キャンプ好きのわが家が、キャンプへ行く前に必ず活用するのが「食品保存用袋」。漬け込んておけば、当日は焼くだけ。前日に漬け込んでおくと、味が染みておいしいおつまみに!いろいろな使い方で大活躍の、食品保存用袋調理を紹介します!

index目次


「食品用保存袋」といえば、食品を保存する際に使用することが多いと思いますが、実はいろいろな使い方ができるんです。

そして、その使い方をマスターすれば、時短・楽々調理が可能なので、キャンプやアウトドアなどにも使えるレシピがたくさん!今回は、数ある食品用保存袋調理の中から、イチオシ5選を紹介します。

【1】前日に漬け込むだけ!BBQチキン

まずは、キャンプの定番のBBQチキンから。

材料
大きめの食品保存用袋
1枚
鶏手羽元
今回は14本
A
ケチャップ
大さじ4
ソース・みりん・しょうゆ
各大さじ2
はちみつ・にんにくすりおろし
各大さじ1
塩コショウ
適量
作り方
STEP1
鶏手羽元に、包丁やキッチンばさみで切り込みを入れる

切り込みを入れることで味が染み込み、火の通りも早くなります
STEP2
Aをすべて入れ、一晩冷蔵庫で寝かせる
STEP3
翌日にオーブンやBBQで焼くだけ!

こんがり焼けたところがとってもおいしい、子どもも大好きなBBQチキンです!

【2~3】酒のお供に最高のおつまみ2選

前日に仕込んで漬け込むと、キャンプ当日にはおいしいおつまみが完成!簡単でとってもおいしいです。

豆腐の味噌漬け

豆腐がまるでチーズのように。

材料
食品保存用袋
1枚
木綿豆腐
1丁
A
味噌
大さじ2
みりん
大さじ2

作り方
STEP1
木綿豆腐を水切りする
STEP2
食品保存用袋にAを入れ、そこへ水切りした豆腐も入れる
STEP3
1日置いたら味噌を取り除き、好きな大きさに切って盛り付けたらできあがり!

味付け玉子

みんなが大好きな味玉も漬け込むだけ。

材料
食品保存用袋
1枚
好きなだけ
A
しょうゆ
70cc
みりん
70cc
砂糖
大さじ1
作り方
STEP1
半熟ゆで卵を好きなだけ用意する
STEP2
食品保存用袋にAを入れて、半熟ゆで卵を漬け込むだけ!

味が染みて、とってもおいしい!

【4】袋のままゆでるだけ!サラダチキン

大人気のサラダチキンも、食品保存用袋で簡単に作れます。

材料
鶏むね肉
今回は1枚
ハーブソルト
適量
オリーブオイル
大さじ2
作り方
STEP1
鶏むね肉の両面にマジックソルトをもみこむ
STEP2
食品保存用袋に鶏むね肉と、オーリブオイル大さじ2を入れて、ひと晩冷蔵庫に置く
STEP3
大きめの鍋に湯を沸かし、沸騰したら食品保存用袋ごと入れる
STEP4
2分ほどゆでたら火を止め、ふたをして冷めるまで放置する。冷めたら切って盛り付ければ、できあがり!

【5】袋に入れてもむだけで、おいしいスムージーに

最後は、子どもたちも大好きなスムージー♪

材料
食品保存用袋
1枚
バナナ
1本
はちみつ
大さじ1
ヨーグルト(果糖でも無糖でもOK)
1パック
牛乳
100ml
作り方
STEP1
食品保存用袋にすべての材料を入れる
STEP2
これを手でつぶすようにもみこむ

子どもたちがもみもみしてくれます

バナナのつぶつぶ感が残っている、とってもおいしいスムージーの完成!

「食品保存用袋」は保存袋だけではありません。いろいろな使い方ができ、時短にもなり、洗い物も減らせる、画期的なアイテムです!アウトドアやキャンプの際に活用してみてください◎

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
まつだひとみさん

中学2年生男の子、小学3年生の女の子、小学1年生の男の子、令和元年5月に女の子が産まれ4人の子ども達の母です!
旅行やキャンプが好きです!年の離れた4人の子ども達のために美味しいご飯を作ることを日々目標にしています!

まつだひとみさんの記事一覧 v-right