すすぎが1回で済むから、節水にも効果的!計量不要のプッシュタイプの「超濃縮洗濯洗剤」は洗濯の時短の味方。話題の洗濯洗剤3種類の洗浄力・香り・コストなど、気になるポイントを比較しました。柔軟剤を片手で計量できる、詰め替えボトルも紹介します。

index目次

洗濯は簡潔に!手間を省きたい

毎日行う洗濯。家族が多くなればなるほど、洗濯物も増えるし、洗濯機を回す回数も増えますよね。

わが家の場合、赤ちゃんを含む家族8人分の洗濯となると、7kgの洗濯機は毎日MAX。洗濯を干す場所の確保も大変です。出勤前は洗濯の時間も限られるため、洗濯予約をしたり乾燥機を使用したりするなど、なるべく手間を省いて、時短をしています。

洗濯の時短ポイント

①洗剤の計量が不要
②赤ちゃんを抱っこしながら片手で洗濯ができる

という点が、私の中では洗濯の時短ポイント。

第三の洗剤ジェルボール以外の洗濯洗剤で、この時短ポイントを押さえてくれる商品はないかな?と探してみたところ、ありました。最近、CMでも話題になっている「プッシュ式の超濃縮洗剤」です!

いくつかのメーカーが販売しているのですが、各社ボトルのデザインや成分などに、それぞれ特徴があります。その中でも、ドラッグストアやネットで手に入る、3つの商品を使い比べてみました。

持ちやすさ・洗浄力がすごい!「アタックZERO」

花王「アタックZERO ゼロ レギュラー ワンハンドタイプ(400g)」※取扱店舗によって価格が異なります

ワンハンドタイプのボトルは、持ち手を握ると洗剤が噴射されるので、キャップを取る手間が不要。片手だけで洗剤を計量できます。ノズルは液だれもなく、ササッと手早く洗剤を入れることができました。

女性の手になじみやすい大きさ
取手をかければ、床に置かない保管も可能

蛍光剤無配合で、すすぎは1回でOK。洗い上がりは「すがすがしいリーフィブリーズの香り(微香)」と表記してありますが、私は「清潔感のある洗剤の良い香り」という印象でした。

ドラム式と縦型の両方に、わかりやすく分量が明記してあります

縦型最大量の65Lで洗濯した場合、洗剤の量は5プッシュ(約25g)使用。1プッシュで約5g噴射されるので、この1本で洗濯約16回分、1回の洗剤コストは約33.75円です(※540円で購入した場合)。

また、ドラム式専用のワンハンドタイプも販売していますが、容量は380gで通常のワンハンドタイプと同じ価格。両方のタイプで使える通常のワンハンドタイプは400gなので、特に洗浄力に違いがないのであれば、通常のワンハンドタイプの方が20gお得だと思いました。

コスパ最強!?「カインズ 超濃縮 衣料用液体洗剤」

CAINZ「超濃縮 衣料用液体洗剤(300ml)」398円

コスパ良し、使い勝手が優秀な商品がそろう、人気急上昇中のホームセンター「カインズ」が販売している洗濯洗剤です。これもプッシュ式の洗剤なので、計量が不要。裏面で残量や詰め替え時がわかる点は、消費者目線だと思いました。

片手で握りやすく、スリムでコンパクトなデザイン

漂白剤・蛍光剤不使用で、赤ちゃんの衣類にも使えます。すすぎは1回でOK、洗い上がりは「ライトグリーンの香り」と表記されていますが、特に香りは目立ちませんでした。3種類の中で一番無香に近く、柔軟剤の香りが引き立つ洗剤だと思いました。

プッシュ回数は、数字ではなく水滴マークで表記されています

縦型最大量の60Lで洗濯した場合、洗剤の量は4プッシュ(約12g)使用。1プッシュで約3g噴射されるので、この1本で約25回分、1回の洗剤コストは約15.92円です。

プッシュ式なら押すだけなので、子どもでもお手伝いができます

植物性エコ洗剤「メソッド ランドリーリキッドフレッシュエアー」

method(メソッド)「ランドリーリキッドフレッシュエアー(300ml)」1296円(※Amazonで購入)

成分の95%以上が植物ベースで、低刺激性で肌にやさしく、ボトルは50%再生プラスチックを使用。動物実験を一切行っておらず、環境にも動物にも配慮したエコな洗剤として、自然派の人やエコ業界で大人気の洗濯洗剤です。そして…なんと8倍濃縮。

これもプッシュ回数は、水滴マークで表示されています

スリムなボトルは片手で握りやすく、プッシュも簡単。液だれもしませんでした。香りはクリーニングから仕上がったときの、さわやかで清潔感のある香りです。自然成分でもきちんと汚れが落ちていている、と感じました。

子どもを抱っこした状態でも、片手で計量可能!

