/ 2020.02.14

今回は寒い季節に恋しくなる、今まで数えきれないくらい何度も何度も焼いているブラウニーのレシピをお届けします。プレゼントにぴったり!簡単にできるラッピングアイデアもいくつか紹介します。

index目次


今年もやってきました、バレンタインシーズン。

普段はお菓子作りは苦手だったり、”面倒くさいなぁ~”となりがちな方でもバレンタインのときだけは「お菓子作りに挑戦する」「子どもが作りたがるから一緒に作る」という方も多いのではないでしょうか?

今回は、身近な材料でシンプルな工程で作れる、親子で一緒にお菓子作りを楽しむことができる、そして何より市販のものよりずっとおいしいブラウニーのレシピをお届けします。

子どもはみんな、無限の才能を秘めています。作る楽しみ、自分で作ったものを大切な人と味わう喜びを親子で感じていただけるとうれしいです。

ファッジブラウニーレシピ

ファッジブラウニーは、ブラウニーの中でも特にチョコレートをたっぷりと溶かして生地に混ぜ、しっとりとやわらかく、そしてねっちりと仕上げたブラウニーです。表面はパリッとひび割れが入って美しく、とってもおいしいです。

材料(16×21cmや18cm角の型1台分)
市販の板チョコ
150g
バター
75g
きび砂糖
150g
小さじ2/3
2個
A
薄力粉
95g
ココアパウダー
15g
ベーキングパウダー
小さじ1/2

※きび砂糖は三温糖やグラニュー糖で代用してもOK。きび砂糖の風味、やさしい甘さが好きで私はお菓子作りや料理にきび砂糖を使っています
※チョコレートは製菓用でなくてもスーパーなどで手に入るブラックの板チョコでおいしく作れます。ミルクチョコとブラックチョコを混ぜて作ってもおいしいです

作り方

※作り始める前に、型にオーブンペーパーを敷いておく

STEP1
ボウルに割ったチョコレート、バターを入れて湯せんにかけ、ヘラでときどき混ぜながら溶かす。ボウルを湯せんから外してきび砂糖、塩を加えて混ぜ合わせる
STEP2
1に卵を1つずつ加え、泡だて器でよく混ぜる。薄力粉、ココアパウダー、ベーキングパウダーをふるい入れ、ヘラに持ち替え、粉がなじむように混ぜ合わせる
STEP3
型に2を流し入れて表面を均一にならす。型を天板にのせ、180℃に温めたオーブンで30~40分焼く
※焼け具合はオーブンの機種によって異なるので温度や焼く時間は調整してください
STEP4
型ごとラックにとって冷ます。ある程度冷めて生地が落ち着いてきたら型から外し、ラックにとる。完全に冷ましてから切り分ける

※クルミやレーズンを入れたい場合は、約80gを粗く刻み、手順2の粉を混ぜた後に加えて混ぜ合わせます(写真は、クルミとレーズンを両方入れたものです)
※生地が熱いうちはやわらかく、型から外そうとすると崩れやすいので注意が必要。ある程度冷めてから外してください
※焼きたてもおいしいですが、冷蔵庫で冷やして食べるのもおすすめです

ラッピングアイデア4選

おやつをたくさん作ったら、おいしさを誰かとシェアしたくなります。もうすぐバレンタインデーなので、ちょっとおめかししてプレゼントするのも良いですね。

ビンに詰める


100円ショップで購入できるビンやジャムの空きビンが大活躍。リボンで結んだり、お花をつけても◎。


クッキングペーパーを適度な大きさにカットし、キャンデイー包みに。娘と娘のお友だちにはこのラッピングが一番好評でした。


100円ショップのプラカップに詰めて。


リボンで結んだり、お気に入りのマスキングテープでとめるとワンポイントになります。ドライフラワーやスパイスを飾っても◎。


透明の平袋に入れて、ピラミッド形になるように口をとめて。こちらもリボンやお花を添えると華やぎます。

食べ物を贈るのは、おいしいものをあなたに、と思う気持ちから

その思いを支えるラッピングに自分らしさをプラスするとなお、温かい贈り物になる気がします。

何度も作りたくなるにはワケがある


ここ何年もの間、秋冬に必ず作りたくなって、何度も作っているブラウニー。コンビニやカフェでも手軽に買うことができるのに、何度も何度も作りたくなるには理由があります。

1.裏切らないおいしさがある
2.思い立ったときにすぐ、簡単に作れる
3.家族や友人が喜んでくれる

理由は他にもありますが、上記が上位トップ3です。

「おいしく、簡単に作ることができる」というのはお菓子作りだけではなく、料理をする上でもとても重要な条件です(特に料理は毎日のことなので、なおさらですよね)。

今回のブラウニーのレシピは、基本は混ぜて焼くだけなのでとっても簡単!でも、市販品に負けないおいしさをちゃんと感じることができます。添加物も入らないので安心です。

おまけに、作ると家族や友人が喜んでくれます。いいこと尽くし!作る時間も、一緒に食べる人との時間も、とても愛おしく楽しい時間です。

おいしい!と感じるものを少しずつ

私は、量はたくさんいらないけれど、ちゃんとおいしいスイーツを家族で食べたいです。

よく目にする「砂糖控えめ、バター控えめ」のものは、「おいしいな」と素直に感じられず、結局満足感を得られないまま食べ過ぎてしまったり。

少しのスイーツでも満足感があればちゃんと終わりを迎えることができます。「ちゃんとおいしいもの」を家族や友人と味わう時間を大事にしたいです。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
ぷっちょさん
プラチナライター

専門分野である『食』に関する記事、生活の中に植物を取り入れた心豊かな暮らしのご提案に関する記事をお届けします。皆さまの小さな幸せ配達人になれますように!

ぷっちょさんの記事一覧 v-right