/ 2020.09.18

知育おもちゃと言ってもさまざまな種類がありますが、集中できて長く使えるものを親としては選んであげたいもの。知育おもちゃに関心のある家庭で「ピタゴラスWORLD」を通して遊びが発展する様子をレポートします。ピタゴラスのプレゼントも!

index目次

遊びながら学べる知育おもちゃ

遊びの展開を重視!

3歳1カ月男の子ゆうまくんママの場合
おもちゃを選ぶときには「ひとつの遊び方だけではなく、考えながらいくつもの遊び方が展開できるもの、またなるべく大きくなっても遊べるもの」であるかどうかを重視しています。息子は乗り物が大好きなのでピタゴラスWORLDのクレーンビルディングがわが家にやってきたときは大喜び!

クレーンビルディングがうちに来てからというもの、毎日集中して遊んでいます。毎回違う形を作って遊んでいて、「あら今日はそんな風に作ったの〜!カッコいい〜!」と声をかけることが増えました。いつも違うものを作るので、こちらも見ていて面白いです。

知育おもちゃの中でも子どもの食いつき方が違う

実は以前からこのような磁石のついたおもちゃを持っていたのですが、クレーンビルディングはクレーン車、消防車など大好きな車を作ることができるパーツがあるので、その中で息子なりに自由に発想していろいろなのものを作っています。

シンプルなブロックで作るのも面白いのですが、より本物に近い方が楽しいのか、クレーンビルディングで遊び始めてからごっこ遊びに熱が入るようになりました。

工事現場に見立てて遊ぶことが多く「工事中です、後ろに下がってください」、「工事現場なので踏まないで(入らないで)ください」とマグネットで立入禁止エリアを作って遊んでいます。子どもならではのやわらかな発想で、自然と遊びが広がっています。もう少し大きくなったら同封してある「あそび・まなびブック」に載っている作品を見ながら作るなど、また違う遊び方が楽しめそうだなと思っています。

+αで欲しくなる!時計に興味をもつきっかけにも

カラフルなものが大好き!

3歳11カ月女の子のママ・ひらりささんの場合
わが家の子どもたちは上が3歳11カ月の娘、下が1歳6カ月の息子と二人ともまだ小さいので、おもちゃを選ぶ際は見た目から入ることが多いです。「なにこれ楽しそう~」「かわいい~」など目を引くポイントがひとつでもあれば子どもたちの食いつきがいいです。

また、まだまだ一人で遊ぶのは難しいので必然的に親も一緒に遊ぶことになります。なので親としても「これは面白そう!」と思うものを選んでいます。娘は特にカラフルなものに弱いので、「とけいハウス」が届いてからは大喜び!

ピンクやパープルがお気に入り

中にはパステルカラーやキラキラした透明パーツが入っており、娘は「かわいい~」と喜んでいます。3歳になった頃からピンクやパープルのものが好きになってきたので、まさに好みのおもちゃだったようです。

「かいだんパーツ」が入っていて、おうちを作るのに「ここから上って~、ここから降りるんだよ」と家の作りを説明してくれました。うちの子はまだ時計は読めないのですが、「とけいパーツ」を使うことで興味を示してくれたかも!? まだまだこの先も遊びながら学ぶことができそうだなと感じました。

遊び方を通して成長を感じられるように

最初にピタゴラスを知ったのは、娘の通っている保育園でした。先生から「集中して遊んでいましたよ~」という話を聞いて、実際にピタゴラスを見せてもらうと、磁石でくっついたり離れたりする様子が面白く、形もさまざま、色もきれいなものが多く驚きました。

組み合わせも自由自在で創造的な遊びが広がりそうだなと感じました。また、保育園で小さいお友達から大きいお友達まで遊んでいる姿が印象に残っています。これなら長く遊ぶことができそうだなと思い、娘が2歳のときにピタゴラスBASICシリーズのひらめきプレートを購入しました。

ひらめきプレートと組み合わせて遊んでみたところこんな大作が!

購入時は2歳だった娘ももう4歳に。年齢によって遊び方が変わってきたように感じます。購入したての2歳の頃は立体を作るというよりも、磁石をひたすら並べて平面のものを作って遊んでいることが多く、同じ形を並べたり色をそろえたりして楽しんでいる感じでした。

下の息子(1歳6カ月)もちょうどお姉ちゃんのときと同じようにひたすら並べて遊んでいます

3歳頃から立体的なものを作るようになり、少しずつ意味のあるものを作るようになってきました。立方体をおうちに見立てたり、三角を組み合わせてアイスクリームのようなものを作ったり。そして今では大きなおうちや二階建てのおうちを作ってみたり、四角を組み合わせてハート型を作ったりして自由に遊んでいます。

年齢によって作るものが変わってくるので、ピタゴラスを通して子どもの成長を感じることができるんだなぁと思います。とけいハウスと合わせて、この先どのようなものを作り出してくれるか、とっても楽しみです。

また、1歳半の息子も磁石をくっついたり離したりする感触が面白いのか何度も触っては並べて遊んでいました。1歳半からのピタゴラスもあるということで、ピタゴラスは幅広く子どもの心をつかむおもちゃなのだと感じました。

1歳半からのピタゴラスはこちら
磁石でピタッの感触×大好きなどうぶつで子どもが喜ぶ知育あそび

ピタゴラスWORLDで遊びを発展させよう

3歳からの「ピタゴラスWORLD」には“つくりたい!”気持ちを刺激する工夫がいっぱい!クレーンビルディングには、重さやバランスを考えて遊べる「クレーンパーツ」、とけいハウスには、時間を学ぶことができる「とけいパーツ」などユニークなパーツが入っており、遊びが自然と広がります。

「ピタゴラスWORLD重さ・バランスを考えるクレーンビルディング」メーカー希望小売価格6000円(税別)
「ピタゴラスWORLD 時間・色彩を考えるとけいハウス」メーカー希望小売価格6000円(税別)

「ピタゴラス」シリーズの詳細はコチラから

「ピタゴラス」シリーズの購入はコチラから
[amazon.co.jp]

「ピタゴラス」シリーズの購入はコチラから
[トイザらス オンラインストア]

合計6人に「ピタゴラスWORLD」をプレゼント

この記事を読んでくれた人の中から抽選でピタゴラスWORLDの「クレーンビルディング」と「とけいハウス」をそれぞれ3人にプレゼント!ぜひ応募してね。

プレゼント内容

  • ピタゴラスWORLD クレーンビルディング…3人に
  • ピタゴラスWORLD とけいハウス…3人に

【present】この記事を読んだ感想を教えて!
「ピタゴラスWORLD」を合計6人に

応募締切:2020年8月31日(月)
PR: ピープル