縦型最大量の65Lで洗濯した場合、洗剤の量は4.5プッシュ(約13.5g)使用。こちらは1プッシュで約3g噴射されるので、この1本で約22回分、1回の洗剤コストは約58.9円です。

ややコストが高い印象がありますが、輸入品なので高価になってしまっているのかな、と思いました。アメリカでは倍容量の大きなサイズが、もっと手頃な価格で手に入るそうです。

洗浄力に違いはあるのか? 9種類の汚れで検証

実際に“子どもがいる家庭でよくある汚れ”で実証してみました。白い雑巾に9種類の汚れを少しずつ付着させて、柔軟剤は使用せず適量の洗剤のみで、普段の洗濯物と一緒に洗濯してみます。

カレーやチョコソースなどの子どもがこぼす食材や、ママがうっかり衣類に付けてしまう化粧品などで検証

【1】アタックZERO

まずは、アタックZERO!汚れた雑巾を普通の洗濯物の中に入れて、適量の洗剤をプッシュ!

アタックの洗浄力、期待できます!

通常で洗濯をして、干して乾いた状態で比べてみると、このような結果に。予洗いがなくても、チョコシロップやしょうゆなどの食事の汚れはほぼなくなり、真っ白な元の状態に。洗浄力の強さを感じました。

化粧品以外は、ほぼ落ちていました!

【2】カインズ 超濃縮洗剤

続いて、カインズの超濃縮洗濯洗剤で試してみます。

アタックZEROと同じ汚れを付着させて実証

通常モードで洗濯をして、干して乾いた状態で比べてみると、このような結果になりました。

調味料や食品の汚れはほぼ落ちています!

【3】メソッド ランドリーリキッドフレッシュエアー

最後は、アメリカ産のエコ洗剤メソッドで試してみました。

果たして、植物性洗剤の洗浄力はどうでしょうか?

洗濯機が終わり、他の洗濯物と一緒に干して乾いた結果は…、

カレーの香辛料が少し残りましたが、油系の調味料は落ちました!

3種類を使い比べてみましたが、特に洗浄力が心配といった商品はなく、

どの洗剤も、食べ物の汚れは予洗いなしでも、すすぎ1回で落としてくれました◎

口紅やファンデーションなどの油性の化粧品は、予洗いがないと落ちないようです。

比較的、どこのドラッグストアでも手に入る「アタックZERO」が、詰め替えも含め入手しやすいと思いましたが、カインズが近くにある人は「カインズ 濃縮洗剤」が一番コスパが良いと思います。

自然派の海外製「メソッド」は、デザインも良くオシャレな洗剤としても人気ですが、日本では取り扱いが限られていて、入手しにくいという印象でした。

柔軟剤も片手で入れたい!

柔軟剤はワンプッシュの商品が販売されていませんが、片手で計量ができる詰め替えボトルを発見しました。

レック「押して計量 詰め替え洗剤ボトル(600ml)ホワイト デザインシール付き」498円

デザインを損なわない、白いボトルがオシャレです!「漂白剤」「柔軟剤」「洗濯用洗剤」のラベルシールが付いていたので、「柔軟剤」を貼って、詰め替え用の柔軟剤をボトルに入れました。

表面のシールはキレイにはがせます

使い方はまずフタを開け、ぎゅーっとボトルを握ると、なんと注ぎ口の下部から洗剤が湧き出てきました。

ぎゅーっと押すと液体が出て(左)、離すと液体は止まり計量完了!(右)

小学生の娘に「20の目盛りまでお願いね」と頼むと、ボトルをぎゅーっと押し、20の目盛りのところで手を離して、正確に計量ができました。小学生は両手でボトルを握っていましたが、大人なら片手で握れるので、柔軟剤の計量も片手でできてしまいます!

洗剤も柔軟剤も片手で入れられるので、洗濯の手間が最小限になりました!

まとめ

通常の洗濯洗剤より少量なのに、しっかり汚れも匂いも落ちて、洗浄力がある!

プッシュできるボトルデザインは、「計量の目盛りが見づらい」「キャップからこぼす」などの不安がある人でも、片手で確実に正確に計量ができるので、洗濯の手間が軽減されて時短になると思います。

プッシュするだけの簡単操作は、大人が楽になるだけではなく、子どものお手伝いにもぴったりなので、一度試してみてはいかがでしょうか。

コンパクトなデザインで、収納にも便利なハンドプッシュのボトルたちでした♪

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
meguさん

大学事務員とグラフィックデザイナーの掛け持ちをしている4男2女の6児ワーママ。趣味はネイルとフラワーゼリー。子連れでも大規模な展示会や旅行へ行くアクティブ派。フラワーゼリー認定講師としても活動中。

meguさんの記事一覧 v-right