ベビーカーでの雨のおでかけ。レインカバーを付けると、子どもがぐずってしまって大変でした。そこでママ友に教えてもらい、愛用し始めた「Manito(マニト)」。これなら子どもも機嫌よくベビーカーに乗って、雨の日も楽しくおでかけできますよ。

index目次

Manito(マニト)のElegance Alpha(エレガンスアルファ)

ゴールデンウイークが終わったと思えば、もう6月。いよいよ梅雨の時期が近づき、雨の日が多くなりますね。

ベビーカーを使っていると、雨の日の保育園の通園やおでかけに必需品のレインカバー。ベビーカー購入時に一緒に購入していたのですが、今まで使用していたものは、私にとってはいまいち使いづらく…。

どうにも装着しにくいし、ビニール部分がシワっぽいし、何と言っても付けると、子どもが不機嫌になってしまうのに困っていました。

ベビーカーに装着しやすく、見た目もオシャレで、子どもも雨の日に少しでも快適に過ごせるような、そんなレインカバーはないのかな…と思っていたら、ママ友が「Manito(マニト)のElegance Alpha(エレガンスアルファ)がいいよ。」と紹介してくれて。

まさにこれぞ私が求めていたもの!というレインカバーだったので、迷いなく購入!今では毎日に欠かせないアイテムの1つとなりました。

マニト「エレガンスアルファ ベビーカーカバー」4752円(※購入時価格)

ポイントはクリアなウィンドウ部分

マニトの「エレガンスアルファ ベビーカーカバー」というレインカバー。何と言っても、一番気に入った部分は、クリアなウィンドウ部分。

カバー内の子どもの様子がしっかり見えるのはもちろんのこと、子どももカバーをしていないときと同じように、外がしっかり見えるんです。

晴れの日に前を閉めた状態
写真だとわかりにくいですが、雨の日も中の様子がわかりやすい

ただ、閉めるとかなりの密封度で、息で曇りがちに。少し隙間を開けてあげると良いです。

これは世界で初めて、ベビーカーカバーに視力保護ウィンドウを導入し、特許を取得しているブランドだからだそう。

このエレガンスアルファを使用するまで、私が一番気にしていたビニール部分のシワシワ。子どもの中の様子も見にくかったのが、こうしてピンときれいに張りがあると、ベビーカーに被せたときもとてもきれいです。

ベビーカーへの装着・収納も簡単

生地に張りがあり、写真のようにスクエアに収納できるため、広げるのも簡単(収納袋もあり)。

そのため、ベビーカーへの装着もすっぽり簡単にかぶせることができます。

今まで形を整えて、シワを伸ばしたりするのに、手こずっていたのはなんだったんだー、という感じです!ベビーカーの下には、ゴム付きフックがついてるので、ベビーカーに固定してくれます。

カバーをしたままベビーカーを折りたためる

カバーの生地がしっかりしているので、折りたたむときには、その都度外すのかと思いきや。

いえいえ、そのままでも簡単に折りたためちゃいます。そして、形がまったく崩れない!

晴雨兼用で使えるのもまた良し

このレインカバー。レインカバーという名称ですが、実は晴雨兼用。真夏の暑いとき以外は、紫外線よけや風よけとしても大活躍。なので、このカバーを購入してからは、ほとんどベビーカーに付けっ放しにしています。

日本製のベビーカーなら大体カバーOK

わが家はアップリカのベビーカーを使用しているのですが、基本的にはアップリカやコンビなどの、日本製のベビーカーマクラーレンやジープ、ジョイーなどにも着用が可能です。

サイズがレギュラーとスモールがあるので、購入の際に確認してくださいね。

ベビーカーでの雨の日のおでかけも、お気に入りのレインカバーがあれば、自分も子どもも機嫌よく、おでかけできますね!

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
mika_miさん

一児の男の子ママです。子育てに奮闘しながらもファッション、ライフスタイルに「心地よいお洒落な時間を」持てるようにしています。

mika_miさんの記事一覧 v-right