとしたプレゼントにも。6月の第3日曜日「父の日」に、子どもと一緒に作ったクッキーのプレゼントはいかがですか?

index目次

こねたり丸めたり。体が記憶するおやつの時間

みなさんはお菓子作り、好きですか?私は子どもの頃に、よく母と一緒にクッキーを焼いたり、お菓子を作ったり、パンを焼いたりしていました。その頃の楽しかった記憶、幸せな空気を今でもよく覚えています。

今回は、思い立ったらすぐに作れるクッキー、わが家の定番おやつレシピを紹介します。

材料をすべてボウルに入れて混ぜるだけで、生地ができあがります。粘土遊びが好きな子どもたちとも、一緒に楽しく・簡単に作れて、とびっきりおいしい!ちょっと塩気があって、男子ウケもする!そんなレシピです。

卵を使わないレシピなので、卵アレルギーの人にも試してもらいたいです。記事の後半では、身近な材料で簡単にできる、ラッピングアイデアも紹介します。

さくっ、ほろっ、塩クッキーレシピ

材料
薄力粉
75g
全粒粉
75g
砂糖(あればきび砂糖)
60g
植物油(あれば米油)
60g
2g
白ごま
大さじ1
作り方
STEP1
ボウルに砂糖と塩、植物油を入れ、砂糖のザラザラした感じが軽くなるまで、泡だて器で混ぜる
STEP2
1にざるでふるった薄力粉と全粒粉を加え、さらに混ぜる
STEP3
全体が混ざってきたら、白ごまを加えて手でこね、生地をひとまとめにする
STEP4
好きな大きさ(ひと口大)に手で丸めて、天板に並べ、180℃に予熱したオーブンで、約20分焼く

油と砂糖の話

今回のレシピでは、植物油として米油を、砂糖はきび砂糖を使っています。米油は油独特のニオイがないので、お菓子作りの際に素材の持ち味を邪魔せず、素材本来の味を引き立ててくれます。

最近、米油の人気が出てきているようで、近所のスーパーでも手軽に買えるようになってきたのも、うれしいポイントです。

きび砂糖は、さとうきび本来の風味を生かした、まろやかな甘みとコクのある味わいが特徴で、私はお菓子作りだけではなく、料理にも使っています。

プレゼントに!簡単ラッピングアイデア

塩クッキーが焼きあがったら、近所に分けたり、ちょっとした手土産やプレゼントにいかがですか?

100円ショップのプラカップやクッキングシート、マスキングテープ、お菓子の空き箱を使って、「口に合いますように…」という気持ちと一緒に包んでみましょう。喜んでくれている顔を想像しながら。

子どもと一緒に作った、手作りのお菓子を父の日に贈るのも素敵だな、と思います。

100円ショップのプラカップに、お気に入りのマスキングテープを貼って
クッキングペーパーを使って、クッキーをキャンディー包み。お菓子の空き箱に詰めるだけで、一気に素敵なプレゼントに

心地よい音楽とともに

わが家は、夫が大のレコード好きということもあって、娘が赤ちゃんの頃から日常生活の中に、音楽が自然に溶け込んでいます。テレビはあまりつけないです。

掃除や料理をするときも、心地よい音楽と一緒なら、楽しくスイスイはかどります。料理をするとき、私はキッチンのカウンターにiPadを置いて、Apple Musicを再生し、鼻歌を歌いながらウキウキ作ります。(笑)

今回の塩クッキーを作るときは、Mountain Manのアルバム「Magic Ship」を聴きながら。とっても心地よい音楽で、子どもと一緒にも楽しめます。心地よい音楽をお供にすれば、お菓子作りもより楽しくなりますよ。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
ぷっちょさん
プラチナライター

専門分野である『食』に関する記事、生活の中に植物を取り入れた心豊かな暮らしのご提案に関する記事をお届けします。皆さまの小さな幸せ配達人になれますように!

ぷっちょさんの記事一覧 v-right