今回紹介する「ヨーグルトブランマンジェ」は、さっぱり爽やかなひんやりデザート。暑い夏にピッタリな、火を使わずに作れる簡単レシピです。甘さ控えめなので、お好みでフルーツソースをかけてお召し上がりください!

ブランマンジェとはフランス語で“白い食べ物”という意味。アーモンドを牛乳で煮出して砂糖を加え、ゼラチンやコーンスターチで冷やし固めた、パンナコッタのようなババロアのような、くちどけの良い冷たいデザートです。

生クリームを加えて濃厚にしたり、洋酒を加えるものもありますが、今回はシンプルで子どもと一緒に食べられるレシピを考案しました。アーモンドを使わず、甘さを控えめにした「ヨーグルトブランマンジェ」は、大人にも好評!お酒を飲んだ後のさっぱりデザートとしてもおすすめですよ。

工程も簡単で火を使わずに作れるので、子どもと一緒に作るのも良いと思います。わが家ではまもなく2歳の娘に、おやつ作りのときだけ「レンジのボタンを押す」という任務を与えています。とても喜び、もっとやりたがります。これも「一緒に作る」という食育かな、と思っています。

ヨーグルトブランマンジェ

材料

  • ヨーグルト…300g
  • 牛乳…100㏄
  • グラニュー糖…60g
  • ゼラチン…3g
  • お湯…30㏄

作り方

  1. ゼラチンにお湯を注ぎ、よく混ぜて溶かす
  2. 耐熱容器に牛乳とグラニュー糖を入れてラップをせず600Wで2分加熱する
  3. ボウルにヨーグルトを入れ、1.2を加えて手早く混ぜる
  4. 型に注ぎ冷蔵庫で冷やし固める*ゼラチンは20℃以下で固まるので、手早く混ぜましょう
    *冷やし固まるのに約2時間を目安にしてください
  5. お好みでフルーツソース、ミントを添える

ソースはかけなくてもOKですが、今回はブルーベリーといちごのソースを用意しました。作り方はとても簡単!

フルーツソースの作り方

  1. フルーツの重量の1/3~1/2の分量の砂糖をかけ、しばらく置く
  2. フルーツから水分が出てきたらレモン汁を少し加えざっと混ぜ、ラップをせずに電子レンジ500Wで30秒~40秒かけて完成

ブルーベリーは水分があまり出ないので、急いでいるときは5分くらい置いた状態で良しとしています。レモン汁はなくてもOK。

とろみがもっと欲しい、という場合は様子を見ながら加熱時間を増やしてくださいね。この作り方だとフルーツの粒感が残り、1回分のフルーツソースが簡単にできて便利です。

もっと手軽に…という場合は、市販のジャムを水でのばすのも良い方法です。大人用は白ワインでのばすのもアリですよ!どちらもお好みの甘さととろみ具合にしてくださいね。

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
田村佳奈子さん

フードスタイリスト、フードコーディネーター、フードアナリスト Web、雑誌、ドラマなどのレシピ開発やスタイリング、フードコーディネーターとして活動中。

田村佳奈子さんの記事一覧 v-right