子どもの野菜嫌いや野菜不足にお悩みの方におすすめ!デザート感覚で野菜が食べられるパピコの「パピベジ」と「フローズンヨーグルト風シェーク」のレシピを紹介します。夏バテや風邪で食欲がないとき、ダイエット中のおやつにもピッタリですよ!

子どもの好き嫌いが激しい

子どもはやっぱり野菜が嫌い?きょうだいで好みが分かれる


子育て経験があるママなら一度は経験するお悩み「子どもの好き嫌い(偏食)」

わが家には小学6年生から1歳半の子どもが6人いますが、外食以外の家族の食卓は同じ献立にしているにも関わらず、子どもたちの「好き嫌い」が別れます。

なるべく食卓にはさまざまな食材を出すように心がけていますが、家族(子ども)が「好き・嫌い」と明確に分かれるのは「野菜」です。

嫌いな野菜があると「食べられない量だったら盛り付けるときに減らしてもらう」「苦手な食品は少量だけがんばろう」と声掛けをし、自分の分は完食してもらえるように作戦は立てています。しかし、最後までお皿の端っこに残っていたり、完食までに時間がかかったり、結局残して食べないこともしばしば。

コンビニでグリーンスムージーを買って子どもたちに飲ませたこともありましたが、野菜の味が濃いせいか反応はイマイチ。野菜ジュースの方が飲んでくれますが、子どもが好きな味の野菜ジュースは甘く糖質が多いので、気になっていました。

何とか手軽に野菜を摂取することは出来ないでしょうか。

野菜が苦手な子どもにおすすめ!フローズン系スイーツ

片手で食べやすい!スムージーのアイス「パピベジ」

そんなときに見つけたのがグリコの「パピベジ」。人気商品「パピコ」をフローズンスムージーにしたデザート感覚のアイスです。

45ml×2本入り 92円(当社調べ)

フレーバーは全部で

  • りんご&にんじん
  • キウイ&グリーン
  • トマト&オレンジ(2020年8月24日販売)

の3種類。
パピベジ1袋(2本)で23種類以上の野菜が※62gも摂取出来ます。この量は20歳以上の成人が「1日に不足する野菜の分量」だそうです。

※「1日不足分」に関する情報(算出方法、出典)
1日不足分=(1)摂取目標量-(2)平均摂取量

(1)厚生労働省「健康日本21」より (2)平成29年国民健康・栄養調査より

出典:グリコ パピベジHPより

さっそく野菜が嫌いなわが家の4歳と1歳半の子どもに実食してもらいました。サイズは通常の2個入りパピコより一回り小さいマルチパックサイズなので、小さい子どもが1回に食べる量としてもピッタリです。

鉄板の組み合わせ!クセがないフルーティな「りんご&にんじん」フレーバー

にんじん・イエローキャロット・紫にんじんと3種類もにんじんが入っています。味は見ため通り濃厚で、りんごのフルーツ感が強く、「野菜が入っているの?」というぐらい食べやすかったです。

甘さも控えめで後味もスッキリ。子どもも「アイスだ!」と喜んであっという間に完食していました。

もう一本食べる!というほど気に入ってました

濃い緑がきれいな「キウイ&グリーン」フレーバー

野菜を細かく砕いた口当たりをイメージしていましたが、キウイのつぶつぶ感や舌に残るシビれ、緑の野菜特有のえぐみもまったくなく、口当たりも滑らか。

味はフルーティー感より、野菜の自然なおいしさを感じる、グリーンスムージーに飲み慣れている方でも満足する濃度。野菜が嫌いで市販のスムージーは受けつけなかった1歳半の子も、アイスだとペロリと完食していました。


混ぜて冷やすだけ!簡単ヘルシーな野菜ジュースを使った冷たいおやつ

豆乳でヘルシー!フローズンヨーグルト風シェークの作り方

材料 2人分
プレーンヨーグルト
200g
お好きな豆乳(今回はいちご味)
100cc
はちみつ(または砂糖)
大さじ1
野菜ジュース
50〜100cc

作り方
所要時間約120分
STEP1
材料をよく混ぜて密封出来るビニール袋に入れます。はちみつ(砂糖)はお好みで増減してください


STEP2
冷凍庫に1時間入れて液体が少し固まったら、手で揉みほぐします


STEP3
更に1時間ほど凍らせたらフローズンヨーグルト風シェークの完成です

完全に固まる前に揉むのがポイント。放置したままだと、カチカチに凍ってしまいます
STEP4
溶けやすいのでグラスに注いだら早めにお召し上がりください


フローズンヨーグルト風シェークはさっぱりしていて、家族の忙しいときの朝ごはんにもぴったり!


野菜を冷たいスイーツにすると、子どもが食べやすい!ダイエット中のおやつにも◎


冷たくサッパリとした口当たりが食べやすいだけでなく、野菜のえぐみや渋い風味が感じられないので、パピベジやフローズンヨーグルト風シェークは、野菜嫌いな子どものおやつや小腹を満たす補助食品としておすすめです。

また、夏バテや食欲が落ちている風邪のときなどにも手軽に食べられます。シャッキリしたいときやデザートにも満足度高めですね。

野菜をメインにしたヘルシースイーツなので、ダイエット中の間食や夜のおやつに食べても罪悪感が少ないですよ!

おいしく手軽に野菜が摂取できる冷たいスイーツ。野菜嫌いなお子さんに試してみてはいかがでしょうか?

アイスだと自ら食べてくれるうえ、ヘルシーなので安心です!

グリコ パピベジ サイト

この記事を書いたライター

ライター一覧 arrow-right
meguさん

大学事務員とグラフィックデザイナーの掛け持ちをしている4男2女の6児ワーママ。趣味はネイルとフラワーゼリー。子連れでも大規模な展示会や旅行へ行くアクティブ派。フラワーゼリー認定講師としても活動中。

meguさんの記事一覧 v-right